kosodate.ch

<   2006年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧




イチゴ狩り

今朝起きたら、太ももの後ろのあたりがえっらい筋肉痛でした。

「え?まだツェルマットの筋肉痛が?」

と一瞬己の体の老化現象にビビりましたが、なんのことはない、昨日のアクティビティーが原因でした。

そんなへんなとこが筋肉痛になった原因はこれ。

e0012482_14442381.jpg

イチゴ狩り


花が参加する日本人の遊びの会でイチゴ狩りに行こうという話が出たんですが、車のない母ちゃんはちょっと遠いそこへ参加するのもなんだかなぁ・・と思っていたら、ご近所に住む同じ遊びの会に参加してるお母さんから

「うちの近所でもイチゴ狩りができるから、そこへ一緒に行きませんか?」

とお誘いを頂いて、そんな場所があるなんてここに住んでもう4年になろうかという母ちゃん知りませんでしたから、一緒に車に乗せていただいて行って参りました。

イチゴ狩りって皆さんやったことありますかね~?
中腰になってね、ひたすら摘むんですわ。
それで、ふとももの辺りが筋肉痛の母ちゃん。

花さんは最初の方こそ、持参したカゴに小さすぎるのや、まだ青いのをどんどこ入れてましたけどね、そのうち食べてもいいってことに気付いて、食べるの専門になってましたから、母ちゃんはもうシーズンも終わりかけのイチゴ畑でひたすら甘そうな美味しそうなイチゴを摘んでましたよ。

翌日に筋肉痛が出ることもまだその時点では知りませんから、一生懸命摘みました。
調子に乗って、3キロ。

・・・・どうするんだ?これ?

でも、甘くて美味しいの~♪スーパーで買うのより半値くらいでなにより楽しい。

ついでに同じ農家で絹さやと、なんていうんだろうか、よく日本語がわからなかったんですけど、さやえんどうのちょっと小ぶりな感じのマメも摘んで帰りました。
このさやえんどうの小ぶりなマメ、さやごと生で食べるとほんのり甘みがして美味しいの。
夕飯にヨーグルトソースを添えてのサラダで出してみました。

摘んだ3キロのイチゴは食べても食べても減らず、結局小ぶりなものはヘタを取って本日イチゴジャムにするつもりです。
[PR]



by meiz-bik | 2006-06-30 14:44 | お出かけ

第75代目奥様バトン

母ちゃん、火曜日、水曜日は毎度おなじみ寿司バーでのお仕事の日。

ここのメニューにですね、「おまかせ」ってのがあるんですけどね。シェフのおまかせメニュー。
ローマ字表記で「Omakase」ってメニューに載ってるんですけど、

「おかませA」

とか言って注文するの止めてくれませんかね~、母ちゃん笑って仕事できないから。

あと、「Uramaki」ね。裏巻きのことなんだけど、

「うらかみ」

って・・・これも笑っちゃって仕事できませんから~。
もちろん、あえて訂正はしませんけどね、ネタにさせてもらってます♪

あ、今日来たおやじっ!
盛り合わせのメニュー頼んだあとで、母ちゃんが「お飲み物は?」って聞いたんだけど、

「そうだな~中国のビールでももらおうか・・」

・・・・ってあんたっ!ど~いうことやっ!

「中国のビールはあいにく置いてなくて、日本のビールなら置いてますけど・・」

ってえらく強調して言う母ちゃんも意地悪だとは思うけどね・・・。


さて、おなじみご近所ブログ仲間のももも。ちゃんからバトンが回ってきました。

奥様バトン

では、早速行ってみます。

Q1.旦那様をどういう風に呼んでいますか?

うちの父ちゃん、トーマスって言うんですけどね。
トミー、トーマス、トミオと名前を変形させたり、あとは定番のシャッツ♪(訳・宝物)
本人、アルバートっていうミドルネームも持ってるんですけど、それが嫌みたいで、苛めたいときは「トーマスアルバート!」ってロッテンマイヤーさん風に呼んでやる

Q2.旦那様からは何て呼ばれていますか?

ときどき色んなところで使ってるHNのmitchと呼ばれることが多いでしょうか。これ、母ちゃんの本名にかなり近いんで。
あとは奥さん~♪とか呼ばれることもあります。

Q3.旦那様の好きな奥様の手料理は?

とんかつ、お好み焼き、グラタン、ハンバーグ・・・って子供が好きなものみたい。

Q4.あなたの旦那様のいいところや好きなところを思いっきり自慢してください。

やさしくて、私を含めて家族みんなを愛してくれてるところ。旦那様なしには我が家は回りません。
ドイツ語が相変わらずなんちゃってな私だけれど、その私に代わって色んな事務手続きなんかを嫌がることなく忙しい仕事の合間にやってくれる、まぁ、当然っちゃあ当然なんですけどね(爆)
毎晩、夕飯の片付けを担当してくれるのもよろしい♪

Q5.休日は何をしてますか?

土曜日は買い物に出かけて重いものを持つ担当の父ちゃん
日曜日は主に子供の調子をみながら、彼女のためのエンターテイメントプログラムです

Q6.今、旦那様にお願いしたいことがありますか?

結構恥ずかしがりやさんなので、人にモノを聞いたり、初めて会う人とフレンドリーに話すことができないので、そういうとこもう少し社交的になってくれたらな~と。

Q7.旦那様から言われた言葉で一番嬉しかったのは?

「僕と結婚してください。一生大切にしますっ!」

Q8.入籍時や結婚式でのおもしろエピソード、もしくは感動エピソード。

教会での式ではなく、役所で入籍式をした父ちゃんと母ちゃん。
役所の人が「結婚とは・・・」と語りつつ、これからの夫婦としての心構えとかその他もろもろをお話ししてくれながら、それまでに父ちゃんが書類のことで色々その人と相談しながら何度も役所に足を運んでくれてたエピソードを披露されて、
「日本からスイスという遠い国にお嫁に来て、さぞかし不安なこともいっぱいあるでしょう。寂しいこともあるでしょう。でも、ここにいるトーマスはあなたとの結婚のために何度も仕事帰りにここへ足を運んで今日のこの日を迎えたのですよ。そういうことが出来る人ですよ、この人のそばにいる限りなんの心配もありませんね」
といわれたときはさすがの母ちゃんも号泣。感動したな~。

ま、何度も役所に足を運んだのは遠い日本から指示出ししてた母ちゃんがいたからなんですけどね(笑)

Q9.結婚してよかったなーと思うときはどんなときですか?

ビザ無しで生活してるのと違って、堂々と生活できるとき(笑)

・・というのは冗談で、子供の話なんかをしながらず~っと先の将来の話を共有できる時間があるとき。間違いなく、この人とずっといるんだな~って思えるとき、結婚してよかったな・・って思います


Q10.次にバトンを回す5人の方は?

アンカーってことで、よろしくお願いします。
[PR]



by meiz-bik | 2006-06-29 04:40

BBQ

ツェルマットから帰ってきた週明けの月曜日。

ハイキングをしたのが先週土曜日、日曜日には筋肉痛が出て

「おっ?まだ若い?」

なんて思っておりましたが、なんのなんの、まだまだ序章でした。

日を追うごとにひどくなる筋肉痛・・・一番辛かったのは月曜日の朝でした。(苦笑)

さて、そんな筋肉痛の体を引きずって、遊びにいってきたのは育児ブログ仲間、Liaちゃんのお宅。

「うちでBBQでも~」

とご招待してくれて、行ってまいりました。メンバーはおなじみ、ukoちゃんchiemiちゃん、そして今回初顔合わせのkanaさん

Liaちゃんのお家、広いんだ~。
もうBBQの間中ずっと、メンバーからは

「広い~素敵~いいな~」

と感嘆の声がもれてましたから。すっきりとまとめられたインテリアに、人が大勢いても圧迫感のないくらいあるスペース。こんだけ広かったらお家にどんどん招待できるよね~。
しかも、Liaちゃんの家のバルコニーからは8月1日、スイスの建国記念日にあがる花火がどど~んと見えるらしい。素敵♪

さて、そんなBBQ。みんなでサラダやらおにぎりやらを持ち寄ってスタート。
肉が焼けるの待ちな状態な皿。
e0012482_13244174.jpg

お肉は暑いなか、このBBQのためにお休みだったchiemiちゃんの旦那さんコニーが担当してくれました。

Liaちゃんが子供達のためにバルコニーにビニールプールを用意してくれてて、子供達はそこで飽きることなく遊んでくれてました。
e0012482_13254043.jpg

e0012482_13261838.jpg

今回のメンバーの中では一番小さいLiaちゃんのとこの坊も果敢に水に挑戦。花に水かけられて一瞬戸惑っていたけれど。

そして、今回のイベント最大のアクシデント!

子供達は食べ終わってまたプールに戻り、母ちゃんたちはなかなか減らないサラダやお肉をつつきながら楽しい午後を過ごしておりました。

ええ、あの事件まではっ!

途中でビニールプールの水が濁りました。
なんかサラダに入ってたコーンも浮いております。

・・・・・やっちゃったよ・・・・今回は・・・・
e0012482_13271059.jpg

拓真クン


大笑いさせていただきました。これで拓真が大きくなって生意気な口をきくようになっても、

「う○こたれ」

といじめることができますね(笑)

まぁ、子供がいるとこんなハプニングもありです。だいたい、市営プールも何が浮いてるのか分かったもんじゃありませんから。

そんな楽しい午後はukoちゃんお手製のプリンとアイスクリーム、イチゴで〆られました。
あぁ、大笑いした午後でした。

子供が小さいとなにかとバタバタしてるLiaちゃん、お疲れ様でした。ホントに楽しかったです、ありがとう。次回は是非、我が家で♪
[PR]



by meiz-bik | 2006-06-27 13:27 | お出かけ

ツェルマットへ・・

金曜日から2泊3日でちょっとお出かけしてきました。

ホントなら日本で添乗員を続けている母ちゃんの添乗員時代からの友達(ちなみに彼女一緒にBONJOVI大阪公演に行った。そしてオールナイトをした)が、22日からスイスに団体の添乗をしてやってくるはずで、彼女とは23日にツェルマットで落ち合うはず・・・・だったのが、彼女の都合により、彼女のこの添乗の仕事はキャンセル、すでに列車のチケットやらホテルやら手配していた母ちゃん、キャンセル料取られるのもバカらしいので、旅行決行。

母ちゃん、ツェルマットは2回目。

添乗員時代は行ったことなくて、1回目は花がまだ1歳にもなってなかった時。同じく、上記の友がツアー連れてくるってんで行ってみたとき。

今回はチューリッヒから少し南東にくだったChur(クール)というところから、有名な氷河特急に乗ってツェルマットまで行ってみました。

この氷河特急St.Moriz(サンモリッツ)からZermatt(ツェルマット)までの間を豊かなスイスの自然を眺めながら進む列車。
母ちゃん、元添乗員ながらこれ乗ったことなくて今回お初だったの。ちなみに、スイス人の父ちゃんも初めて(笑)

列車の中からなのでうまく写真は撮れなかったけれども、まさにスイス~って感じの中を進む列車。パノラマカーなんだけどね・・・・暑かった。ガンガン太陽の光浴びてね。
e0012482_4273797.jpg

e0012482_4283844.jpg

列車では食事のサービスもあります。自分の座席まで食事をサービスしてくれるの。母ちゃんたち、ケチだからサンドイッチ持参。でも、気分に酔ってワイン頼んだ(笑)

感想としては、景色に感動するのも最初の2時間くらいまで、あとは生まれたときからこの自然を当たり前のモノとして生きてる2歳児のご機嫌取りです。
こ~なると、6時間の乗車時間はひたすら長いです。

ツェルマット到着は夕方5時も過ぎてたので、とりあえずホテルにチェックインしたあと、すぐに夕食を取って、この日はスイスのサッカー試合があったのでそわそわする父ちゃんとともに、ホテルでまったりしましたよ。

2日目は母ちゃん早く目覚めてちょっと窓から外を覗いてみると、日本人観光客のみなさんがもう活動してた(笑)
ちなみに、ツェルマットでは「朝6時前から活動するのは日本人」と有名らしいです。
まあね、ツアーの日程もきっちきちだからしょうがないけどさ。
e0012482_4294414.jpg

母ちゃんたちはめずらしくこの日下調べをきちんとして、1回目来たときにはバギーに乗ってた花と一緒だからできなかったハイキングをする予定でした。

ハイキングといっても、天下のマッターホルンがお相手ですからね、あまり高いとこに行っちゃうとそりゃ森林限界線も軽く超えて、ハイキングどころか、ロッククライミングなみの装備をしてる人がゴロゴロいそうなんで、母ちゃんたちがいったのは、Sunnega(スネガ)展望台からツェルマットに降りていくコース。

スネガ展望台まではケーブルカーで5分ほど、標高1631mのツェルマットから2300mのスネガ展望台まで連れていってもらいます。

この展望台から一瞬足元ビビリそうな道を5分ほど降りると・・・
e0012482_4303157.jpg

Leisee(ライ湖)。天気がいいと逆さマッターホルンが湖に写っていい写真になります。母ちゃんのカメラじゃこれが限界。それに、いい感じで雲がとぎれると、水着きたおばちゃんが湖を我が物顔で泳いで水面がワラワラ~って。
e0012482_4311281.jpg

e0012482_432243.jpg

標高2300mにあるブランコと滑り台、どうよ?
「おしえて~おじいさん~♪」って歌いたくなった母ちゃんの気持ち分かって。
e0012482_4325319.jpg

で、こっから問題。
母ちゃん、下調べの段階でここから1時間半ほどのコースと書いてあったコースに行くはずだったのに、父ちゃん何を血迷ったか、ずんずんと違う方向へ。

結局下調べのコースの倍以上かかるコースで、おまけにいくつかあった村のカフェ、ここで昼食を取る予定だったのに、シーズン開始直前のためか、まだ営業してなくて、母ちゃんたち、ハイキング直前に非常用に・・・と購入したパンを食べるはめに。
e0012482_4334684.jpg

それでも、こ~んな景色をみながらの昼食。パンだけでも豪勢な気分でした。水はたっぷりあるから、腹膨らませてね(爆)
e0012482_4351892.jpg

花さんもずいぶん歩いてくれて、途中に流れてる川の水に手を入れてみたり、落ちてる木の枝拾ってみたり、マッターホルンが見えてくると、

「あ、マッターホルンよぉ~」
e0012482_4343292.jpg

と踊ってみたり(笑)

色々してくれながら、途中何度も休憩とって、結局ツェルマットの町に着いたのは3時半。9時半のケーブルカーに乗ったはずだから、半日コースでした。

母ちゃん、その夜風呂に入ろうと思ってTシャツ脱いでびっくり。

「あれ?まだ服着てる?」

の状態な日焼け。これ辛い・・・三十路だし・・・。

めんどくさがってはいけませんね、日焼け止めきちんと塗らないと・・後悔先に立たず。

ツェルマットの町は自動車乗り入れが禁止されていて、町は電気自動車しか走ってません。あと、観光客用に馬車。
e0012482_436099.jpg

花さん、大好きなシンデレラが馬車に乗る場面を何度も見ているため、「馬車」というボキャ保有者。

当然、プリンセス気分のうちのお嬢さんも馬車をご所望ですよ。
結構な値段するんですけどね、父ちゃんが乗せてやれ・・って言うんで乗ってみました。

・・・めちゃ恥ずかしい。これですね、母ちゃんと花が進行方向を向いて座って、父ちゃんは進行方向に背を向けて座っててね、当然馬車がきたぞ~と後ろを振り返る人の視線は母ちゃんにあたるわけですよ。ええ、ザ・日本人な母ちゃんにね。
ツェルマットにはかな~りの数の日本人観光客の人もいたので、その中をいくら子連れとはいえ馬車に乗って町をいくこの日本人ね、ええ、いたたまれなかったですよ。

「ちゃうねんっ!子供が乗りたいっていうてんっ!この外人ツラした旦那も乗せてやれっ!って言うてんっ!」

・・・と何度心の中で叫んだか知れません。

花は結局、マッターホルンよりもハイキングよりもこの馬車のひとときがお気に召したようで、ツェルマット旅行終了。

帰りは行きとは違ったコースで4時間半、おうちに帰ってきたんでした。

それにしても、救いは翌日に出たってことだけど、この筋肉痛・・・なんとかしてくれ~。
[PR]



by meiz-bik | 2006-06-26 04:37 | お出かけ

終わったね・・

昨日、母ちゃんとこに義理両親がやってきましたの。

今日から2泊3日で旅行に出かけてくるので、犬を預かってもらうために。

でもって、鬼嫁になりきれない母ちゃんは、そろそろ夕飯でもご馳走しとかなあかんかな・・と思い、夕飯のご招待。

時間的にはね、母ちゃん結構余裕なかったんですよ。
火曜日、水曜日は仕事でほとんど何もできないし、昨日は午前中花の日本人プレイグループ参加だしね、午後からは新居のキッチンとバスルームのタイルを選びにまたショールームへ、終わったら5時。

即効買い物行って、もう作ってるヒマなかったから、怪しい天気のもと、ソーセージのバーベキュー。(笑)

でもね、義理父とうちの旦那が2人揃うとヘンなジンクスがありまして、

「絶対、グリルの炭に火がつかない」

通常30分もあればいい感じに炭がいこってですね、すぐにパチパチ・・・って音が聞こえてくるのに、この2人が揃うと何故かやたらに時間がかかる。

7時過ぎには食べ始められるかな?という計画も虚しく、食事開始は午後8時でした。
母ちゃん昼食も食べてる暇なかったから、もう最後の方おなか空いてるのか、気持ち悪いのか分からない状態でしたよ。

さて、W杯。日本負けちゃいましたね。
試合開始はまだデザート食べ終わってない状態で、義理両親もまだ居座っていたのですが、母ちゃんテレビの前にかぶりつき。

まったくルールの分からない義母は軽く無視して(笑)、とりあえず観戦。
前半1点取ったときは思わずエキサイトしてしまいましたけどね、ダメだったね。
すぐにパスミスも連続して、母ちゃんサッカーよく分からないですけどね、やっぱりブラジル人、ボールさばきの技術が違いすぎますね。ボールが体の一部みたいですもんね。

関係ないけど、ロナウドコロコロに太っちゃって・・・ぱっつん、ぱっつんしてたね。
解説者も、「サッカーやるにはもうちょっと走り回ってスリムにならなきゃ」なんて言ってましたけど、確かにあの巨体だとフィールドを走り回るのは辛いでしょうよ。

というわけで、残念。こうなりゃオーストラリア応援してやる。
[PR]



by meiz-bik | 2006-06-23 13:03

またW杯ネタ

本日午後9時(日本時間23日午前4時)、サッカーW杯でブラジル対日本の試合が行われますね。

母ちゃん、昨日仕事場で休憩してるときに、クロアチア人が隣にいて彼らが色々話ししてるの、もちろん彼らの言葉なんで何話してんのかはさっぱり分からなかったんだけど、突然、

「ブラジル・・・・・・日本・・・・」

って単語だけ飛びこんできて、

・・・あぁ、サッカーの話題ですね。大方、「クロアチアは決勝リーグ進出大丈夫かな?」なんて話ししてんでしょうね。

とにかく、頑張ってくれっ!勝利に盛り上がるスイス人にヤーパン(日本)もやるときゃやるんだ・・なんて意気込み見せてやれっ!

と、ここスイスで応援しておきます。

関係ないけど、母ちゃんはスイスのテレビで試合を観戦してるんですけどね、いや~おもしろいよ、解説者。

試合の流れにあわせて選手の名前を連呼してみたり、パスを受けた選手の名前を呼んで解説するんだけどね~、やっぱり日本人の名前は難しいらしいです。

ナカムラ シュヅケ

誰?酢漬け?

中村俊介選手でしたね。
最後の方は「ナカムロ」とか言われてたし、

柳沢がゴールを外した痛恨の場面では、「ヤナガワ~」って。

そんな楽しみ方もある母ちゃんのW杯。
今日の試合もシュヅケ君出てくるのかなあ~?

さ、皆さんご一緒に、日本チャチャチャ♪
[PR]



by meiz-bik | 2006-06-22 21:59

W杯、母ちゃんの思い出

W杯、まだまだ盛り上がっております。ここ、スイス・チューリッヒ近郊。

日曜日は我が家もお手製の日の丸を作りテレビの前で観戦。
日の丸ってこういうとき簡単だからいいねぇ(笑)

花もテレビを見ながら、クロアチアチームが日本ゴールのそばまでボールを持ってくると、

「もうやめて~(ボールを)もどして~」

とかいいながら応援してました。

・・・・・にも関わらず、引き分けでしたね。
残念。ホントに残念。
次はブラジルに2点以上の差をつけて勝たなきゃ決勝リーグには進めないらしいじゃないですか。

ぶっちゃけ、無理っぽい?
ま、とにかく頑張ってくれ~そして、その試合を日本で応援する人達も、夜更かし頑張ってね~。

日本チームの暗いニュースに比べて、昨日のスイスはトーゴに勝利。
再び、午後3時以降、町から人が消えました。
父ちゃんのオフィスでは仕事を休んだ人もいるらしい。

日本を応援しながらも、やはり愛国心は捨てられないのか、日本人妻の横で勝利に歓喜するうちの父ちゃん、一瞬軽い殺意を覚えましたけどね(笑)

さて、母ちゃんサッカーに関してはまったくもってのにわかファンですが、しかも、4年に1回。しかも、フランス大会から。

当時、添乗員という仕事をしていた母ちゃんは、とある中学校の修学旅行の添乗で横浜プリンスホテルに宿泊してました。

その1ヶ月後くらいだったかな、フランス大会が始まる予定だったの。当時の日本代表が偶然にも横浜で合宿してて、同じホテルだった・・・らしい。

・・・らしいっていうのは、母ちゃん当時はサッカー選手なんて誰も知らなかったから。
ロビーで中学生集めて鍵渡してるときも、

「な~んか、ジャージ姿の兄ちゃんたちがウロウロしてるよな~。どっかの大学の体育会系か?」

程度に思ってました。
今、思えばその中の中学生が若干騒いだのに気付くべきでしたね。

で、翌日。
修学旅行とかの団体は一般のお客さんとは違う朝食会場を使うことが多いです。
母ちゃんは一応添乗員だったので、その分かりにくい朝食会場を中学生に案内するためにエレベーター前で待機、降りてくる中学生を次から次へと案内する係り。

その日は朝食後すぐに移動なので、中学生はまず制服に着替えて、自分の荷物を一番下の階に持っていき、それから朝食会場がある3階あたりの宴会場までやってくる・・という段取りだったので、エレベーターからジャージ姿の背の低い子が出てきて、

「あの~朝食会場どこですか?」

って聞かれたときはそりゃ、自分が連れてる中学生やと思うやん?
一般の団体とは違って中学生だから300人なんて顔覚えてないし。

で、母ちゃん一言、

「朝食会場って・・・あんた、まず制服着替えてこなあかんやんっ!」

って一喝してやりましたよ。

ええ、鋭い方はお気づきかもしれませんが、この人、中学生じゃなかったんです。

「え?制服?」

ってタジタジになりながら、困惑してる彼。
よかったです、次の一言が出る前に母ちゃんもうすうす気付いて。

「もしかして・・・・○○中学の生徒さんじゃ・・・ない・・・です・・・よね?」

と確認するものの、母ちゃんは「しまった~やってもうた~」の気持ちいっぱい。
運良く母ちゃんの朝食時間を知らせに同僚がやってきたので、

「ごめんなさいっ!分からないです」

とだけ答えてその場は終了。

朝食会場で、この修学旅行の担当者だった人から、

「ここに今サッカーの日本代表が泊まってる」

と聞きました。
ええ、母ちゃん当時の日本代表の1人に向かって、

「あんた」呼ばわりしたのもさることながら、「制服着替えてこなっ!」って怒鳴ったんですのよ。

あの、日本中がフランス大会に向けてサッカー日本代表を応援していたあの時にっ!

修学旅行の添乗が終わって入った本屋で思わずサッカー雑誌を立ち読みしてしまいました。

母ちゃんが怒鳴った相手・・・・間違いなく当時の日本代表でした。(汗)

そんなエピソードを持つ母ちゃん、とりあえず添乗の仕事ですでにフランス大会2試合の添乗も決まっていたので、必死こいて選手の顔覚えたのは言うまでもありません。

それからかな~、いちお、Wカップのときはサッカー好きになるのよ。

当時の日本代表の選手の方々、「ジャージ姿、おっさんやで・・」なんて思ってごめんなさい。でした。
[PR]



by meiz-bik | 2006-06-20 13:09

つぶやきシローってまだいるの?

孫っていいね~。

今日、日本の両親から電話があって、実家の父が花にむかって、

「誕生日何が欲しい?」

って質問してました。

はいは~い、三十路爆進中ですけど、我が娘にもプレゼントのリクエスト聞いてくださいよ~♪
11月、楽しみにしてます(笑)

相変わらずお天気のいいここスイス・チューリッヒ近郊。
すでに母ちゃん真っ黒。

昼寝をしなくなったうちの娘さんに付き合って外遊びですからね、いくら日焼け止め塗っても間に合いません。

でもって、なんで児童公園ってこうも日陰がないんでしょう?
わざと?って聞きたくなるくらい、ベンチが思いっきり太陽の下においてありますよ。

そんな危機感を抱く母ちゃんの最近の作戦はうちのテラスで水遊び。
これだと母ちゃん、パラソル出して日陰で読書とかあり。コーヒー飲んでね。
e0012482_2262028.jpg

花さん、水着が去年のなんで若干小さめ。
今年初めての水遊び。

今日は動画もどうぞ。
夜寝る前に本読むんですけどね、今日は自分で読んでました。
「いやだいやだ」って本。

まぁ、基本的なストーリーは「あんまり『いやだ、いやだ』って言ってるとみ~んなも『いやだ』っていうよ」みたいな話で、イヤイヤ期真っ只中の子供に少し考えてもらう本なんですけどね、まぁ、内容わかって読んでるのか知りませんが、母ちゃんのツボにはまったのは、

あなた、つぶやきシローさんですか?

並みの変なイントネーション。よく聞いて。
[PR]



by meiz-bik | 2006-06-18 22:10 | 育児

小ネタと青空ランチ♪

昨日、花を連れて家から駅までの道のりを歩いてるときにすれ違った自転車に乗ったアジア系のおじさん、

えっらい顔中の筋肉を弛緩させて母ちゃんに微笑みかけてましたけど、

・・・・・どちらさんです?(笑)

多分、中国人かと思われますが、母ちゃん中国人の知り合いスイスにいませんから。

でも、中国人に中国人と認識される確立高いんです、母ちゃん。

油断してると、

「○×△★☆◎~」

と中国語で親しげに話しかけられるんです。近所のチャイニーズショップでもなぜか中国語で対応されること多し。

・・・・・いや、知らんから、中国語。


最近、暑いからかまともに仕事が出来ない人が増えているようで、先日送られてきた新居の分譲を担当している不動産会社からの連絡。
とうとう、最終的な売買契約書を交わすことになり、その日程。

6月23日 水曜日

・・・・っていつです?

水曜日だと21日、
23日だと金曜日のはずなんですけど?うちのカレンダー間違ってる?

さらに、昨日やっと花の眼鏡の修理が終わって取りにいってきたんですけど、相手してくれたお姉ちゃん、まあね、修理も保障期間中なんでタダですよ。はっきり言って儲けのない客ですけどね、

そんなに休憩行きたかったんか?

とりあえず花に眼鏡をかけさせて細かい調整までしてくれたんですね、で、そこまではよかった。で、「あ、じゃあこれでいいです」と母ちゃん言った途端に、

「それではさようなら。」

って同僚と消えていったんです。

え?母ちゃん眼鏡ケースも返してもらってなければ、顧客カードも返してもらってないんですけど・・・ってか、そこの受付カウンターの上にあるのは花の顧客カードでは?

しょうがないから、そこにいたおっちゃんに「あの~眼鏡ケースもらえないと、このスペアの眼鏡、持って帰れないんですけど・・」

っていうと、「え?また戻ってくるんじゃないの?」と。

「あ、でも『さようなら』って行ってしまったのでもう戻ってこないかと・・」

な~んてこったいっ!まぁ、いいんですけどね。それほど休憩に行きたかったらしいです。コーサーさん。(笑)

そ~んなマイナーミスもあり、連日25度超のスイス、チューリッヒ近郊。

さて、話し変わって

本日は青空ランチ♪

天気もよくなってきたのでそろそろお外で子供を遊ばせながら母ちゃんたちはまったりと昼食など・・・というわけで、

育児(ここ強調してくださいよっ!)ブロガーの会、チューリッヒ支部が集まりました。

まいどおなじみ、ukoちゃんchiemiさん、そして今回母ちゃんお初にお目にかかります、Liaさんとそれぞれのお子さん達が参加してくれました。

まずは皆さん持ち寄ってくれた豪華ランチの品々を眺めつつ、ビールで乾杯。
e0012482_3314946.jpg

いや~それにしても豪華。
食事に手を出すまえに一応、父ちゃんたちに向かって手を合わせておきました。

「毎日お仕事ご苦労サマです」と。
e0012482_3325546.jpg

e0012482_3333531.jpg

品数ありすぎて、一巡したくらいじゃ食べ切れなくて、2回目、3回目とお皿に取るものの、なかなか減らない豪華ランチ。
いや、それにしても皆さんお料理上手でござんした。

花さんは前回、二足歩行に変化を遂げたceyにビビッていたけれども、今回はすっかり形勢を立て直したらしく、ちょっとお姉さんぶってチョロチョロするceyや拓真を呼び戻す役目を買って出てました。

「もうっ!cey!そっち行ったらあかんよ~」
「拓真くんっ!こっちで遊ぶのよ~」

などなど・・・。
結構楽させてもらってね、親たち・・(笑)

広い芝生の広場だから、自転車道路の方にさえ行かなければ思う存分走り回らせることもできて、いい感じ。花さん、あっちへこっちへ走り回って、母ちゃんの思惑通り午後7時半撃沈。

あぁ、こうやって育児仲間がいると昼寝なしの1日も短い・・・。

あ~でもない、こ~でもないとダラダラおしゃべりして今思えば、初対面のLiaさんにとってかなりきわどいレベルのお話しをしたかと思われますが、どんびきされてませんかね?母ちゃん?

そんなこんなで楽しい時間はあっという間にすぎ、それぞれはお家へ・・・最後にお別れにチューをそれぞれに・・・
e0012482_3344790.jpg

・・・って拓真、それ人形だしっ!(笑)
e0012482_3353976.jpg

花さんと母ちゃんはしばらく湖で白鳥をながめ、そして買ったばかりの赤ちゃん人形のサングラスをどこかで落とし!(16フランもしたのに・・・泣)、駅の売店でジュースを買って帰路についたのでした。

散々、遊んで帰ってきた日の夕飯はおそろしく手抜き。
朝おにぎりにして持っていったひじきの炊き込みご飯の残りと、冷奴、豚肉とキャベツの炒め物・・・・。

ホントに、父ちゃんありがとう。帰りにビール買ってきてくれたあなたに、今日の昼食時のビールの写真は見せられないわ・・・(笑)
[PR]



by meiz-bik | 2006-06-17 03:41 | お出かけ

思ふこと・・

スイス・チューリッヒ中央駅に、まぁ、夏になればいっくら観光資源の乏しいチューリッヒとはいえ、それなりに観光客は増えるんですけど、今年はワールドカップ関係の旅行者の姿も目立つようになってきました。

昨日はやたらに韓国人サポーターの姿を見ました。

あぁ、これから電車乗ってドイツまで行くんですね・・・みたいな。

いいな、韓国。勝ったね。

母ちゃんは勤める某デパート地下の従業員(多国籍)から、

「日本は大変だね~」

と同情されました。

「あと2戦、両方勝ったらいいんでしょっ!」

などと強がってみましたが、実はそんなこととっても難しいことくらい承知しております。

しかし、ワールドカップにおいては母ちゃん毎回にわかファンになるんですけどね、毎回思うことが、ハングリー精神だなぁ・・と。

日本はね、その点でダメ。

オウンゴールして帰国しようもんなら熱狂的ファンに銃殺されるようなお国柄の人はですね、それはそれは必死なんですわ。
サッカーで名をあげようもんなら、一生遊んで暮らせるだけのお金が手に入るとかね。
報奨金が出る国とかね。

日本はですね、負けて帰っても

「それはそれでよくやった。頑張った」

みたいな感じでメディアも酷評することなく暖かくみんな迎えてあげるんだよね。こちらの人達はそりゃ手厳しいですから、醜いプレーをした選手にタマゴとか投げつけちゃうこともあるらしいですよ。

・・・・なんて、母ちゃんなりのW杯コメント。え?イケメン探しに夢中になってるにわかファンに偉そうなことを言われたくない?と・・・・失礼いたしました。


さて、昨日母ちゃん仕事。
ちょっと愚痴らせて。

母ちゃん8時から出勤。デパートは9時オープンなんで、それに間に合うように7時からと8時から出勤の2人で持ち帰り用の寿司を作ることになってます。

・・・・な~んで、8時出勤の母ちゃんより後ろに7時出勤のはずの人が歩いてるの?

いえね、言わずと知れた母ちゃんもこのブログで何度か愚痴った19歳若者ですけどね。
母ちゃんがもうそろそろデパートの従業員入り口に近づいてきたころ、太陽はこの場合母ちゃんの背中から照ってるんでね、母ちゃん歩いてると自分の前に影が出来てるわけですよ。
で、歩いてる途中からふと自分の影に重なる背の高い、ポニーテールの影が見えましてね、

・・・・ありえない。なんで、キミがいま、ここにいるのだ?

まあね、本人も2番目出勤が母ちゃんだって知って、

「しまったなぁ~」

って思ったことでしょうよ。だって、母ちゃん書きますから(笑)

「今朝ね、すごく気分が悪くて・・・」

ってえらいしんどそうな顔して駆けてきましたけど、母ちゃん信じちゃいないよ。ど~せ、前の晩サッカーでも見ながら飲んだんでしょうよ。

でもですね、そっからの彼は・・・・早かったよ。

普段ならチンタラ作る持ち帰りの寿司も普通どおりに普通の時間に終了してましたから。

・・・・やれば出来るじゃん。やれよっ!

まぁ、病欠あっさりするこっちの人に比べら、それでも出勤してくるだけマシなんかな~と思ってあげないと可哀相ですかねぇ。

と、愚痴でした。
[PR]



by meiz-bik | 2006-06-15 13:57 | スイスのこと

ゆるゆると・・・日々あれこれ。
by meiz-bik
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧