kosodate.ch

カテゴリ:オーストラリア旅行( 15 )




気温差30度!

22日、月曜日の午前1時にシンガポールから飛行機のって、同じく22日、スイス時間午前7時にスイスに戻ってきた母ちゃん一家。

地上に降り立ち一言、

「さむっ!」

午前7時の気温、1度。
ちなみに、日曜日のシンガポールの気温、32度。

30度以上の気温差を体感いたしました。

花さん、どっちかっていうと露出狂なんで、ノースリとか大好きなんですよ。素足にサンダルとかも好きでね、シンガポールで毎日そんな格好してたんで、ついついクセになっちゃってね、飛行機降りるときも着替えるの拒否してたんですけど、この寒さではさすがに黙って上着きてくれました(笑)

さて、長かった約1ヶ月の休暇も終了。最後のほうではさすがに家のベッドが恋しくなったりしましたが、旅行から帰ってきても忙しいのは主婦の定め。洗濯物と格闘しております。

ちなみに、父ちゃんは一旦家に戻ってシャワー浴びてから出社。
1年分の有休使っちゃったしね、4週間も仕事休んでたらそりゃ仕事も溜まりますしね、早速月曜日のミーティング参加要請とかあったんで、出社いたしました。
ちなみに、朝空港ついたときに、出社する同僚の何人かと顔合わせちゃったんで、病欠するわけにもいかず・・・(笑)

でも、ぶっちゃけ働いてるほうが時差ぼけせんでいいかもね・・・なんて母ちゃんは花さんとお昼寝しながら余裕で体調整えることにします。

旅行の最後はストップオーバーでシンガポールに立ち寄りました。
シンガポールは母ちゃんもう何度も行ってて、父ちゃんも2回目だし、なんせ暑すぎて観光・・ってわけにもいかず、結局毎日、ショッピングセンター巡りとあとは食べることくらいで。あ、それとシンガポールといえば、足裏マッサージね。こればっかりやってました。

到着した日はそのままシンガポーリアンの庶民の食堂、ホーカーセンターへ。
そこで、適当に注文した食べ物をローカルに混じっていただきました。
魚とかね、クレイポット(土鍋)ライスとか、野菜炒めとか。
このなんともいえない香辛料の匂いとか、母ちゃん結構好きなんですよ。どんな状態でお皿とか洗ってんのかは見えないフリしてね。
グラスとかもあんまり深い突っ込みしちゃダメですね(笑)
e0012482_22225140.jpg

e0012482_22231964.jpg

e0012482_22254164.jpg

母ちゃんの目じりのシワは見なかったことにしてね。
今回5年ぶりのシンガポールでしたが、5年前と比べてもさらなる開発が進んでいてびっくり。新しいショッピングセンターもボコボコできていて、古いガイドブックとか役にたちません。

6日間のシンガポール滞在なんで、ホテルをね途中で変わったんですよ。前半はオーチャードロード周辺のホテル、後半はマリーナ周辺で。
どこに行っても隣にショッピングセンターはあるわ、どっかの地下に降りればフードコートはあるわ、レストラン街に行けばたいていのものは食べられるわ・・ってんで、不自由なし。
どこにもマッサージはあるし(笑)
e0012482_22202180.jpg

中国系の親友の家族に夕飯を招待されました。
シーフード料理を扱うレストランが集まる建物の一角に、水槽がたくさん並んでいます。そこから好きな魚や貝や蟹などを選んでレストランでその場で調理してもらって食べるんです。
e0012482_22205971.jpg

母ちゃんと花は魚選びに参加しましたが、父ちゃんはドン引きで(笑)
e0012482_22213687.jpg

e0012482_2222192.jpg

e0012482_22222435.jpg

出てきたお料理はこれまた貝類や蟹なんかの父ちゃんドン引きで(笑)

その他、夜は早めに花を寝かしつけて後を父ちゃんに任せて、久しぶりに会った親友と夜遊び。シンガポーリアンの若者に人気の夜のスポットなんかに連れていってもらいました。

こぎれいなバーで出されるカクテルやワインを飲むシンガポールの若者たちを見ていると、一瞬東京におるのかと思いました。
e0012482_22272384.jpg

e0012482_22284079.jpg

今回暑すぎて、花もいるから観光らしい観光はほとんどしませんでしたが、唯一、しばらく工事中で見られなかったマーライオンだけは見にいきましたよ。
e0012482_22291625.jpg

e0012482_22302735.jpg

大きなビルに囲まれるようにして残っているチャイナタウン。
お土産モノやさんも多くて、ど~でもいいものばっかり売ってるんですが、ついつい見てしまう母ちゃんたち(笑)

飲茶もしてきました。オーストラリアでメガネを落とした父ちゃんのためにシンガポールで新しいメガネ作ったんです。じゃないと、夜でもサングラスな男なんで。見えないんだって。
そのメガネを作った近くで飲茶。ワゴンから好きなものを取っていただくスタイル。
このシンガポーリアンの友達に鍛えられて飲茶のメニューだけはなんかよく知ってる母ちゃん。
花さんも飲茶初体験。
e0012482_2233175.jpg

久しぶりに訪れたシンガポールは人の多さと暑さと、その国の発展ぶりに驚かされましたが、また友達と久しぶりにあってほんの数回ですが、彼女と毎日会っているような感覚で夜にお茶を飲みにいったり、夜食を食べにいったり、普通のことですがそんな時間が持ててとても楽しかったです。

さて、長かった休暇も終了。冬になりつつあるスイスからまた更新していきたいと思います。
最後はおまけ、シンガポールで見つけたおもしろ漢字。
e0012482_22194512.jpg

藤原とうふ店(自家用)な車も頑張っているようで・・・(笑)
[PR]



by meiz-bik | 2007-10-22 22:34 | オーストラリア旅行

シンガポールより・・・

母ちゃん一家、現在シンガポール滞在中
ただ、ホテルのワイヤレス状況がいまいちなため、マメな更新できません。
月曜日に戻るんで、スイスに戻ってからシンガポールの滞在の様子をお知らせしたいと思います。

とりあえず、元気です(笑)

コメントくださってる皆さんもありがとうございます。お返事も戻ってからさせていただきますね。
[PR]



by meiz-bik | 2007-10-19 18:26 | オーストラリア旅行

オーストラリア最終日

長いと思っていた母ちゃん一家のホリデー。
オーストラリア部分もいよいよ最終日で。あと1週間ほどしたら寒いとうわさされるスイスに戻ります。

オーストラリアは最後、アデレードから出発なんでこの日もスイスの3年分くらいの紫外線を浴びておこうと、アデレード市内からトラムで20分ほどのGlenelgという海沿いの町に出かけてきました。
e0012482_211522100.jpg

ちょうど今日は朝から雲ひとつない晴天で、天気予報でも25度とか言われてたんで、気の早いビーチガールたちや親子連れでトラムはいっぱい。

母ちゃんたち、さすがに泳ぐには寒いだろうよ・・・(だって、今までジャケット着てたんですよ。暖房入れてたんですよ)と思って、ビーチに行くにも何にも用意してませんでしたが、到着してあっという間に花さん水のとりこ。

最初のほうでこそ、砂場でちょろちょろやってましたが、周りの子供がどんどん水に入っていくのを見てとどまってるわけないですね。
e0012482_21155214.jpg

e0012482_21162342.jpg

・・・はい、ビーチタオルと着替えの洋服お買い上げ・・・余計な出費が・・・(笑)

母ちゃんが着替えを買いに走ってる間、下着姿で水の中入っていって遊んでたらしいです。
e0012482_2117268.jpg

それでも、花さんにとっては初めての海遊び。
波が寄せては引いていく姿や、海の水の塩辛さ、砂浜の感触・・・初めての経験、楽しかったかな?

楽しい水遊びの後は、ランチを食べてデザートのアイスクリーム。
e0012482_2117382.jpg

大きなアイスを母ちゃんと半分こ。

そんな楽しい時間を過ごして、ホテルに戻ってきましたが・・・・父ちゃんのメガネがよっぽどオーストラリアをお気に召したみたいで、不法滞在を決め込んだみたいなんですね。・・・・はい、どっかに忘れました。サングラスをかけてたんで手にもってたメガネをどっかに忘れたみたいです。

アデレード在住の方でもし発見された場合、ご一報ください・・(笑)


そして、さようなら、オーストラリア。花や父ちゃんにとってはいろんな初体験が詰まった、そして母ちゃんにとっては友達やその家族たちと過ごした楽しい時間たち、とっても貴重な旅でした。
紹介しきれてないお写真もいっぱいあるので、また近いうちに整理してご紹介したいと思います。
e0012482_2118329.jpg

それでは、オーストラリアからの発信、これにて終了~。続きはシンガポールでね(笑)
[PR]



by meiz-bik | 2007-10-15 21:18 | オーストラリア旅行

アデレード観光

現在、アデレード時間午前7時・・・・ものすっごい晴天なんですが、母ちゃんの日ごろの行いがよろしいようで・・・(笑)

あ~焼けそう・・・外出するのに日焼け止め対策は必須ですね。

さて、長いと思っていたオーストラリア旅行も残すところあとこのアデレード1泊のみで、明日にはシンガポール移動。シンガポールでも友達と久しぶりに会って数日過ごし、そしてスイスに戻る予定の母ちゃん一家。

あれですね、結婚以来初めて24時間父ちゃんと一緒の生活をこんな長くしましたが、ぶっちゃけ、「もうええかな・・・」みたいな(笑)

いや、それはそれで楽しいんですが、まあね、普段適当にお互い仕事して離れてるからうまくいく・・・ってのも実際あったりしてね、ふふふ。
でも、まぁそんな状態で1回しか喧嘩してないんで、母ちゃんにしては驚きの記録(笑)

そんな思いを抱えつつ、アデレードの町を観光。
今回、シドニー、メルボルン、そしてこのアデレードと3都市を巡ってきましたが、それぞれの町で異なった印象を受けました。普通、同じ国にある大きな町って似たり寄ったりな感じがするんですが、この3都市に限って言うと、やっぱり違うな~って。
どっかのガイドブックでアデレードは「もっともヨーロピアンな感じのする町」って書かれていたんですが、うん、そんな記述にも頷ける、広い道幅に大きな街路樹、緑を多くとった公園や町を流れるトレンス川沿いの散歩道などはなんだかとっても懐かしい感じです。

e0012482_6484220.jpg

e0012482_649779.jpg

e0012482_6493780.jpg

e0012482_650564.jpg

e0012482_6502955.jpg

e0012482_6511327.jpg

e0012482_6513770.jpg

アデレードで有名なチョコレート屋さん。いくつか買うと小さなチョコレートをおまけしてくれました。
e0012482_6515952.jpg

e0012482_6532877.jpg

あと1日、今日もアデレードの町を見学です~。
[PR]



by meiz-bik | 2007-10-15 06:53 | オーストラリア旅行

アデレード到着

母ちゃんたちの無謀な無計画オーストラリア・レンタカーの旅も1週間。
日曜日にメルボルンを出発してから、観光地を巡りながらの移動の日々。
毎日、外食なんでやっぱり胃も疲れてきたみたいで、風邪も薬でなんとかごまかしてるって感じなんで、昨日の夜なんかは夜ご飯食べにレストラン入っても、すんません、「本日のスープのみでお願いします」って感じで。
客単価低い客でホンマ、すんません。でも、お野菜のスープ、疲れた胃にやさしかったよ、おばちゃん♪(笑)

で、まぁ、疲れてる胃は慣れないオージー料理のせいか、日々飲んだくれてるせいかは定かではないのですが、バロッサバレー続き。

朝のね、10時や10時半くらいからワイナリーによって異なりますが、テイスティングができるんですよ。

朝ごはんのコーヒー飲んだすぐ後にワイン飲むんですよ、母ちゃん(笑)

ワイン好きだけれども、詳しい知識とかはほとんどない母ちゃん、結局無難な有名どころしか行きませんでしたが、この日も朝からBethanyで数種類のテイスティング。思ったほど、好きな味でもなかったんで、お買い上げにはいたりませんでしたが、ここはこじんまりとしたワイナリーだけれどもお庭がとてもきれいでした。
e0012482_21335249.jpg

その後、Peter Lehmannへ。
数々の賞を受賞しているLehmannワインはスイスでも手に入りますが、ここセラーのみでの販売というのもいくつか用意されてるのでこれまた限定モノに弱い母ちゃん、お買い上げ。あぁ、スーツケースがだんだん重くなる~(笑)
e0012482_2134256.jpg

e0012482_21345046.jpg

ここで気に入ったワインをグラス1杯から販売してるのでその場でいただくこともでき、プラッター(チーズやハム数種類とパンやクラッカーのおつまみ皿)を用意してもらって軽い昼食。2人分で25ドルでしたが、結構な量あったんで我が家3人の軽めの昼食としてはばっちりでした。グラスワインも種類によりますが、4.5ドルからです。

本気でもう1軒行こうかと思ったのですが、もうこれ以上ワイン買っても持って帰れないのでバロッサバレー体験はここで終了。
まぁ、朝からそんなに飲めないって話もありますが・・・。

で、アデレードに向かう途中に寄ったのはワインテイスティングに付き合ってくれた花さんへのお礼かたがた(笑)、

Gorge Wildlife Park

前日の夜にネットでアデレード情報収集してて発見したの。コアラの抱っこができるんだって。
コアラの抱っこに関してはオーストラリア、州によっては禁止になったりしてるところもあるんですよね。最近の情報は全然知りませんが・・。

オーストラリアで何回か動物を見にいったものの、コアラとのショットがないじゃないのさっ!ってんで、探したんですけど、たいていコアラを抱っこさせてくれる動物園ってのは入園料がアホほど高かったり、コアラとの写真撮るのにいくらかまた払わなくちゃいけなかったりするんですが、ここ、穴場ですわよ、奥様。

入園料が大人12ドル。子供6ドル。
コアラ抱っこは1日3回、11時半、1時半、3時半(夏場の気温が高いときは11時半の1回のみらしいですが)、別料金なしでできます。土曜日やっちゅうのに、人も少なめで並んでてもすぐ写真の順番きました(笑)
e0012482_21352195.jpg

お目汚しですが、母ちゃん登場・・・あごのラインは見なかったことにしてください。

あと、園内ではワラビーやカンガルーがそれこそゴロゴロいまして、入場ゲートのとこで売ってるピーナッツやらビスケットやらあげてもいいんです。

花さん、初めてワラビーと触れ合う(笑)
e0012482_2136215.jpg

e0012482_2137633.jpg


そして、春ですね。この2匹のカンガルー、母ちゃんたちが園についたときも追いかけっこしてて、帰るときもまだやってて、メスカンガルーのほうはまだ赤ちゃんがおったんで、その気に全然なってなかったのかと思われますが、もう男子がしつこい(笑)男子よ、あきらめも肝心だぞ。
e0012482_21373729.jpg

e0012482_2138357.jpg

e0012482_21383422.jpg

そんな動物園体験。
こっからアデレードの町までは30分ほどで。
全然予備知識とかなかったんですが、ホテルのそばがレストラン街になってて、ホテルのすぐそばに焼き鳥屋さん、1ブロックほど歩くとさらにもう1軒日本食レストラン・・・ってんで、やっぱり和食が食べたくなり、本日の晩御飯、和食でございました。家族3人、お腹いっぱい食べて8000円ほど・・・スイス物価じゃありえませんな、これ。
[PR]



by meiz-bik | 2007-10-13 21:38 | オーストラリア旅行

オーストラリアワインを求めて・・・

ポートランドの町はぶっちゃけ「しまった・・」という感じが最後まで否めませんでしたが、それでもいくつかの見所は制覇して、次はオーストラリアワインを求めての旅です。

ポートランドからアデレードまで、直接行くと600キロってところでしょうか。1日中ドライブもな~なんて考えながら地図を眺めてたら、ふっと思いついたんです。

Coonawarraにご一泊。
ここは有名なオーストラリアワイン生産地のひとつで、町全体いたるところにワイナリーがあり、ほとんどのワイナリーでテイスティングができます。ここに泊まると決めてポートランドを後にした母ちゃん一家。

ポートランドから最初の休憩地はMt.Gambier
ここはすでに南オーストラリア州で、今までいたヴィクトリア州と30分の時差があります。時計もしっかり戻して。
この町から切り出される材木は有名らしく、確かに道を走ってても材木を積んだ大きなトラックがよく走ってて、町も材木で潤っておりますな~ってな感じの田舎町なのにチェーン店のスーパーが何軒も立ってて、不思議な町でした。ちなみに、インフォメーションセンターでも惜しげもなくお金のかかっただろうパンフレットとか地図とかバンバンくれます(笑)
e0012482_21184436.jpg

e0012482_21191192.jpg

ここで、ブルーレイクと呼ばれる確かにすっごい青い水をたたえた湖を見学。
この水はこの町の人々の飲料水にもなるらしく、湖面に向かうにはツアー参加が条件です。母ちゃんたちはここを眺めるだけにして、次は車ですぐ隣にある火山のクレーター跡にできた湖、バレーレイクも見学。車が走っている場所は火山のクレーターという面白い経験。
e0012482_21193836.jpg

すぐ隣にある湖のくせに、こちらは水も青いわけでもなく、普通に湖で(笑)

で、この湖横にある広場で・・・・・
e0012482_21201016.jpg

また公園(爆)

オーストラリア、こういう広場ではピクニックエリアがあって、公共のバーベキュー施設も整っているところもあるので、地元の人たちはこういうところを利用して家族でお昼ご飯なんかを食べてるんでしょうね。

公園は適当に繰り上げて、次に向かうはいよいよ、Coonawarra~♪

ワイナリーのテイスティングはたいてい5時くらいには閉まってしまうんで、遅くとも3時半くらいまでには到着したい・・(笑)

ここでまず初めに向かうは母ちゃん大好きなJamiesons Run を生産しているワイナリー。
e0012482_21204184.jpg

もちろんテイスティング。はい、メルボルンの友達のJoanneのために1杯、スイスのuko嬢のために1杯、東京のY子嬢のためにも1杯・・・・と飲んでおきましたぞ(笑)

限定モノに弱い母ちゃん、色々テイスティングさせてもらったけれども結局、産地限定といわれる1本をお買い上げ。

あと、いくつかワイナリーを回りましたが、メルローのスパークリングを出してたとても面白いワイナリーがあったのでそこで1本お買い上げ。

ところがですね、母ちゃんこの日「のどが痛いな・・」なんて思っていたら、やっぱり風邪だったみたいで、せっかくワインの産地に泊まったちゅうのに、テイスティングのみで薬飲んで早々にベッドに引き上げたんでした。

・・・薬のおかげで翌朝はすっきり。
いよいよ今日は長いドライブで一気にアデレード近くまで行くつもりです。

アデレードの近くにもワイン好きなら外せない場所、ありますね。
バロッサバレー。

ここにはランチに到着するのだ・・・・と決意して朝7時半にCoonawarraを出発。
5時間ほどのドライブでバロッサバレーに到着しました。
e0012482_21211422.jpg

バロッサバレーといえば、Jacob's Creek
ここのインフォメーションセンターに向かいます。
このインフォメーションセンターではテイスティングができる他、レストランもあります。レストランのスタッフは気持ち悪いほど(笑)愛想いいです。

お腹を空かせてレストランにまずは向かったものの、30分ほど待ち時間があったのでやっぱり先にテイスティング。空きっ腹にはこたえましたが、それでもやっぱり美味しかったです。
ちなみに、テイスティングのコーナー横には子供の遊び道具も用意されていて、子連れでも安心して(笑)テイスティングができます。
e0012482_21215229.jpg

レストランではそれぞれのメニューにお勧めのワインが併記されてて、ほとんどのワインをグラスでもいただけます。
ちなみに、オーストラリア州によって法律が微妙に違うのですが、飲酒運転には厳しい国なので、ランチでは父ちゃんとグラスを1杯ずつです。

お料理はチョイスがいまいちだったかなぁ・・・あんまりお腹空きすぎてたんで最後はもうどうでもよくなって、ピザを頼んでみましたが、かぼちゃがのってたんです。珍しいといえば珍しいんですが、どうでしょ?みたいな。
前菜で頼んだえびは美味しかったです。タイ風の味付けで。
e0012482_21222247.jpg

e0012482_21273684.jpg

父ちゃんは相変わらず、ラブ・カンガルーで(笑)
e0012482_21231659.jpg

これもちょいと焼きすぎ。

ご飯を食べた後は、この写真が撮りたかったのよ・・・の撮影大会。
e0012482_21235167.jpg

ホテルはここから程近いTanundaの町で。

町の中にいくつかの絶景ポイントがあります。
今は丘が紫色に変わっていて、なんの花だろ?こんな花なんですが、(植物にうとい母ちゃんが知るはずもなく・・)
e0012482_21241990.jpg

これが一面に咲き乱れてて、スイスでも他のオーストラリア地域でも春の季節は黄色の絨毯を見ることはあったのですが、紫はラベンダー畑以外初めて。
e0012482_21245055.jpg

とっても癒される風景と美味しいワイン♪
明日はまたまたワイナリーを訪問後、いよいよアデレードの町に入ります~。
e0012482_21293143.jpg

[PR]



by meiz-bik | 2007-10-12 21:25 | オーストラリア旅行

Port Cambell ~ Portlandまで

グレートオーシャンロードをひたすら走って(あ、途中「えっ?」ってなオフロードも体験しましたが・・・汗)ポートキャンベルまでやってきた母ちゃん一家、このあとは海岸沿いの町に立ち寄りながらのんびり進んでいく予定だけはたててて。
最終的にアデレードから飛行機乗るんで、出発の日までにはアデレード到着してたらいっか・・・みたいな気持ちで。

で、そんな母ちゃんたちがやってきたのはWarrnamboolという町。
久しぶりに町らしい町を見たという感じのしたところですが、ここもビーチの美しい海沿いの町。

このあたりの海、昔はよくイギリスあたりからやってきた船が激しい波に襲われて沈没したりしたらしく、今でもその沈没船は海の中に沈んでいるそうで。
そんな歴史があるからか、オーストラリアにやってきた白人たちの古い生活やその当時の建物を保存して公開しているFlagstaff Hillという施設に行ってみました。
e0012482_6222163.jpg

ここはボランティアで定年後のおじいちゃん、おばあちゃんが当時の服装をしてうろうろしていたり、詳しいお話を聞けたりします。
古い建物たちもオーストラリア各地から保存のために集めたもの。

今では飛行機でひとっ飛びな海外旅行も当時は船でかなりの危険を伴って行われるものだったんですね・・・。

Warrnamboolを後にして一気にむかったのはPortland。

グレートオーシャンロードもすでに終わっていて、ぶっちゃけ、「観光客いらっしゃ~い」だけどあんまり見所なくてすんません・・・みたいな町。

ここで2泊もすることに決めた母ちゃんたち、実際、失敗した・・・みたいな(笑)

それでも気を取り直して町の観光に行ってみました。
e0012482_6231369.jpg

古いトラムを町の中に走らせて、1周1時間ちょいほどのトラム観光。町の歴史や現在の町の様子などをこれまたボランティアのおばあちゃんが説明してくれます。

結構大きな町なのですが、この町の中のキャンプ場入り口に野生のコアラがいてびっくりしました。普通~に住宅街の中のユーカリの木の上で寝てて。

トラム観光が終わったあとは、特にやることもなかったので花さん連れてビーチ沿いの公園へ。オーストラリア、いたるところに公園があって子連れに優しいです。
今日のランチはここでピクニック。
e0012482_624915.jpg

e0012482_6245022.jpg


町の中心から30分ほど車を走らせたところにある岬の先にはアシカのコロニーがあって、ここまでボートで見学に行くこともできるそうなんで、母ちゃんたちも予約してみたんですが、当日はあいにくのお天気で海もかな~り荒れて、泣く泣くキャンセル。次回はぜひ!みたいな。

そしてこのアシカのコロニーのまだ先、火山活動で黒岩と交じり合った岬。海からの風も強すぎて背の低い植物しか育たないような土地。ここは海中からの塩分やミネラルの混じった水と砂が時間をかけて固まって、木のように立っているところで有名です。
e0012482_6253794.jpg


実際そこを歩いてみると、行ったことないけど月の上を歩いてるかのような錯覚に陥りそうな不思議な場所でした。
e0012482_6295994.jpg

月並みですが、改めて自然のすごさに感動です。

そしてそこの駐車場ほど近くで野生のカンガルーに遭遇!
e0012482_6303389.jpg

オーストラリア人でも野生のカンガルーに狂喜するんですね(笑)みんなで撮影大会。
e0012482_6312868.jpg

そしてこの岬でサンセットを見たあと、夕飯はテイクアウェイのピザでホテルに戻ったのでした・・・相変わらずの午後9時就寝。健康的でございます(笑)
[PR]



by meiz-bik | 2007-10-11 06:31 | オーストラリア旅行

Great Ocean Road ~Apollo Bay から Port Cambell~

意外にホテル暮らしのほうがサクサク更新できちゃったりするんですね。なんせ、花さん8時半には寝ちゃいますから、その後同じ部屋でテレビつけるわけにもいかず、本読むかネットするしかなくて、その本だって持ってきた文庫本はほぼ読みつくして、シドニーでMinkさんにお会いしたときにいただいた本を大事に大事にかな~りゆっくり読んでるんですけどね、旅の終わりまで持ちそうにないんです・・・(笑)

さて、Great Ocean Roadをメルボルンから進んできた母ちゃん一家。
2日目はアポロベイからポートキャンベルまでの行程をご紹介。

朝起きたときからこの日は怪しいお天気で。青空も見えてるんですけど、途中に雨雲があって強い風に吹かれてその雨雲がやってくるとざぁ~ってな感じ。降ったりやんだりのヘンなお天気で。

そんな中やってきたのはCape Otway
岬に立つ灯台が有名なこの場所。オーストラリアでもこの南の海岸線は船がたくさん入港してきたらしく、古い灯台を保存して公開していました。
e0012482_2047316.jpg

青い海と灯台の白のコントラストがなんともいえないんですが、この日は風も強くて大変でした。途中雨が降ってきたので早々に引き上げ、次に向かったのは・・・・

Otway国立公園内にあるTree Top Walk
海岸沿いから少し内陸部に入ったところにある国立公園ですが、少し場所が変わるだけで気候も変わるみたいで、ここの国立公園のあたりは年間降水量も多く、シダやコケがうっそうとしげる雨林。この森の中を地上40メートルの高さに建てられたタワーの上から見下ろします。
e0012482_20473620.jpg

e0012482_20493768.jpg

さしずめ、オーストラリアの「縄文杉」ならぬ、「縄文ユーカリ」か?(笑)

e0012482_20481033.jpg

e0012482_2049084.jpg

なかなか小さい子と一緒だと長く歩くコースは観光日程に組み込みにくいのですが、ここだと往復1時間くらい。森のマイナスイオンに癒されました。

その後も車を進めて、ポートキャンベル手前、オーシャンロードの最大の観光地、「12人の使徒」が立つ場所へ。
12個の岩が海の中からそびえて立っていて、それを見るだけで自然の営みに感動しそうな場所です。母ちゃんずいぶん前に来たこともありましたが、そのときはまだ12個。残念ながら2年ほど前に岩のひとつが崩壊して、現在は11個の岩を見ることができます。

ここの写真は父ちゃんの写真のほうがいいのでまた後日アップ。

この場所で母ちゃん一家この旅最大の散財(笑)
8分間のフライトで3人約3万円というヘリコプター観光。

空の上からオーシャンロードの海岸線を望みました。
e0012482_20502991.jpg

e0012482_2051963.jpg

ヘリコプター、もちろん花さんも初トライ。始終緊張した顔でしたが、終わった後は楽しそうな笑顔が、ほら。
e0012482_20514380.jpg

そんな感じで2日目観光終了。
ホテルも決めないまま出発した旅行なんで早めにホテル探してチェックイン。なんとかホテルも確保できてゆったりした夜を過ごしたのでした。
e0012482_20521671.jpg

[PR]



by meiz-bik | 2007-10-09 20:55 | オーストラリア旅行

Apollo Bay(2)

オーストラリアなんていう環境におってもですね、4歳児の花さん、基本的にはいつもどこでもやること一緒で。
スーパー入ったら「ガム買って~」、公園みたら「ブランコする~」って感じで過ごしておりますが、これがまたオーストラリア家族連れに優しいんだ。
ビーチ沿いには公園がいたるところにあって、公園見つけては「ちょっとだけ・・・」と毎回無理やり(笑)ストップさせられております、母ちゃん一家@オーストラリア。

そんないつでもどこでもやること一緒の花さんがオーストラリアで身につけた英語の歌、

「WOMBAT STEW」(動画)

これ、そういう絵本があるんですよね。オーストラリアの動物たちがてんこ盛りの絵本。その中で、ディンゴがウォンバットを捕まえてシチューを作ろうってんで、はしゃいで歌う歌なんですけど、語呂がいいからか、常に歌っております。ええ、車の中でも延々と・・・(泣)

さて、オーシャンロード1泊目のApollo bay。
e0012482_65443.jpg

e0012482_65261.jpg

大きな町ではありませんが、目の前は海で。
メルボルンから車でまっすぐ行けば2時間もあれば到着じゃないですかね。母ちゃんたちは途中色々寄ったんでもう到着は夕方でしたが。

アポロベイで夕食とるために入ったレストラン。
父ちゃんはカンガルーフィレ、スイートポテトのマッシュ添え、
e0012482_655218.jpg

母ちゃんはイエローテイル(はまちみたいなもん?知ってる人訂正おねがい)のグリルに蒸し野菜が添えられたものをいただきました。
e0012482_661297.jpg

あんまり期待してなくて、意外においしかったときってラッキー♪って思います。
子供用メニューのパスタも手を抜かずちゃんとアルデンテになってて驚いた(笑)
e0012482_610030.jpg

ただ、母ちゃんたち「オーストラリアンサイズかなぁ・・・」なんてスターター頼まずにメインのみの食事だったんですけど、これがちょいとお上品なサイズで、お腹すいてる人は前菜頼むのをお勧めいたします。(笑)最初、花さんと半分こしようと思ってたけれど、よかった、花さんようにパスタ頼んで・・・って感じでした。

そんなApollo Bayの夜・・・・ホテルの部屋では花さん寝たら母ちゃんたちも寝るしかなく・・・午後9時半ご就寝~(笑)
e0012482_671018.jpg

[PR]



by meiz-bik | 2007-10-09 06:00 | オーストラリア旅行

Apollo Bay

Great Ocean Road最初の宿泊地はApollo Bay
にわか雨が途中降ったりやんだりのお天気でしたが、そのおかげで父ちゃんの会心ショット

e0012482_2005655.jpg

[PR]



by meiz-bik | 2007-10-07 20:01 | オーストラリア旅行

ゆるゆると・・・日々あれこれ。
by meiz-bik
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧