kosodate.ch

花さんのラ行

母ちゃんのぎっくり腰、土曜日にかなりお姫様待遇で(掃除も洗濯も父ちゃんにやってもらった)安静にして、疲れたらベッドで横になるという日を過ごしたら、本日日曜日、結構普通に動けるようにはなりました。

昨日は職場の送別会でトルコ料理食べに行く予定だったんだけど、無理して今週の仕事に差し支えてもならん・・・と思い泣く泣くその予定もキャンセル。トルコ料理、食べたかったな・・・と思いながら父ちゃんが作ってくれた若干柔らかめ(父ちゃんは「アルデンテ」という言葉を知らん。笑)のスパゲティを家族と一緒に食べました。

さて、最近の花さん。

花ボキャでドイツ語がかなり優勢になっていることはここでも何度か書きましたが、まぁ、それでも今のところは危ういながらも同じ文章をドイツ語と日本語両方で言えるというバランスを保ちながら、言葉を習得していっている様子です。

で、ここへきて母ちゃんが気になるもの。

生粋の日本人には練習してもなかなか習得できない「R」の発音。

さすが花さん、あっさり習得。

その代わり、日本語でもその「R」の発音が反映されてます。

「クはコを食べたお腹痛くなよね~」

みたいな文章。ラ行の音がかなり・・・・・巻き舌(笑)

えっと、ちょっとガラの悪い関西人が、

「なめとんのか~わりゃ~」(なめてるのですか?あなたは?)

みたいな感じで、「わりゃ~」(「ワレ」訳・「お前」)と巻き舌した感じで突っ込むみたいなラ行が花さんから聞けます。

本人は意識せずにやってるみたいですが、その発音は外人がローマ字表記の日本語を読むみたいで(笑)

ちなみに、父ちゃんもラ行は巻き舌になるのかな?と思いやってもらうと、かなり意識して巻き舌にしないように発音され実験失敗(笑)

そんな外人発音の花さんですが、最近日本から「ひらがな練習帳」「数字練習帳」みたいな本を送ってもらったので、数字の練習を始めました。

集中力が長く続かないせいもあるのですが、わりと花さん何事においても自分ができないと思ったら、

「これ難しいわ」

と言って諦める傾向があります。数字の練習もすぐに、

「これ、もうちょっと大きいお姉ちゃんになってから」

とか言って諦めようとしました。

練習嫌いの母ちゃんの血をしっかり受け継いでいるようです(爆)
でも、笑ってもいられないので、ここはしっかり

「難しいよね。お母さんもいっぱい練習して書けるようになったから・・」

と、再び共感キャンペーン。
字や数字が読めたり書けたりすると楽しいんだよ・・と話して聞かせ、なんとか、なんちゃってながらも自宅学習を始めました。

昨日は自分の年齢の3を一生懸命練習してました。
文字を書くようになると、これまた面白いものが見られますね。

その話はまた別の機会に。

よい1日をお過ごしください。
e0012482_1601439.jpg

[PR]



by meiz-bik | 2007-03-11 16:00 | 育児

ゆるゆると・・・日々あれこれ。
by meiz-bik
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧