kosodate.ch

ハロウィン

10月31日はハロウィンでしたね。
さて、ハロウィンの起源とはなんだろう?googleってみました。

むか~し、「日本のお盆のようなもんでしょ?」と誰かに説明を受けた記憶があるのですが、昔のケルト人の宗教行事だったそうですね。(HIJより)

さて、このハロウィン、ケルト人のお祭りだったわりには、イギリスはもとより、ヨーロッパでもイマイチ浸透してませんね。どっちかっていうと、アメリカさんのお祭りって感じ。
私がイギリスに留学していた10年以上前の話だけど、その頃はハロウィンって何?って聞かれたくらいですから。

スイスもそんな感じ。ただ、ここ数年はお祭り騒ぎがしたいティーンエイジャーや、20代の若者達のかっこうのパーティー理由になりつつあって、お店でもハロウィングッズが売られるようになりましたけど、それもここ最近の話だそうです。

で、当然アメリカ在住のブロガーさん達が書かれてるように、

「我が子を○○に仮装させて・・」

なんて楽しい行事はこちらにはありえません。ま、やろうと思えばやれるかもしれないけど・・。

その代わり、

「TRICK or TREAT!」

と、家のドアを叩かれることもないかな・・・・なんて思ってました。

が、

いたんですよ。スイスにも奇特なファミリー。

夕方6時くらいですかね、父ちゃんまだ帰ってきてなくて、もうそろそろ帰ってくるかな・・なんて夕飯の支度してたんですけど、普段あんまり鳴ることのない玄関のブザーが鳴るので、

「?」

と思いながらも、父ちゃん鍵忘れたか?なんてあっさりあけると、そこには

妖精の格好をした子供2人と、スクリームの面をかぶった大人、そして素顔のお母さん(これが一番怖かったりして・・爆)。そして、

「○×☆△▼~」

と、おそらく「trick or treat!」のドイツ語版だと思われることを言いました。(聞き取れなかった)

そんな訪問者があるとは予想してなかったので、気のきいたお菓子も用意してませんでしたが、とりあえず家にあったチョコレートとクラッカーを2人の子供にあげて、「ハッピーハロウィン!」なんてやってしまいましたよ。

実は、私ハロウィン初体験。
しかし、一応知識としては知っていたので、お菓子を用意してあげましたが、ちょうどその時帰ってきたうちの父ちゃん、スクリームの面を見て固まってました。

で、私がお菓子あげて~と父ちゃんに渡すと、さらに、

「え?なんで?」

とフリーズしました。知らなかったらしい。父ちゃんひとりで家にいたところにやってきたりすると、彼女達はお菓子をもらえないまま訪問を終えることになったのでしょう、きっと。

それぐらい、一般のスイス人には馴染みのないハロウィンです。

話変わって、今日はセレブな絵画教室でしたよ。
ついこの前、これに関する記事をアップして、世界各地のお母様方からGYMBOREEについてのコメントいただいたばっかり・・だと思ったんですが、早いね、1週間。
e0012482_562531.jpg

e0012482_572345.jpg


で、ここでもやっぱりアメリカの会社。ハロウィンネタでしたわ。まさか2歳児クラスでランタン作るわけにはいかないから、顔を切り抜いた紙皿にオレンジのペイントで色を塗ったり、くもの巣作ってみたり、と今日も楽しそうでしたよ。
[PR]



by meiz-bik | 2005-11-01 05:08 | 育児

ゆるゆると・・・日々あれこれ。
by meiz-bik
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧