kosodate.ch

感動したこと

最近、3歳の花さんを見ていてですね、

「あぁ、この子ってば『上手い』な・・・」

と思うことしばしばで。

女性の読者の方ならお分かりいただけるかもしれませんが、いわゆる「女の武器」ですね。

涙、上目遣い、高い甘え声

あたりが3種の神器でしょうか?

我が家では一応、一家の長としてですね父ちゃんをたてております。(多分。汗)

例えば父ちゃんがダメって言ったことはどうやったってダメみたいなルールをいつの間にか作りました。

夜寝る前にテレビが見たいと母ちゃんに言ってきても、母ちゃんはスイッチ入れるのがめんどくさいので決定権を父ちゃんに委ね、

「お父さんに聞いてみ」

と言います。そこで花さん、父ちゃんに聞きにいくんです。

「ねぇ~パピぃ~♥、テレビ見てもいい?」
e0012482_4572167.jpg

みたいに。もちろん、上目遣いで。母ちゃんのときよりちょいとハイトーンな甘い声で。

そ~ゆ~のを見ると、「あぁ、上手いな。この子」と思うんで。

誰が教えるわけでもないのに、しっかりと女子としての生きる道を確立していっている姿に頼もしくもあり、恐ろしくもあり・・・(笑)

・・・どえらい女になりそうですな。

そんな花さんですが、ここ半年くらいですかね。そろそろ社会的ルールも必要なお年頃ってんで、言葉でのコミュニケーションがかなり確実になってきた3歳前からいわゆる「シツケ」みたいなことも始まってます。
シツケっていってもそんなたいそうなもんでもなく、まぁ、これから先長い人生、「知っておいたら得なんじゃないの?」みたいな感じで、普通に。

例えば、ご飯の前には手を洗って、ちゃんと椅子に座って「いただきます」とか。食べた後は「ごちそうさま」(これはずいぶん前からやってますけどね)。自分の食べた食器はキッチンに戻すってのは新しい家に引越ししてから始まりました。
自分の部屋は自分でちゃんと片付けて、自分のおもちゃもちゃんと使ったら元に戻すとか。人に何か貰ったら「ありがとう」とか。人に会ったら「こんにちは」とか(これは人見知りっ子なんでまだまだ訓練必要だけど)。夜寝る前にはちゃんと「おやすみなさい」とか。

まぁ、シツケというよりも家庭内ルールみたいな。

育児に関して立派な理想や思想を持っているわけでもない母ちゃんが教えてあげられる最低限のことをやっていってもらいたいと。
で、少しでも母ちゃんが楽したい楽しく育児できたらと(笑)

そんな感じで半年くらい過ごしてるんですけど、ここ最近で感動したこと。

先日お友達みんなで一緒にランチを食べてるときに、花さんの分、母ちゃんも「ちょいと多いかな?」と思いながらよそったんですよね。で、案の定途中で「もうお腹いっぱい」となって。残すの想定内だったんで、「じゃ、もうご馳走様していいよ」と言ったら、ご馳走さまを言ったあと、椅子を降りる前に、

「ごめんな~おかあさん。いっぱい残して~」

って言ったんです。久しぶりに「母ちゃんやっててよかった」みたいな気分になったね(笑)

なんか、上手くいえないけれど今まで日々彼女に伝えてきてたメッセージを理解してくれてたんだ・・と思うとその場は軽く流したけれどかなり感動でウルウルしました。

その後も、シャワーをしていた花さん。父ちゃんが浴室に入ってきて「これからクロの散歩に出かけるから。お休み」って言いにきて、そしたら花さん、

「あぁ、ごめんねお父さん。『おやすみ』って言いにいくの忘れてたね」

なんて言ってて。(しかもドイツ語で・・・汗)

そんな花さん、「ごめんな~いっぱい残して・・・」と言ってくれるのはいいけど、毎回だとあんまり感動しなくなるもんなんだよ(笑)。
明日はいっぱい食べようね。
[PR]



by meiz-bik | 2007-02-12 04:59 | 育児

ゆるゆると・・・日々あれこれ。
by meiz-bik
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧