kosodate.ch

日曜日の過ごし方・我が家の場合

昨日はすっかりカレンダー対決のネタで長くなってしまったんですけど、一応、ここ育児ブログなんで・・・。

花ネタ。

昨日、義理両親が来たときに結局3時間ほど居座った、遊んでたんですけどね、なんと驚いたことに、花さん、

全編ドイツ語。

今までだったら義理両親がやってきても最初の30分くらいは恥ずかしがって固まってる人だったんですけど、昨日はご機嫌だったのか、最初から飛ばしてました。
で、

義理両親のところに色々自分のおもちゃを持っていっては、

「これ、花の。」

とか、

「見てみて、花が作ったの」

とか、

「ここ来て座って~」

とか・・・・全てドイツ語で会話してました。

で、ちゃんと私に話しかけるときは日本語に切り替えてた。

ど~なってるの?子供の脳ミソってぇ~っ!

我が家は母ちゃんと父ちゃんが日本語・英語・ドイツ語のちゃんぽん会話。花には父ちゃんがドイツ語、母ちゃんが日本語とわけて会話をしてるんだけれども、それでも花が母ちゃんや父ちゃんと話しをするときはドイツ語の文章の中に日本語の単語が混じったり、その逆があったり・・とどうにもちゃんぽんな感じがしてました。

でも、昨日の義理両親とのやりとりを見て、

「あ・・・保育園ではこんな感じで過ごしてるんですね・・」

と今さらながらに我が子のドイツ語能力を低く見積もっていたことを後悔。ますます母ちゃんのなんちゃってドイツ語、怪しくなってきました。

バイリンガル教育でよく言われてるのが、父母の両方の言語をマスターするにはやはりきちんと使い分けを進めるように・・・ということです。つまり、父ちゃんも母ちゃんもそれぞれ、ドイツ語、日本語でしか話しかけない、答えない。ということ。

今まで「そうしなきゃ・・」とチラっと思わないでもなかったけれど、どうしても普段使ってるちゃんぽん言葉が先にでてきてしまって、母ちゃんの中でもルールは曖昧だった。
でも、そんな状況の中でもきちんと使い分けのできる花が少し逞しく見えた。
ラッキーだよね、母ちゃんってばこんなに苦労してドイツ語単語覚えてるってのに・・。

そんな驚きのあった日曜日午後。

午前中はKindercityで行われてる、「チョコレート工場」に行ってきましたよ。(父ちゃんが)
e0012482_2304382.jpg

これは、施設内のキッチンでチョコレート作りの体験ができるというもの。大きい子どもはひとりで参加、3歳以下の小さい子どもは親同伴で参加できるコース。
父ちゃんが花を午前中に連れていってくれました。
母ちゃん一家、ここの年間パス持ってるからね、この体験コースに5回まで無料で参加できるんだ。

最近、母ちゃんが料理しててもやたらに手伝いたがる花さん、案の定、
e0012482_2312488.jpg

はまった・・・。

帰ってきたら出来上がったチョコを嬉しそうに、

「見てみて~。花が作ったよ~」

と見せてくれました。

母ちゃんもいく気満々だったんですけどね、同伴は1人までってことで、家でお留守番しておりました。久しぶりにゆっくり読書など・・・。
[PR]



by meiz-bik | 2006-01-23 23:06 | 育児

ゆるゆると・・・日々あれこれ。
by meiz-bik
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧