kosodate.ch

<   2005年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧




犬は喜び庭駆け回り、母ちゃん、またまた鬼嫁発言

昨日、約3週間の休暇からこの人も戻ってきました。
e0012482_21283049.jpg

我が家の愛犬・クロ(オス・11月23日で3歳になりました)です。

母ちゃんが日本に旅立ってから2,3日後から昨日まで、父ちゃん実家で預かってもらってました。鬼嫁発言するわりには、こういうとこちゃっかり父ちゃん実家を使ってるあたり、私は真の鬼嫁なのか?

実は、月曜日に帰ってきてうちの玄関をあけるなり、花が

「クロはぁ~?」

と聞くほどだったんです。何気に仲良しの我が家の兄と妹。
昨日もクロが帰ってくるなり、クロの尻尾掴んで離しませんでしたから・・(こらこら・・)

そしてクロが戻ってくると始まる我が家の散歩生活。

母ちゃんは里帰りで増えてしまった体重をなんとかするためにせっせと歩くし、クロも父ちゃん実家で甘やかされてついてしまった脂肪を落とすために走る、走る。

ええ、人間にとっても犬にとっても健康的でございましょ?

そんなクロは雪景色に大興奮。まさに、「い~ぬはよろこび、にわかけまわる~♪」です。
そんな躍動感あふれる写真をどうぞ。
e0012482_21291662.jpg

e0012482_21295790.jpg

e0012482_21303768.jpg

e0012482_21311763.jpg

e0012482_21315752.jpg

私は花の歩調にあわせてのんびり歩いてしまったので、ダイエット効果はあまり期待できませんな。
e0012482_21323863.jpg

e0012482_21332145.jpg

花は「日本の方が安いだろう」と某大型スポーツ用品店で里帰り中に購入したスキーウェアとスノーブーツが大活躍。あぁ、ここだけでも冬支度間に合ってた、よかった。

そうそう、昨日クロを連れて帰ってきてくれた父ちゃん両親、私に誕生日プレゼントをくれたんですよね。

トリュフチョコレート1箱。(20個入り)

・・・・・・・

あ、まぁ、あれですね。何にもないよりいいですよね。ホント、嬉しいですわ。

でもね、チョコレートを渡した後に、

「あ、ちょっと待ってね。まだあるのよ・・」

と言いながらごそごそとカバンの底をさぐる義理母。

そして出てきたのは、彼女の財布。

・・・・・・・

知ってますよ、何くれるか。だって、父ちゃんの誕生日のときもそうだったもんね。

20フラン。

・・・・・・・

日本円にして1700円程でしょうか。

私、今年33歳(あ、言っちゃった)なんです。2000円弱もらったところで何を買えと?

あ、まぁ、あれですね。金額じゃないですしね、ええ、嬉しいですよ。

でもさ~、いっちゃっていいかな?鬼嫁発言?

な~んで、財布から直出しなのぉ?
カードもないんですのよ。このっ、どんなしょうもないプレゼントにもカードをつけて渡すのがほとんど礼儀といっていい国でっ!

義理でも「お誕生日おめでとう」とか書けんのかっ!

まぁ、あれですね、誕生日カードにしても安くても4フランくらいしますからね、まぁ、もったいないといえばそうですわね。百歩譲りましょう。

じゃぁ、せめて封筒に入れて渡すとか?できるんじゃないのぉ~?

さらにですね~、20フラン札を直で受け取った私の横で、さらに義理母、

「花にもね、プレゼントがあるのよ~」

と、渡したものは、

アドヴェンツカレンダー。

12月の1日からクリスマスまでの間、毎日1つずつ窓をめくっていく子供用のカレンダーがあるんです。最近はカレンダーだけでなく、窓を開けるとそこにチョコレートが入ってたり、グミのお菓子が入ってたりするものも多く売られてます。

そのアドヴェンツカレンダー、しかも、某大手スーパーマーケット、ミ○ロで売られていたかと思われる、壁にぶら下げるタイプで、布製。サンタのポケットに日付けが書いてて、そこにお菓子が入ってるもの。

これ、軽く20フランは超えるんでしょうよ、きっと。

どうなの?これ?納得いきます?皆様?こんなことを思う私の根性が腐ってるのかしら?

話は変わって、そんな両親に育てられたうちの父ちゃん、日本滞在中に知り合いのおばちゃんが花に・・とくれたおもちゃの中にあったものにえらく熱中しておりました。

こんな感じで。
e0012482_21352596.jpg


遊んでいたのは、これ。
e0012482_21363310.jpg

2つのボタンを使って、水にういてる輪を真ん中の2本のポールに入れていくゲーム(・・って言ってもいいのか?)なんですけどね、確かに、皆さん昔1度は遊んだ記憶があるでしょう。これ、なんか始めると夢中になってしまいますわよ。今でも飽きずに思い出したようにやってる父ちゃん。

30歳超えた人間に20フランなんて相場の両親だったし、子供時代にこんなおもちゃ買ってもらえなかったのかしら?

なんて、ふと思う今日この頃。母ちゃん、20フランは10フラン足して花のオムツ買ってしまいました。
[PR]



by meiz-bik | 2005-11-30 21:37 | 家族

花ボキャ

あぁ、寒い、寒い。

・・・って思ったらうちのセントラルヒーティング、全てオフになってました。

そういえば、前回里帰りしたのが3月上旬から1ヶ月。帰ってくるころには暖房いらんやろ・・と思って、出かける前に全て切っていったんですよね。
スイッチいれてても、1とか2くらいの強さで充分暖かいので、それほど寒さを感じるわけではないけれど、なんか微妙に寒かったの、ゆうべ。

秋の日本から急に雪景色のスイスに帰ってきたので、なんとなくタイムワープした感じで冬支度、追いついてない我が家です。


スイスに戻ってきて、昼間に花と2人きりでいると何気に彼女と会話が成り立ってるのに気づいた。色んなこと、口に出して言えるようになってるんだよね。ちょっと前まで、母ちゃんの言ってることをオウムみたいにマネしてただけなんだけど、自発的に発話してる感じ。

帰ってきたら向かいの家がクリスマスのイルミネーションを庭の木にしてた。それを見て、

「わぁ~ピカピカしてる。キレイね~。すごいね~」

それに対して母ちゃんが、

「そうやね~。もうすぐクリスマスやからね。サンタクロースさんがやってきて、いい子にはプレゼントくれるのよ」

と教えると。

「クリマス? サンタクルス?」

とちょっと舌たらずな感じで新しいボキャに反応。

「ほら、しまじろうのビデオでもやってたでしょ?赤い服きた白いヒゲのおじさん」

って教えてあげると、色んなことがつながった感じで、

「あぁ~」

と。

今までの経験と自分のボキャを照らし合わせて一生懸命文章を作り、色々口にだしてお話してくるようになりました。

夕べも時差ぼけのせいか、夜中の1時ごろにぱっちり目が覚めてたのですが、その時に同じように眠れなかった父ちゃんと2人でなにやらお話してました。

花・「これ、クロのベット?」(寝室に犬の寝床が置いてあるのを指して)
父・「そう。これはクロのベットだね」
花・「クロはどこ?omi(ドイツ語でおばあちゃんの意味)のとこ?」
父・「うん。明日帰ってくるよ。おかえり~言わなきゃいけないね」
花・「おかえり~。ただいま~言うね」
花・「また、明日クロと遊ぶね」
父・「そう。何して遊ぶの?」
花・「う~んと、遊ぶとこ(公園)行って、それから~、たぶん~シュー(滑り台のこと)するの」
父・「クロもシューするの?」
花・「うん。」

・・・と、何気に会話が続いてるのが可笑しかった。あ、これ全て日本語で書いてますけど、父ちゃんはドイツ語で話してました。花はドイツ語と日本語ちゃんぽんだったな。

そんな花さんに今使えるホットな言葉は、

「また明日」

例えば、その辺でもう切り上げてほしいときとか、片付け始めてほしいとき、これ、大人の都合ですけどね、そういうときに、

「また明日ね」

というと聞き分けよく渡してくれたりするようになりました。今日もお昼ご飯のときにスパゲティを作ろうと思ってたのですが、棚から花が「これ!」と取り出したのはペンネでして、それではなく、スパゲティを持っていってほしい母ちゃんは、

「あぁ、それはまた明日ね」

といいました。すると、

「明日?」

といいながらペンネを返してくれたんですよね。しめたっ!使える!

その代わり、ウソついてもいけませんからね、ちゃんとまた明日できることにしか使えませんけど。

明日っていう時間のコンセプトを理解したのでしょうか?よくは知らないけど、ねんねするとどうやら明日になるらしい・・というのはなんとなく理解してるみたいです。

あと、正確にマネできないのもおもしろかわいい。
今、母ちゃんが一番好きなのが、

Humpty Dumpty (ハンプティ ダンプティ)

これ、ある絵本にのってて、「ハンプティ ダンプティやね~」

と教えてあげると、

「ダンピ ダンピティ」

と言うようになった。どうしても、ハンプティの部分がいえないらしい。何度言わせてみても、

「ダンピ ダンピティ」

これはこれで、結構かわいい。
[PR]



by meiz-bik | 2005-11-29 22:10 | 育児

なんか、すっごい寒いんですけど・・スイス

約3週間の里帰りも終了。本日、スイスに戻って参りました。
えっらい寒いんですけど。
空港を降りて私達を迎えてくれたのは・・・

雪。

「チューリッヒも雪が降ったよぉ~」

なんて、噂には聞いてたけれども、まさか雪化粧した我が家に会えるとは・・・日中15度とか言ってた日本の気候から戻ってくるとこれがなんとも辛かったりして。

さてさて、帰りの飛行機ですね。すでにご存知の方もいらっしゃると思いますけど、私達、子連れでなんとスタンバイチケット♪

空席ないと乗れませんよ~のチケットなんですね。父ちゃんの仕事の関係で社割がきくのでね、こんなチケットにしてみました。

日本に戻るときは私、全然問題なかったの。父ちゃんがちょいと怪しかったけど、なんとか乗れたし。

でもね、今回はマジで危なかった~。

スタンバイで待ってたのが私達親子3人の他にアメリカ人女性が1人。
成田でチェックインすると、11時出発の便なのに、10時にならないとわからないから、また戻ってこい・・・と。
スタンバイチケットで何度も旅行してる父ちゃんに言わせれば大丈夫。ってな話だったのに、どうやらマジで満席っぽいのよね。ほら、カウンタースタッフの雰囲気でわかるじゃない?なんか、やたらコソコソ話てるのよね。

確かに、昨日までの便は予約状況を見てもちょいと危険な匂いがしたけれど、だからわざわざ帰りを月曜日にしたのよね。大丈夫なのか?とドキドキしながら待つこと40分。

10時半になって、カウンターの一番偉そうな人がやってきて、うちの父ちゃんの勤務先を聞き、もう1人のアメリカ人女性にも勤務先を聞いた。

この社割のチケットってね、航空会社の関連会社の福利厚生みたいなもんで発券されるんだけれども、その関連会社にも優先順位があるらしい。

もう、私、父ちゃんに小声で、

「で?どうなの?彼女よりあんたの会社の方が優先順位上なんでしょうねっ?」

って聞いちゃいましたし。

で、そのカウンターの人、さらに5分してから戻ってきて、うちの父ちゃんに

「3人分は確保できますけど、席がバラバラになります」

と言ってきたの。どうバラバラって?そりゃ、3人見事にバラバラなんだって。
あれ?花さんまだ2歳なんですけどね。そりゃ無理だろ。

とりあえず、搭乗口でもう1度せめて2席は一緒に座れるように手配してみますけど・・ってことで、搭乗券もらったのがすでに10時45分。それから手荷物検査と出国審査を抜けて、搭乗口までダッシュ。

そんなときに限って、ちょっと油断したすきにやっちゃうのよね、花さんってば・・・

う○ち。

搭乗口の近くにトイレが見つからなかったので、もう階段の後ろでこっそりオムツ替えちゃいましたわよ。ブツ入ったままのオムツを普通に捨ててしまったけど、お願い、許してっ!

とにかく汗だくになって飛行機に乗り込みましたよ、母ちゃん一家。
正直、もうやりたくない・・って思った。いくら安くてもこりゃいかんわ。子連れにはきついです。

で、もう1人のアメリカ人女性ね。ダメだったの。彼女の席はなかったの。
断られるなり、彼女は泣きながらなにやらクラスを終了させなきゃいけなくて、そうしないと3000ドルがどうとか・・とか言ってましたわ。あげく、ジャンプシートといって、スチュワーデスさんが座る席ね、あそこに座らせろとか言ってました。

そこでやめときゃ母ちゃんも「可哀相ね~」なんて同情しましたけど、その人、なんとっ!

「そうだわっ!あなた達、子供の席は要らないんじゃないの?あなた達のどちらかが抱っこして座ればいいのよ。そしたら私も乗れるじゃないのっ!」

とか言い出した。

・・・なんですと?

12時間、抱っこしたまま座れってか?2歳ですけど、一応お金払ってんですけどね。

せっぱつまってるのは分かるけど、じゃぁ、スタンバイチケットなんかで旅行しないでよね。断られるリスクはいつだってあるんだからぁ・・。

と、すっぱりきっぱり同情の余地無し。

そんな女のたわごとに付き合ったため、さらに搭乗までの時間をロスしてしまいました。

ま、そんなこともあったけど、なんとか無事に我が家までたどり着きました。3週間分の落ち葉がすっかりテラスに溜まっていて、時間をみつけて落ち葉掃除しなくちゃ・・だし、洗濯物もあるしな・・って旅行から帰ってくるとなかなか主婦は忙しいですな。
[PR]



by meiz-bik | 2005-11-29 03:55

古都ではんなり♪

わたくし事ですが、本日、私の誕生日でしたの。

ぞろ目ですわ。すっかり厄はぬけたと思っていたのに、今日平安神宮で「後厄」とか書いてあったのを見て、うっそや~んっ!と愕然となったのです。

そんな今日は母ちゃん、お誕生日スペシャル行楽。

京都観光。

ちょうどね、紅葉がきれいになってきましたよ。そのかわり、桜と紅葉の時期の京都は人も多いですけど・・。

バカ混み。

きれいなのは分かっているけど、実はその人ごみを思うとなかなか出かけられなかったのですが、せっかくこの時期に日本にいるし~、スイスはもう雪なんて降ってるらしいし~、帰ったらマイナスの世界だし~・・なんて思って、頑張って出かけてきました。

それでも平日だったのでまだマシだったんでしょうかねぇ。京都駅でバス乗ろうとしたらいきなり、

「何台分待つねんっ!」

ってくらい人待ちで、いきなりタクシーなんて乗りましたけど。子連れだと少々割高でも時間の節約は大事ですからね。
e0012482_2222810.jpg

あまり遠いところには行けないので、京都駅からは祇園のあたりまで行って、そこから平安神宮、円山公園を抜けて、知恩院へ。母ちゃん、ホントは青蓮院に行きたかったんですけど、花の足ではそこまで無理っぽかったので、知恩院でUターン。

それでも円山公園あたりでかなりきれいなもみじが見れましたよ。
e0012482_22184043.jpg

e0012482_22192639.jpg

祇園のあたりも今、町家を改築したようなおしゃれなレストランやらカフェやらできてるんですよね。ホントはちょっと洒落たところでランチとかしたかったのですが、計画性のない私、なんてったって、当日思いついた遠足だったので、なんかいきなり目にとまったところでご飯食べちゃいましたね。父ちゃんは大好きなカツ丼。母ちゃんは親子丼ときざみうどんのセット。で、うどんは花さんへ。それでも、卵のとろとろ具合とダシの味、なかなかおいしゅうございました。

知恩院は母ちゃん、添乗時代に何度となく足を運んでるので、父ちゃんだけ拝観料払ってみてきてもらいました。父ちゃんは一生懸命写真を撮ってましたけど、さて、どのように美しい紅葉が撮れてるのか?
e0012482_22201761.jpg

知恩院のあとはまた祇園界隈に戻って、花見小路あたりを歩いてみました。
外国人の団体客が向こうから歩いてきて、よくよく聞いてみるとなんとドイツ語。
母ちゃん、ひっさびさにドイツ語聞きましたよ。父ちゃんも久しぶりだったからちょいとうれしかったのか?(笑)
e0012482_22205247.jpg

その後、きな粉を使ったアイスクリームを出すお店でおやつ。
きな粉好きにはたまらん味だったよ。しかも、白玉までついてきた。これで、600円。
e0012482_22212463.jpg

京都は犬まではんなりしてるねぇ。これ、酒屋の店先にいた犬。「マイク」って名札がついてた。
ドラム缶の上に座布団ひいてもらってね、そこで日がな一日店番してるんでしょうね。

その後はまたタクシー拾って京都駅へ。電車に乗り込んで大阪へ。
ここに父ちゃんと母ちゃんの思い出のレストランがあります。イタリアンなんですけどね。初めてであったときに一緒に行って以来、何度となく足を運んできましたが、花を連れて里帰りするようになってからは大阪のど真ん中ですしね、子連れでうろうろする勇気がなくて足が遠のいておりました。

が、本日は思い切って久々にそこへ。

2年半くらいのブランクですかね。ちょっと値段があがってた。お客さんの層も心なしか高くなったような?ワインももっと気軽な値段のものが多かったような気がしましたけど、なんだかちょっとセレブな感じでしたね。

でも、シェフはイタリア人なんですけどね、それは変わってなかった。相変わらず美味しいものを出してくれました。

しかし、やってしまったのさ。花さん、水が入ったグラスを思いっきり割ってしまったんだ。外食でこれ初めて。いけませんね、子供用の食器を置いてないような店では持参する勢いが必要なんでしょうか?

そんな長い一日。帰り道で爆睡の花さん、家についてパジャマに着替えさせても起きませんでしたよ。
[PR]



by meiz-bik | 2005-11-25 22:22 | 日本里帰り

チームばぁば vs 母ちゃん

昨日は父ちゃん・花そしてそれにばぁばを加えたチームと、母ちゃんは別行動でした。

母ちゃんは友達とランチを楽しんだあと、興味ない人には全然興味ないでしょうけど、モトリークルーという80年代に活躍したハードロックバンドの来日コンサートに行ってきました。
ボンジョビほど本命ではありませんけどね、懐かしい青春時代を振り返る気分で、思わず行ってみましたよ。

コンサートはまぁ、ホントに懐かしい感じでね。来ていた人も、今は全然普通のサラリーマンっぽい人がいたりして、それでも昔は皮のパンツなんてはいて、ライダースの皮ジャンとか着てたんじゃないかしら?ってな人がなんと、子連れで来てたりしてました。
子供には退屈だったのかもしれませんねぇ~。休憩しながら

「もうコンサートいややぁ~。お母さんとは一緒にこ~へんっ」

とか言われてましたし・・(苦笑)

それでね、久しぶりに子無しで大阪駅の周辺をブラブラしたりした母ちゃんは独身気分を満喫。
さらに友達とランチを堪能してこれまたいい一日でした。

で、その間、チームばぁばは・・・

e0012482_1542410.jpg

おもちゃ王国に行ったらしいですよ。
e0012482_15558.jpg

e0012482_1554910.jpg

e0012482_1562166.jpg


機関車トーマスの乗り物やら(すんません、トーマス以外のキャラ名前知らないんです、私)、遊びの広場で駆け回ったり、ばぁばと一緒にヘリコプターの乗り物に乗ったり、かなり走り回ったらしいです。
楽しかったらしいですわ。
あまりにはしゃぎすぎて、午後7時半には撃沈。

寝言で「あかんっ~」って言ってましたわ。何があかんのか?母ちゃんの謎。
[PR]



by meiz-bik | 2005-11-24 15:06 | 日本里帰り

ケーキバイキング♪

1泊2日で滋賀県の友達の家へ。

彼女の家の近所には和菓子の「たねや」さんがやってる洋菓子部門の「Club Harie」というケーキ屋さんがありましてですね、そこのカフェでやってるケーキバイキング。1800円(税別)でケーキ食べ放題なんです。

普通ね、ケーキバイキングってそんなに甘いモノが得意じゃない母ちゃんは元が取れないんですけど、ここのバイキングはお勧め。
ケーキのほかにもキッシュやらピザやらチーズトーストやら、その他焼き菓子でクッキーやサブレなど、種類もいっぱい。
甘いモノに飽きたら塩味系のものをつまみながら1時間半食べっぱなしの時間を過ごすの。

ここ、母ちゃんより父ちゃんが毎回行きたがりますから。(笑)

花はまだ子供料金も払わなくていいので、ケチな私としては大人1人で1・5人分をいただけるのでなんだか得した気分になれるのもグッド♪

ホントはね、写真撮りたかったんですけどね・・・

食べるのに忙しすぎて1枚もないです(笑)

だけど、結構車で遠くからドライブがてらに来てる人たちも多いみたいですよ。10時半(昨日は11時オープンでしたけど)オープンですが、10時から受付始めますので、順番を取ってから少しお庭を散策するのもいいと思います。オープンと同時に入らないといつまで待つか分かりませんし・・。

一番の目的のケーキバイキングを済ませると友達の家でまったり休日。晩御飯は近所の居酒屋でひっさびさに日本の居酒屋メニューを堪能してきました。
締めは「キムチチャーハン」。かなり日本的メニュー♪うまかったぁ。

そして本日は琵琶湖散策。日本が誇る湖ですからね、チューリッヒ湖よりもレマン湖よりも大きいんだっ!
そして、この琵琶湖湖畔には琵琶湖博物館というのがあります。

この博物館には琵琶湖に住む生物を紹介していたり、琵琶湖の特産品を展示していたり、昔の琵琶湖周辺の様子などを再現していたり、さらには琵琶湖の生い立ちなども説明してくれます。
海遊館できれいな世界の魚を見たあとに見る、淡水魚の水族館はなかなかレアな感じで面白かったですよ。

で、ここの展示品のひとつにちょっとレトロなものがあったので、写真撮ってみました。
さて、あなたはどんな時代?持ってたおもちゃなんてありました?
e0012482_2291396.jpg

e0012482_2294776.jpg

e0012482_22102457.jpg

e0012482_2211493.jpg

e0012482_22113943.jpg

e0012482_2212958.jpg


昭和30年代の民家を再現してたのですが、たった50年ほどでこんなに日本人の生活様式って変わったんだ・・・と興味深かったです。
見学に来ていたおじさんたちは展示しているものを見て、

「うわぁ~懐かしい」
e0012482_2222726.jpg

e0012482_223235.jpg

e0012482_223376.jpg

なんて言ってましたから、そう昔の話でもないのにね。今、こんな家ほとんど見かけなくなりましたよね。

博物館見学のあとは湖畔でお茶タイム。ここに階段があったのですが、これを花が飛び降りててびっくり。両足そろえてちゃんと飛べるようになったんです。着地もばっちり。
いつの間にかそんなことまでできるようになってて・・・母ちゃんは何にもしてないのにね、「親はなくとも子は育つ」って、よく言ったもんだわ。
e0012482_2242933.jpg

e0012482_2245915.jpg

e0012482_2252893.jpg

お天気もよかったので、しばらくまったり過ごして帰路に着きました。
帰りの電車で爆睡してた花さん、それでも途中で晩御飯食べに入ったおそば屋さんではぱっちり目がさめて、おそばを半玉以上食べてましたよ。食い意地はってるのは、母ちゃんゆずり。
[PR]



by meiz-bik | 2005-11-20 22:05 | 日本里帰り

こんにちは赤ちゃん♪

今日は8月に出産したばかりの学生時代からの友人の家にお邪魔してきました。
e0012482_2121416.jpg

生後3ヶ月の赤ちゃんですっ!いや~、正直、花にもこんな時代があったんでしょうけど・・・忘れました。覚えてないです。
e0012482_21222457.jpg

約2才違う、つよし君と花、並べてみるとサイズの違うこと・・・。

花にとってはこれくらい小さい子だと「おもちゃ」状態。
1歳半くらいの頃からお人形遊びをしていましたけど、その延長ですね。

泣いてる赤ちゃんを見ては、

「大丈夫?ママそこおるで。よしよし・・」
e0012482_2123102.jpg

と、彼女なりに一生懸命あやしてます。あげくの果てには自分がいつもされてるように、横に添い寝して歌なんて歌ってました。
e0012482_21234313.jpg

そんな状態もプリンが出てくるとすっかり「チビ母ちゃん」から「2歳児」の顔へ。
先日食べたロールケーキの小山さんのケーキ屋から仕入れたこれまたちょっとうわさの小山プリン、おみやげに持っていって食べてみましたよ。

1年ほど前は私が赤ちゃん抱いてるだけで泣いて抗議した花も今では抗議するより自分も赤ちゃん抱っこしたい感じ。気になってしょうがないんだね。
あれ?そしたら兄弟オッケーなわけ?(笑)

しかしあれですね~、体重5キロだって。花の半分以下。首もまだグラグラしてる赤ちゃんの抱き方さえぎこちないの、母ちゃんってば・・・。忘れちゃったし。

でも、久々に赤ちゃんにミルクなんてあげちゃって、ちょっと思い出したかも・・・
e0012482_2126380.jpg

こんな時期。

友達の家にいくついでに大阪が誇る水族館、海遊館に行ってまいりました。
e0012482_21263779.jpg

動物園に続き、水族館でもなかなかのはしゃぎっぷりだった花さん、魚が海を泳いでるってこともだんだん分かってきてたからかもね。
e0012482_2127107.jpg

e0012482_21274572.jpg

[PR]



by meiz-bik | 2005-11-18 21:27 | 日本里帰り

花ボキャ続き

日本に帰ってきて以来、花の言動に家中が笑わされてます。

「今日はお風呂誰と入るの?」

という問いに、

「マミと」

と答えます。そこで、ばあばが、

「ばあちゃんと入ろうや~」

と言うと、

「違う。ばあばっ!お留守番しときっ!」

といいます。

さらに、ばあばが食い下がると、

「もうっ!勝手にしなさいっ!」

と逆ギレ。

「食べてみ。おいしいから」
「見てみて。かわいいから」
「飲んでみ。冷たいから」

など、行動とその行動に対する理由もはっきりと言うようになりました。

昨日も訪ねていった友達の旦那さんが昼食のときに飲んだビールにほろ酔い気分でお昼寝なんてしてたのですが、彼がおきて一言、

「おきた?」

全員、大爆笑。

日本語でも1~10まで上手に(時々5が飛ぶけど・・)数えられるようになりました。

半年前に里帰りしたときより確実に面白度アップ。ドイツ語が出てくる割合がかなり少なくなってきますね、やっぱり。
[PR]



by meiz-bik | 2005-11-17 20:53 | 日本里帰り

花ボキャその他

今日は親子でドライブ。

友達のお宅にお邪魔してきました。いや~、子供がいない夫婦なんですけどね、おうちの中が片付いててうらやましかったです。久しく、そんな夫婦のご家庭にお邪魔したことがなかったので、なんだか落ち着かなくなってしまったのね。

普通ならシールがどっかに貼られていたり、ブロックなんかがそこかしこに転がってるんですけど、子供がいない家庭ってのは、普通にリビング使用できるんですね、うらやましい・・。

父ちゃんね、日本でも運転します。
日本とスイスは国際免許の協定を結んでないので、日本の免許をそのまま持っていって、ぶっちゃけスイスで運転できます。(入国後1年間のみ)
で、その反対でスイスの免許証で日本国内も運転できるんです。ただし、何かあったときのためにスイスの免許証の日本語訳を一緒に持ち歩いてなければなりません。
これ、JAFでやってくれます。

母ちゃんも日本の免許証を更新し忘れて、失効してしまったんですね。いや、しかるべきところに行けばもう一度更新はできるのではないかと思うのですが、めんどくさいからやめたの。なので、今母ちゃんはスイスの免許証しか持っていないので、帰ってくる前に母にお願いしてJAFに翻訳を頼んでもらいましたよ。

父ちゃんも去年帰ってきたときに翻訳してもらったので、晴れて日本でのドライバーデビューを飾りました。

そこで・・・・・絶対やります。

・・・・・方向指示器とワイパー間違えますから。

本日も乗った瞬間、間違えてました。

そういう母ちゃんも帰ってきて初めて運転したら、まじめにどっちを走っていいのかわからなかったんですけどね。

花は段々日本語のボキャが増えてきました。

「~あかんなぁ」
「結構寒いなぁ」
「すごい風やなぁ」
「じいじは病院ねんね」(うちの父は入院してるので、病院で寝てるといいたい)
「私も食べたい」「私もほしい」など、「私」という一人称を使えるようになったのも成長。

毎晩、ばあばの店に同じように出勤しては、「何する?つぎ?」とカラオケのリモコンを取り出し、ひとりで、

「ご、さん、はち・・・」と番号を入れ、「ピっしてくださ~い」と遊んでる。
これ、知らない人が見たら「いったいどこで遊んでるんですか?」と尋ねられそうですね・・。
[PR]



by meiz-bik | 2005-11-16 21:20 | 日本里帰り

おめでとう。ですね

いや~本日はお日柄もよかったですね・・・。
紀宮清子内親王様の結婚式。

リアルタイムでテレビ中継に見入ってしまったのは、きっと普段テレビをみない生活をしてる私だから。

見ちゃいましたよ。色んな芸能人がお祝いの言葉とかを述べてるのを。テレビの特番、見てしまいました。

それにしても、天皇・皇后両陛下もあれですね、普通に娘を嫁に出す親のお顔でしたね。私も花が大きくなって嫁に出すときは色んな思いがよぎるのでしょうか・・。

それにしても、今までの生活から民間人におなりあそばす彼女、36歳にして初めて自分のお財布を持ったそうですね。どうなんでしょう?今まで自分の財布を持って生活してた母ちゃんでさえ、父ちゃんの給料でやりくりするのはうまくないってのに・・・凄い話ですよね。


今日は昨日のイベントの疲れで親子でぐったり。あ、ちょっと買い物に行ったりしましたけど。父ちゃんはね、日本で買い物するのがすきなんです。私も好きですけど。
日本に来るとかならず何着か服買ってますね、うちの父ちゃん。

そんなまったりチューズデー。明日はお出かけです。
[PR]



by meiz-bik | 2005-11-15 21:19 | 日本里帰り

ゆるゆると・・・日々あれこれ。
by meiz-bik
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧