kosodate.ch

バイリンガル

ショ~ネマキ。

えっと、これ花ボキャでディズニー映画の美女と野獣に出てくるベルのこと。

ディズニープリンセスっていえば、白雪姫とシンデレラと眠りの森のオーロラ姫とこのベルがだいたいキャラクターグッズにもばぁ~んっと書いてあるんだけど、いつの頃からか、このベルのことは

ショーネマキと。

「美女と野獣」をドイツ語で言うと、「Die shoene und Das Biest」(ディ・ショーネ ウント
ダス・ビースト)で、おそらく「ショーネマキ」の「ショーネ」はこの最初の「美女」というドイツ語から来てるとは想像できるんだけど、「マキ」はどこから?
空耳アワーか?
3歳児といえども、いまだに空耳アワー得意だからね。

昨日は、うちの父ちゃんが2週間に1回ほど通ってる某日本人鍼灸医。まぁ、チューリッヒ在住の方なら有名なんで名前出しますけど、これ、ヤギさんね。
で、こちらのヤギさんの診療所に行くと、スイスで年4回ほど発行される情報誌「グリュエッツィ」がタダでいただけます。他にも配布場所はいろいろあるんだけれど、母ちゃん的には一番便利なんでいつも父ちゃんにお願いしてます。

で、昨日自転車の後ろに花を乗せて散歩してるときに、前を走る父ちゃんに向かって、

「あっ!そうだ。明日ヤギさんとこ行ったらグリュエッツィ持ってきてな~」

と叫んでおりました。
母ちゃんの自転車後部に座る花さん、

「ヤギさんとこにフルヒト(Frucht=果物)持っていくの?」

ま、こんな空耳軽くあり。
間違ってないけどな。ヤギさんとこに果物持っていっても。

だいぶ言葉はしっかりしてきたとはいえ、3歳児あたりにありがちな
「くれる」「あげる」はいまだに未完全マスター。

「お父さんに○○してくれたの~」は「○○をお父さんにしてもらった」の意で。

いつごろから正しく使えるんでしょうね?こういうのって?

花さん、生後1歳前から保育園に週2日通っていて、まあ、割と普通にバイリンガルへの道を苦もなく歩んでおります。今では父ちゃんには完全ドイツ語で会話が成り立ってますから。
で、大体幼稚園に行くようになったら今まで日本語優勢だった言葉の面にドイツ語の逆襲が始まり、ドイツ語が有利になってくる・・・という話をよく聞いていたのです。
あ~幼稚園入るまであと約2年あるし、まだ大丈夫ね~なんて思っていたのです。母ちゃん。

が、

ここへ来て、ど~も花さんのドイツ語がぐんっと伸びてきて、ちょっとした言葉なんかにドイツ語の方がよく出てくるようになったりして、焦る母ちゃんです。
それでもまぁ、一瞬母ちゃんにドイツ語で話かけても、「あっ、しまった」みたいな顔をして日本語に言い直すあたりまだ大丈夫か?なんて思いますが、どんどん母ちゃんの知らない単語もぶっちゃけ出てきてマジ焦ります。すでに「え?なんて?」と父ちゃんに訳を求める回数増えてきてますから。

バイリンガル教育って実はとても難しいんだろうな・・・と思う今日この頃。
そろそろ真剣に考えてあげないといけない時期にきているようです。

・・・・って、その前に母ちゃんのドイツ語なんとかならんかな~?ってまだ言ってる。
[PR]



by meiz-bik | 2006-10-17 03:44 | 育児

ゆるゆると・・・日々あれこれ。
by meiz-bik
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧