kosodate.ch

自転車に初めて乗れた日

お天気いい日が続いております、スイス、ここチューリッヒ近郊。

すっかり人々の装いは夏モードで。

そんな暖かい日なのに、風邪っぴき母ちゃん。おうちで引きこもり中です。
家から5分のスーパー行くのにも躊躇している次第でございます。

いやね、風邪かと思ってるんですけど、熱は出ないんですよ。
その代わり、鼻がむずむずかゆくて、目もなんかショボショボして・・・・

・・・・って花粉症?

父ちゃんは花粉症仲間を増やしたくて、

「そりゃ、花粉症だよ。きっと。うん」

なんて断言しておりますが、あの辛さを思うと「違う、絶対風邪!あぁ、熱出てきたよ」などと自分をごまかしてみてるんですけど・・・・イヤな感じですね。

さて、そんな母ちゃん。
3歳児抱えてるとね、病気だろうがなんだろうが寝込むわけにもいきませんしね、毎日の課題、

「いかに自分の体力を温存して子どもの体力を奪うか?」(笑)

をこなすわけですよ。
今日はまぁ、この前買ってもらったばかりの自転車の練習を家の前で。

花さんが乗る自転車を後ろから支えるとなると母ちゃん中腰にならなきゃいかんので、ぶっちゃけ、これ、イヤですよ。体力温存どころか、ビリーなみのエクササイズですしね。

やだな~とか思いながらも花さんやる気マンマンなんで、いちお、つきあうことにしましたよ。

最初のこぎ出しのところ、フラフラするんで肩持って支えてあげて、両足をペダルに置いて、こぎ出して10メートルほど行ったところで試しに手離したんです。
花さんは必死なんで、母ちゃんが手離したのに気づいてなかったんです。

そのまま黙って「は~い、頑張ってこいで~」なんて掛け声かけながら横を歩いてついていってたんですけど、母ちゃんが手を離した後も自分でバランス取りながら普通に自転車乗ってましたよ

止まったときにも母ちゃんが手離してたのにも気づいてなかったみたいだったんで、

「今、母ちゃん手離してたんだよ。花、自分でひとりで自転車乗ったのよ」

と教えてあげると、

「え?」

って驚いた様子でしたが、その後はもう最初だけちょっと支えてあげるとすぐにこいで行けるようになって、しばらくしたらハンドルさばきもお手のものになって、お昼ご飯の休憩を挟んで午後の犬の散歩にはもう自転車乗っていけるようになりました。
本人も余裕がでてきたのか、鼻歌歌いながら運転してます。

・・・・ひゃぁ~大したもんだねぇ・・・。

花さん、2歳半ごろから足で蹴って進む自転車(Like a bike)を使って自転車の練習してました。まぁ、これは自転車の練習っていうよりも、これまた毎日の課題、

「いかに早くぐずぐず言われずにクロの散歩をこなすか?」(笑)

ってとこから始まったんですけどね。歩くとあっちで立ち止まり、こっちで石拾い・・ってやって時間はかかるのにちっとも歩行距離が伸びない散歩で。
かといって、三輪車は犬の散歩コース(たんぼのあぜ道ですな)には適さない乗り物で。

そこでやってきたのが、足蹴り自転車。

最初の頃こそ、すぐ「疲れた」とか言うて散歩コース半分で自転車投げ出すような感じでしたが、そのうちすぐに慣れてスピードも出るんで長い散歩コースも躊躇なく行けるようになったんです。

そんな理由で始めた足蹴り自転車でしたが、最近別のお母さんから、

「アレ乗ってるとすぐに普通の自転車も補助輪ナシで乗れるようになるわよ~」

って噂を聞いたんです。ホントかなぁ?なんて思ってたんですけど、そんで水曜日の午後の初トライでは「まっさかねぇ・・」なんて疑ってたんですけど、

・・・・実証されましたな。

マジメに練習初めて5分で乗れるようになるとは・・・すごいね。

本日午後、父ちゃんが帰ってきたら驚かせてあげようと思います。

花さんもできることがまたひとつ増えて、ずいぶんと得意顔。
e0012482_2313292.jpg

[PR]



by meiz-bik | 2007-04-13 23:17 | 育児

ゆるゆると・・・日々あれこれ。
by meiz-bik
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧