kosodate.ch

<   2006年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧




お誕生日おめでとう、花

Happy 3rd Birthday, Hana!!!


皆さん、花の誕生日によせて温かいコメントありがとうございました。

無事に8月30日、花は3歳の誕生日を迎えることができました。
今まで、

「花、何歳?」

と聞くと、

「ことしさんさい」

と答えていたので、これからはせめて

「らいねんよんさい」

って言ってほしいですね(笑)

お誕生日当日は母ちゃんと父ちゃんで前日の夜、花が寝てから膨らませた風船いっぱいのお部屋に起きてきた花さん。
一瞬、何事?と戸惑った様子でしたが、いっぱいの風船をチェックしておりました。

母ちゃん、父ちゃんから「お誕生日おめでとう」と声をかけてもらって、さっそく花のテーブルの上に置いたプレゼントを見つけ、

「あけてもいい?」

と次々にあけていく彼女。大きいのからあけていってましたね~(笑)
一番大きいのは日本のばあばから送られてきたシンデレラの枕。
子供の枕だから・・と思っていたら、なんとこれ、低反発枕!実はちょっぴり母ちゃんが欲しかったりして(笑)シンデレラ柄はいらんけど・・。
長い間待っていたもんね、とってもうれしそうにしてました。

次は母ちゃんのお友達からいただいたピンクのパジャマ。ただいま、パー子の季節真っ只中の彼女としてはピンク以外の色は存在しないかのような感じなので、ピンクのパジャマとても気に入ったようすでした。早速その晩着てましたし。

母ちゃんと父ちゃんからは今年はバレエ教室のレッスンをプレゼントしました。
体の動きが自由になって以来、音楽にあわせて踊るのが好きな彼女。
最近、どこで覚えてきたのか、
「バレエ習いたい」
と言い出したので、実は先週体験レッスンを済ませてきました。
実際行ってみてとても気に入った様子だったので、そのまま入会を決め、バレエデビューです。
で、レッスンに必要なレオタードとシューズもプレゼントとしてあげました。
早速、新しいレオタードを着てみたがった花さん、着てみるともう気分はリトルダンサー。
その辺踊りまくってました。(ええ、朝なのでアイパッチつけてますけど・・)
e0012482_14372051.jpg

e0012482_1438263.jpg

そんなこんなでなんだかよく分かってないだろうけど、今まで自分が欲しいといっていたものをたくさんプレゼントされた朝、とても気分よく朝ごはんを食べてこの日は保育園でもお祝いをしてくれる予定だったので休みを取っていた父ちゃんと母ちゃんと保育園にいきました。

お祝いしてくれる・・・ってケーキは誕生日の子が持参なんですけどね。
そんな保育園に持参するケーキ。
子供(特にスイスの子供)がみんな好きであろうと思われるチョコレートケーキ。
スポンジもチョコ。クリームにもチョコ・・とダブルチョコレート。
こんな感じ。
e0012482_14383690.jpg

案の定、子供たちはチョコレートパラダイスで気に入ってくれたようで母ちゃんの思惑大成功。
保育園では午後のお昼寝のあと、こんな風にお祝いしてくれたようです。
母ちゃんのデジカメ置いていったんですけど・・・写真はあんま上手じゃないよね(笑)
e0012482_14391499.jpg

e0012482_14395825.jpg


母ちゃんと父ちゃんは花を保育園に置いてから今週末にするお誕生日会のための買出し。その後、近所のレストランに行ってランチしました。
いちお、父ちゃんと母ちゃんも父と母になって3度目の記念日なんで軽くお祝い。お互い、「お疲れさん。これからも頑張ろうね~」なんていいながら・・・ワイン昼から半リットル。

花さんが帰ってくるまえに義理両親とのディナーで食べるケーキを仕上げて準備オッケー。
e0012482_14405416.jpg

で、ここで義理両親登場。
全国100万人(ウソ)の鬼嫁ファンの方、お待たせいたしました(笑)

かれこれ1ヶ月以上も前から待機しておりました、義理両親からの花への誕生日プレゼントです。もう聞いたときから書きたくてしょうがなかったの、母ちゃん。
じゃん。
e0012482_1441301.jpg


プリンセスのお城バージョン・・・・・レゴブロックかよっ!

いや~参った。以前、保育園の面談のあと先生に「レゴではあんまり遊ばないわね~」って言われて、それ伝えたつもりだったんですけどね。
うちにはすでにレゴ・・・・てんこ盛りあるんですけど・・・辛い。何が辛いってレゴの片付け。これ床に転がって夜中に間違って踏んだりすると痛いんだ。

まぁね、でもお城バージョンなんでちょっとしたドールハウスみたいな感じで遊んでくれるかな・・・と付属のプリンセスとプリンス見てみると・・

げっ!なんじゃこりゃ~っ!

・・・・なんでしょうかねぇ?これレゴ開発部員の方、なんか美的感覚に問題あるんでしょうか?
それとも母ちゃんの美意識に問題あるの?
どうなの?と疑問を投げかけてみる。

じゃん。
e0012482_14422478.jpg

プリンスの方もどうだっ!
e0012482_1443177.jpg

あえて言いませんけどね、どうなんでしょう?コレって?

あ、ちなみにねこのレゴ120フラン。父ちゃん誕生日にもらったの50フラン。(爆)
これもどうなんでしょう?

そんなこんなの誕生日。他にも花のひいおばあちゃんやおばさんからもプレゼントが届いて、このブログにも母ちゃんのメールにもおめでとうのメッセージが届いて、ホントに改めて花は幸せな子だな~と思います。レゴについて母ちゃんがどう思ってるか・・なんて本人関係ないしね(笑)

というわけで育児はまだまだ続く・・・プレゼントネタ・・次はクリスマスをお楽しみに♪
e0012482_14495566.jpg

[PR]



by meiz-bik | 2006-08-31 14:50 | 育児

今日まで2歳!

昨日、シフトの関係で普段は火曜日・水曜日のみ働いてる母ちゃん、めっずらしく月曜日の午後から仕事入ったんですけど、そしたらいきなり時差ぼけしてます。
今日、火曜日なのにすでに水曜日な感覚。いかん、いかん・・・。

さて、花さん。
いよいよ明日30日に彼女は3歳の誕生日を迎えます。
今日まで2歳児。

本人は分かってるのだか、わかってないのだか。イマイチよ~わからんのですが、それでも

「お誕生日になったら風船ふくらませてな~」

とか言ってくるあたり、認識してるのか?とかちょっと思ったりして。

母ちゃん、昨日ちゃんと誕生日プレゼントをゲットしてきました。
日本のばあばから送ってきてくれているプレゼントも待機中です。
さらに、明日の夕飯には義理両親をお迎えしてのちょっとしたディナー。彼らからのプレゼントもかれこれ1ヶ月以上待機中。いや、これもまたネタになりそうな予感♪(笑)

3歳・・・想像していたよりはまだまだ手がかかるんですけど、それでも自分でトイレに行けるようになって、ご飯をこぼさずに食べられるようになり、コップから飲むお水もこぼす確立が少なくなって、パジャマのボタンだって留められて、文字にも興味を示すようになって、足こぎ自転車だって上手に坂道を下るようになって、思っていたよりも早いスピードで成長していく彼女。
母ちゃんも母ちゃんさせてもらって丸3年ですけど、果たして彼女ほど成長しているのか?(笑)

0歳~1歳、とにかく何も訳わからん状態で無我夢中で赤ちゃんのお世話してきました。
花が7ヶ月になったときに妙な社会からの疎外感を感じ、「花ちゃんのママ」「父ちゃんの奥さん」というだけのステータスから抜け出したくて、仕事を始めた母ちゃん。
それはそれで、自分に対する評価がきちんと与えられて忙しいけれど自分なりに心のバランスが取れているような気がする。
それでも激しく成長する1年目、色んなことをを母ちゃんより先に父ちゃんや保育園の先生が見て、ちょっぴり「これでいいのか?」と葛藤してみたり。
1歳~2歳、なんとか生活のリズムも整い色んなことがルーティーンで回りだした。
でも、忙しすぎてちょっぴり心に余裕がなかった気もする。色んなことでイライラしてる自分がいました。
すでに保育園に行くことは慣れていて、朝送っていったときに泣くことはほとんどなくなったんだけれど、それでもたまに虫の居所が悪いのか、ぐずるときもあってそんなときはまたまた「これでいいのか?」なんて母ちゃんの中で激しく葛藤。
2歳~3歳、とにかく言葉で自分の思っていることを伝えられるようになり、色々語録を作ってくれた彼女。日々楽しいけれども、それにともなって社会の中でのルールみたいなもののいわゆるしつけも必要になってきた。泣いてる顔をみるのが悲しくて母ちゃん泣きながら怒ったりもしてました。
もうすぐ4年目に突入。母ちゃんの育児、いったい路線はどの辺で?
まだまだ試行錯誤の育児。花の成長ほど母ちゃんは成長してないみたいです(笑)

さて、これから花さんが明日保育園に持っていくケーキでも焼きます。
みなさん、よい1日をお過ごしください。
[PR]



by meiz-bik | 2006-08-29 12:58 | 育児

サンデーランチにあの人がっ!

土曜日は母ちゃん仕事だったんですけどね。
サービスしてるときに、スペイン語を母国語とする女性とスイス人男性のカップルってお客さんが来まして、

「何か飲み物は?」

という母ちゃんの問いに、女性が

「お茶にしようかしら~。あ、お茶はタダでついてるの?」

って聞いてきて、母ちゃん的にはスイスじゃそんな質問ありえんから、

「えっ?」

って聞き返したんです。日本じゃお茶やお水はサービスですけど、スイスじゃ飲み物タダじゃないからね。水道水以外。しかも、レストランで飲み物頼まない人って相当ケチな感じがするんで。

でも、その女性は「えっ?」って聞き返した母ちゃんが気に入らなかったみたいで、あとでかなり大っぴらに、母ちゃんにも聞こえる程度の声量で隣の男性に、

「彼女、ドイツ語話さないのね~」

・・・・って。
いやね、母ちゃんのドイツ語ってそりゃ相当なんちゃって度高いですよ。
それは自分でも認識してますしね。
「話せる?」って聞かれたら「いいえ」って即答しちゃう程度ですよ。

でもね・・・

あんたにゃ言われたかね~よっ!

って思うほど、その女性のドイツ語も大したことなかったのですが・・・なんともしっくりこない土曜日勤務日。すんません、愚痴でした。

さて、そんな土曜日の勤務をこなした翌日曜日、
ブロガー仲間のakiさんが我が家に遊びにきてくれました。

彼女の夢あふれる新居とは違い、きたな~い、せま~いの我が家ですが、遠いところakiちゃんご夫婦、それに愛娘のオリビアちゃん。そして愛犬ゆうた君まで家族総出でお越しいただきました。

呼びつけた(笑)わりには、前日仕事だったんで大したメニューでもなく、この日は寒かったんで日本風の鍋物。
材料切るだけだし、ホントに簡単。でも、カセットコンロ(日本から輸入)があるだけで、おもてなしっぽくなっちゃうところが素敵♪(笑)

akiちゃんの愛娘オリビアちゃんは6ヶ月になろうというところで、まだまだお昼寝も必要だし、お腹もちょこちょこ空く月齢で、ときどききぃ~きぃ~怪獣に変身していたけれども、それでも先月会ったときより確実に成長していて、色んなことに反応をしめし、笑ってくれたり楽しそうに手をブンブン振ったりしてくれて、子供の成長ってホント早いなぁ・・とまた改めて気付かされた感じ。
e0012482_2562561.jpg

実は、我が家にとって初めての犬のお客様、ゆうた。
ラブラドール雑種の我が家のクロとダックスフンドのゆうたではサイズが違いすぎるので、最初の方こそお互い緊張していたけれど、そのうち距離をとりつつもお互いを刺激しないようにおとなしく時間を過ごしてくれました。
e0012482_2565681.jpg

でも、何気にゆうたがクロの骨を横取りしたり、さすがの年の功ぶりを発揮してくれてましたけど。(ゆうた7歳、クロ4歳)

この日、母ちゃんが唯一作ったもの、それは大福餅。
たしか、akiちゃんのブログでakiちゃんの実家のお母さんが持ってきた日本の和菓子を喧嘩して取り合うほど旦那さんがあんこ好きだったかなぁ・・・と思って作ってみました。
案の定、10個できた大福、akiちゃんの旦那さんは3個食べた時点で、遠慮してみんなに「どうぞ」とか言ってたけど、誰も食べない隙を狙って(笑)4個目行ってたくらいでしたから、よかったです。ホント。

そんなこんなで楽しい時間はすぎ、オリビアちゃんが相当いっぱいいっぱいになってきたので、お別れの時間。
akiちゃんのおかげで先々週の月曜日に母ちゃんを訪ねて寿司バーにこられた人も分かったし(楽天つながり、恐るべし。笑)、akiちゃんの旦那さんとうちの父ちゃん、

「え?あんたってそんなおしゃべりだった?」

って思うほど、なんだかしらんけど意気投合してたし。楽しい日曜日の午後でした。
また、近いうちに彼女の名前は登場するはず・・・(笑)

そんなまったりサンデー。昼から食べ過ぎて思わず夕飯パスした母ちゃんでした。

皆さんもよい1週間をお過ごしください。
e0012482_257191.jpg

[PR]



by meiz-bik | 2006-08-28 02:57 | ブロガー話し

またひとつ・・

アブに刺された母ちゃんの右手、回復までにしばらくかかりましたが、やっとここへきてかゆみも落ち着き、腫れもひいたようです。
今までよく家の中をブンブン飛んでいたのですが、刺されたことなんてなかったので油断していたのですが、刺されて以来、異常なまでにアブに反応する母ちゃんです。

さて、花さん。
ここ最近になって、自分でボタンを留めることができるようになりました。

今まで外すことはできていたけれど、どうしても留められなくて、わりと諦めのいい彼女。
できないとわかると、

「やって~」

とすぐに母ちゃんのところにやってきてた。

はい、で、ここでも「レッツ共感キャンペーン」ですよ。

難しいボタン留め、ここのところを共感しつつ、

「ボタン留めるのは難しいのよね~。母ちゃんも父ちゃんもいっぱい練習してできるようになったくらいだからね。」

と、言うだけ言って、やる気のない日はそのまま母ちゃんが手伝ってきてました。

そしたら今日、お風呂のあといつものように一番下のボタンは自分で留め、そのあとはまた手伝うのかな~・・と思っていたら、なんと2個目も自分で。

はい、ここでまた共感。

「できたね~♪嬉しいね~♪」

3歳児の気持ちに近づいてくださいよ、奥さん。三十路だろうが3歳児ですよっ!(笑)

そして、あれよあれよと言う間に一番上のところ以外の4つのボタンを自分で留めてしまいました。

またひとつ、自分でできることが増えました。
もうちょっと、もうちょっとゆっくりでいいんだけどなぁ・・・あっと言う間に赤ちゃんから子供になっちゃうんだね。

と、ちょっと嬉しかったり、寂しかったり・・・複雑な母ちゃんの気持ちでした。
e0012482_421392.jpg

[PR]



by meiz-bik | 2006-08-27 04:21 | 育児

アルザス旅行3日目~ストラスブール観光編~

さて、一旦お休みしましたが、引き続きアルザス旅行レポートです。

アルザス旅行3日目。
この日のお天気はびみょ~な感じでした。
前日から降ったり止んだりの雨でこの日も朝起きると曇り空。
ところどころに青空は見えていたけれども、雨雲らしき雲も点在していて・・と言った感じ。

一応、母ちゃんのでっかいカバンの中には花のレインコートと折りたたみの傘を入れてその日は出発しました。

泊まったストラスブールのホテルには駐車場がなかったので、一番ホテルから近い一般の駐車場に車を入れた母ちゃん一家。
地下の駐車場でね、一時間いくらって感じのパーキング。
が、実は母ちゃん内心ドキドキ。

「一晩停めたらいったい駐車料金いくらになるんだろう?」

って。
で、だめもとでホテルのお兄ちゃんに聞いてみた。関西のおばちゃん、母ちゃん。

「あのさぁ~ホテルの宿泊客に対して駐車料金の割引とかってないの?」

あぁ、やだね。おフランスまできて値切ってるよ・・(笑)

ま、結局そんなサービスはなく。お兄ちゃんに「屋外の駐車場なら土曜日、日曜日はタダだよ」と聞かされ、車を早々に地下駐車場から取り出し屋外の駐車場に停めなおしたとってもエコノミーな母ちゃん一家(笑)

ストラスブールに行かれる方、土曜日、日曜日は屋外の駐車場タダなんですってよっ!

というわけで、ついでに車を大聖堂付近からプティフランス(ストラスブールの中の中世の町並みがよく保存されている地区)付近に移動して、そこでまたまた朝ごはん。

もちろん、バゲットとカフェオレ。
町中のカフェだったのですが、いわゆる「モーニングセット」が設定されてまして。「グランデ」「ノーマル」「プティ」(大・中・小)の3つのサイズから選べます。
母ちゃんたちはノーマルとグランデを1つずつにして親子3人で仲良く♪・・・・

・・・・っていうか、グランデにしかついてこない1個のクロワッサンをめぐって熾烈な争いが繰り広げられましたけどね(爆)
e0012482_14415971.jpg

でも、クロワッサンじゃなくてもバゲットも美味しかったです。最後の方はあごが疲れましたけど。

朝食を食べた後はプティフランス地区をしばし散策。
日曜日だったので閉まってるお店が多かったのですが、ここにも可愛いお店がいっぱい。
「今、特に必要なわけではないけれど、家にあったらとても可愛いだろうおフランスな香りいっぱいな小物たち」
そんなものがゴロゴロ売ってるお店はウィンドーを眺めるだけでも楽しい。

逆に日曜日でお店が閉まっていてよかったかも・・・(笑)
e0012482_1443529.jpg

e0012482_1446368.jpg

e0012482_14463581.jpg

プティフランスは木組みやこの地方独特の様式の家が並ぶ地区で、運河沿いのこの地区はもともと水を必要とする粉屋や革なめし職人、漁師などが多く暮らしていたとか。

プティフランス散策の後は大聖堂の方に戻って運河をクルーズする船に乗ってみました。
所要時間約1時間。
運河から眺めるこの古い町並みもまた素敵でした。船内にはフランス語はもちろん、英語、ドイツ語、オランダ語、スペイン語、イタリア語・・などの言語で聞ける説明のヘッドセットも用意されてました。日本語は残念ながらなかったのですが・・。

船から下りるとそろそろランチの時間。
ブラブラと再びプティフランス地区に戻りながらお昼ご飯を食べるレストランをまた母ちゃんの勘を頼りに探します。
この日のメニューはアルザス名物、Flammekueche。
e0012482_14473595.jpg

薄いイーストが入っていないピザの生地のようなものにクリームを塗りオーブンで焼いたもの。
ピザのような感覚でいただきます。
オリジナルはこのクリームとベーコンといったものらしいですが、母ちゃんたちはさらにそれにチーズがのったものをいただきました。
うす~い生地なのでいくらでも食べられそうな感じで危険、危険(笑)

お昼ごはんのあとはお土産用にクグロフを買い、さらに晩御飯に食べようと思い同じパン屋でまたまたバゲット、それに花のおやつを買い込んでストラスブールを後にしました。

半日の観光ではまだまだ見学できていないストラスブール。来年にはチューリッヒからTGVがバーゼルを経由して伸びるそうなのでまたいつか行ってみたいと思います。
ちなみに、クリスマス時期に開かれるストラスブールのクリスマスマーケットはかなり有名です。

それでは長くお付き合いいただきましてありがとうございました。
アルザス旅行レポート終了します。
最後は父ちゃんのおニューのカメラで撮ったアルザス旅行、フォトコレクション。
「僕の写真も載せて~」と自分で編集してましたからっ!(笑)
e0012482_14115845.jpg

e0012482_14145281.jpg

e0012482_14152443.jpg

e0012482_14573086.jpg

e0012482_1458919.jpg

e0012482_14582943.jpg

[PR]



by meiz-bik | 2006-08-24 14:59 | お出かけ

アルザス旅行続き・・・かと思ったら鬼嫁話です

旅行の話しはまだ続くのですが、本日母ちゃんお仕事デーのため落ち着いて更新できませんからまた明日以降、ストラスブール編をお届けします・・・。

今日は旅行の話しをちょっと一休みして・・・・

鬼嫁話(笑)

月曜日の夕方、花と近所の公園に出かけたときに突然、アブみたいな虫に襲われた母ちゃん。
いっきに2箇所も刺されました。
刺されたところはみるみるうちに腫れていき、月曜日の夜はヒリヒリ、チクチク。
火曜日の朝方になるとそれはかゆみを伴ってますます腫れて、現在水曜日朝。

右手、グローブみたいな手になってますからっ!(笑)

で、その刺された月曜日夜。週末旅行のために犬を預かっていてくれた義理両親が犬を連れて帰ってきてくれたのですが、その虫に襲われた話しをしてるときに義理母、

「あぁ~でも花が刺されたんじゃなくてよかったわよね~」

・・・・・って。
ええ、ワタクシも心からそう思いますけどね。
こんな痛くてかゆいの、花みたいに小さい子だったらど~にもならんだろうしね。
ホントに花が刺されたんじゃなくてよかったとマジメにそう思います。

・・・・・が、

な~んか、義理母にそう言われるとめちゃくちゃ腹が立つのはなぜでしょう?(爆)
[PR]



by meiz-bik | 2006-08-23 12:49 | 鬼嫁話

アルザス旅行2日目

アルザス旅行2日目は夜中に花さんが強制開催してくれたパジャマパーティーのおかげで、若干遅めのスタートでした。
e0012482_1318455.jpg

今回泊まったお宿はTURCKHEIM(チュルクハイム)の街中ホテル。
ふる~い建物を改造したなんとも趣きのあるお部屋でした。

こちらのホテルでは朝食は提供してるけれどもおひとり様12ユーロ。
朝からそんなに食べられない母ちゃん、バッフェ負けしてしまうので今回はホテルでの朝食はつけませんでした。
その代わり、町のカフェでクロワッサンとカフェオレの朝食。
フランスといえば、バゲットとクロワッサン♪
こちらで食べたクロワッサンも花の顔くらいの大きさがあって、外側パリパリの中がしっとり。若干塩味が聞いててとても母ちゃん好みのお味でした。
e0012482_13192237.jpg

お店にはもちろん、アルザス名物Kugelhopf(クグロフ)も売ってます。クグロフも初めて食べたけれどもっとパサパサ重い生地かとおもってたけど、意外にもバターたっぷりの柔らかい美味しいお菓子でした。こんな大きいのは食べれないけどさ。

さらに街中のパン屋さんで焼きたてのバゲットを買い、ハムとチーズも購入。本日のランチ用。
バゲットもおいしゅうごさいました。ビバ!フランス食文化!

昼食用のパンをゲットした後は、再び車に乗ってTURCKHEIMの町を後にします。
ここから
e0012482_13205392.jpg

ワイン街道を北上し、

e0012482_13215323.jpg

見渡す限りのブドウ畑を通り、

e0012482_1323339.jpg

こんな町々を通り抜け、

e0012482_13245291.jpg

Le Haut-Koenigsbourg(オー・クーニグスブール城)に到着。


南北に走る小麦とワインの街道、東西に走る塩と銀の街道の交差点にあたる地理的条件を持つこのお城は12世紀にはすでに歴史の記述に登場してます。
そんな古いお城に・・・

「プリンセスを探しに」
e0012482_1326025.jpg

この人がやってきた(笑)

e0012482_14105698.jpg

「お城を見に行こう」というと、「シンデレラおるかなぁ?」と花さん。城中くまなく探しましたが、もちろんシンデレラがいるはずもなく、「王子様とどっかおでかけしてたんとちゃうかなぁ?」ということに(笑)

そしてここでバゲットサンドイッチのランチ。ちゃんとピクニックエリアもあったのでそこでは持参したワインやらチーズやらフルーツを食べてるカップルとかもいました。お洒落♪次回は是非うちも♪

お城を見た後はさらにまたワイン街道を北上していき、再び色んな町を通り過ぎ、
e0012482_14122636.jpg

OBERNAI(オベルネ)でしばし散策。
e0012482_14133034.jpg

e0012482_14145478.jpg

ここでもちょうどお茶の時間ぐらいに到着。フランス来たからクレープ食べたいぞぉ~と思った母ちゃん、残念ながらクレープにはちょいと暑すぎたのでアイスクリームのおやつ。
花さんも「いちごのソフトクリーム」を堪能♪
e0012482_1417477.jpg

このオベルネは2つの県に分かれるアルザス地方でもすでにBas-Rhin(バーラン)県に入ったところで、「花の町」と標識がでていました。
その標識の通り、町中花が飾ってあって可愛かったです。

ちょうど町の中心の広場では夏の間中週末にコンサートが行われていたようで、母ちゃん一家が訪れた日の夜にはレゲエコンサートが開催される予定だったみたいで、そのリハーサルが行われてました。
e0012482_14221477.jpg

e0012482_14261733.jpg

この町もどこの角を曲がっても可愛い建物がいっぱいあって、父ちゃんおニューのカメラ大忙し(笑)

ひとしきり町を散策した後は本日の宿泊地、STRASSBOURG(ストラスブール)に向かうため、再び車に乗り込みました。
オベルネからはワイン街道をはずれ、高速にのってストラスブールまで一気に。30~40分くらいで到着しました。

ストラスブールのホテルは大聖堂のすぐ前。ここも古い建物を改造したあっちこっちに階段があるようなホテルでした。
ちょうど雨が降っていたのですが、夕飯をとるために外に出ると・・・
e0012482_14321131.jpg

大聖堂。

まさにゴシック建築代表で~すって感じの建物。毎回こんな建物見るたびに思うけど、すごいなぁ・・・と。1176年着工、1439年に完成となっているので約300年!建築にかかったということですか。
e0012482_14332326.jpg

中のステンドグラスも素敵でした。12~15世紀のステンドグラスなんだとか。

e0012482_14345063.jpg

高さ142メートルの尖塔は父ちゃんのカメラでも納まりません(笑)


中の見学はこの日もう閉まる時間だったのでほとんどできなかったのですが、ミサが行われる日曜日午前中以外は6時ごろまで中も見学できます。

さて、そろそろお腹もすいてきたので、晩御飯でも・・・とレストランを探します。
ガイドブックに「家族連れオススメ」と書かれていたレストランはことごとく午後7時からのオープンですでにお腹がすいて怪獣に変身しつつある花さん、待てません。
しょうがないので、母ちゃんの勘を頼りによさげなレストラン探し。

この日のメニューはアルザス地方の名物、Baeckoffe。
e0012482_143818100.jpg

お肉とジャガイモ、にんじんのシンプルな煮込み料理です。お肉からいいダシが出てシンプルだけれども美味しかったです。
もちろん、一緒にアルザスのワインも♪

今回の旅行で唯一の心残りは、ワイン街道にある町のいたるところで農家を訪ね、ワインを試飲したりセラーを見学したりできるところがあるのですが、今回車ということで全て前を通るだけ、アルコールは夕飯ぐらいでしか飲めなかったこと。
次回は1週間くらいでゆっくり来て、父ちゃんと母ちゃん日替わりでワイン試飲ってのもいいかな・・と。
e0012482_14412747.jpg

e0012482_14434164.jpg

夕飯のあと、町をぶらぶらしていると歩行者天国の道でこんな大道芸を披露しておられました。
なんとなく大道芸でさえおしゃれ~に見えてしまうのはまたまたフランスマジックでしょうか?(笑)
e0012482_14444596.jpg

花さん、真剣。


というわけで、まだまだ続きます。3日目~ストラスブール観光編へ~。
[PR]



by meiz-bik | 2006-08-22 14:45 | お出かけ

アルザス旅行1日目


先週金曜日の午後から2泊3日でお隣の国、フランスはアルザス地方(参考サイトアルザス)へ旅行してきました。


普段車のない生活をしてる我が家。
今回は父ちゃんが去年あたりに数回出張で出かけたときに貯まった飛行機のマイルをレンタカーの権利と交換しての旅行です。

チューリッヒ空港で車を借りる予定だったので、半日仕事した父ちゃんと昼前に空港で落ち合い、そこでお昼ご飯を食べたあといざ、出発。
もちろん、父ちゃんのおニューなカメラも一緒です♪

うちから高速を使って1時間ちょいほど走るとすでにバーゼル国境付近。
この国境手前がちょい混みだったけれど、そこをぬけるとすでにそこは、おフランス~☆

いきなり道路標識もフランス語表記になったりするのでちょっと戸惑う(笑)

旅の1日目はCOLMAR(コルマール)へ。
アルザス地方はその昔ドイツとの領有権争いを繰り返していたので、フランスにありながらとってもドイツちっくな、でもやっぱりおフランスなとても珍しい場所。
特に、このアルザス地方のワインは有名で「ワイン街道」と呼ばれる南北に走る街道は一面に広がるぶどう畑を見ながら、中世の雰囲気をそのまま残したかわいらしい村々を訪れることができます。

我が家もですね、「ワイン街道」と聞いて黙っちゃいられない酒飲み夫婦♪
やっぱりワイン街道走らなくちゃね~とアルザス旅行の出発点をコルマールに定め、それからSTRASSBOURG(ストラスブール)まで北上するルートを取りました。

まずは到着したコルマール。
お昼ごはんをチューリッヒで食べたあとちょうどおやつの時間くらいに到着。到着してすぐにカフェでお茶しました。
父ちゃん果敢にもフランス語でオーダーしてました。なんか普段ドイツ語となんちゃって日本語喋ってるのしか聞いたことないから、フラ語喋ってるとなんだかとってもいい男に見えちゃうのはなぜ?(笑)

お茶の時間の後は軽く町を散策。アルザス地方には多い木組みの家が立ち並ぶ町はとってもヨーロッパらしくて素敵です。お店もスイスに比べるとなんだか洒落た感じがするのはおフランスマジックでしょうか?
プティバトーのショップもありまして、ここで花さんの下着を大人買い。スイスで買うよりお安いです。商品を入れてもらった紙袋も大事に持って帰ってきました(笑)

町をぶらぶら散策
e0012482_13553520.jpg

e0012482_1495681.jpg

e0012482_14103754.jpg

e0012482_14123825.jpg

e0012482_14265177.jpg


コルマールの町を散策したあとは再び車にのって30分ほど(実際は20分ほどかも・・迷ったからね。汗)走ったところにあるTURCKHEIM(チュルクハイム)という町に向かいました。
ここは1日目の宿泊地。
コルマールとは違ってこじんまりした小さな町ですが、石造りの大きな門をくぐった町の中心は中世の雰囲気そのままのかわいい町でした。

ホテルにチェックインした後、晩御飯のレストランを探すために少し町をブラブラ。
町全体がこんな雰囲気でとてもかわいい。
e0012482_1437209.jpg

このチュルクハイムの町は毎晩夜の10時から(冬場はもうちょっと早め?)、昔の恰好そのままの「夜回りおじさん」が出てきて、観光の目玉になっているのですが今回は花もいるということで残念ながらそのおじさんの姿を見ることはできませんでしたが、町中を徘徊してその後に観光客がついてまわる・・ということなので、行かれる方は是非どうぞ(笑)

イタリアもそうだけれど、ラテンな国は夕飯の時間に困ります。ディナーのオープンが夜7時~となってるレストランが多くて、子供連れにはちょいと辛いです。
だって、普段うちの晩御飯遅くて6時スタートですから。
アルザス地方のお料理もたくさんあるのですが、とりあえずこの日はふつ~のピザを食べて早々にホテルに引き上げました。

実はこの晩、寝たはずの花が夜中の2時に勝手に起き上がり、しかも自分でオムツを脱いでゴミ箱に捨て、パンツに履き替えスカートに着替えてた・・おまけに突然、某ハンバーグチェーン店のおまけについてたダンスミュージックがなるおもちゃをスタートさせて・・・まさにパジャマパーティーを開催してくれたんですけど・・・・何するか分かりませんねぇ、子供って。

というわけで、2日目に続く・・・。
[PR]



by meiz-bik | 2006-08-21 14:37 | お出かけ

レッツ共感♪

母ちゃん、実はここ最近

「子供に共感キャンペーン」

実施中です。

ここ最近読んだ本で立て続けに同じようなことが書いてあって、もうすでに子供のようなピュアな心を失いつつ・・・いや、失った母ちゃん、意識せんと子供に共感してあげることは難しく、かな~り自分にプレッシャーをかけてですね、

三十路が3歳児に共感しようとしてるんですよっ!

自然にこういうことが出来る人っていいなぁ~と今、心底思う。
そういう人はホントにママのお手本みたいな人なんだろうなぁ~。

でも、実際少し言い方を変えてみるだけで、花との無駄な争いを避けることができ、こちらも目尻にシワを増やしてカリカリ、イライラしなくてもいいということに気付きました。

もちろん、キーワードは「共感」。

あくまでも子供の言うことを否定せずに、共感してあげかつ子供が自分で選択できるような選択肢を与えてあげる。

この前もうちの花さん、ど~でもいい細かいことにこだわる傾向があるのですが、

自転車のハンドル。
これが突然、反対向いてると言ってきかなかったのです。道の真ん中で。

普段なら母ちゃん、

「もうっ!そんなことしてると置いていくよ~」

とスタスタ行ってしまうところですが、そして、ついついその時も行ってしまいそうだったのですが、

「共感、共感」

と心に念じて(笑)、

「そう?花にはそれが反対に見えるのね?反対だと乗りにくいだろうね。でも、お母さんには花が上手に運転してるように見えるんだけれど・・」

と言ってみました。
すると、いつもの台詞だと結局花は泣きながら追いかけてくるか、その場で動かなくなって結局母ちゃんイライラするか・・という結果なのですが、この日は花もしばらく母ちゃんの台詞を考えてから、

「花も!(上手に運転してると思う)」

と言いながら笑顔でまた再び走りだしました。

あぁ、こんなに簡単なことだったんですね。と目からうろこ。
その後、何度かそういう場面に遭遇し、そのたびに母ちゃんは

「レッツ共感♪」

と呪文を唱え、ただ今キャンペーン中。

楽じゃないけどね、三十路が3歳児に共感って・・・(笑)

本日午後より旅行に行ってきます~。次の更新は早くて日曜日の夜(スイス時間)となります。
皆様もよい週末をお過ごしください。
[PR]



by meiz-bik | 2006-08-18 14:37 | 育児

素敵な出会い・その2

火曜日、水曜日と今週に入って少しお天気回復傾向にあります、スイス・ここチューリッヒ近郊。
気温も25度とかまでいってくれ、朝晩の冷え込みも少しマシ。

「これよ、これ。スイスの夏はこ~じゃなきゃぁ~」

ってくらいの過ごしやすい気温です。いつまで続くのか・・・果たしてもう1回プールとか行こうって気になるんだか?

さっき、仕事帰りに花を迎えにいき、家まで歩いてるところでご近所の花と1週間くらいしか生まれた日が違わない女の子とそのお母さんに出会いました。
通り過ぎるときに「こんばんわ~」と挨拶したのですが、そのお母さん、わざわざ立ち止まって、振り返りながら、

「大丈夫?」

って聞いてきましたけど・・・・

なに?そんなに母ちゃん疲れた顔してるの?
と、帰ってすぐに鏡でチェックしてみた母ちゃんです。仕事帰りに焦ってたので化粧直しもせんかったから、眉毛落ちてたのか?とちょっと焦った。
眉毛はかろうじて(笑)あったものの、確かに目の下のクマ・・・疲れた顔してる三十路でございます。

さて、昨日火曜日はまたまた素敵な出会いがありました。母ちゃんの場合、勤務先をほぼ公表してるのと、花の顔出ししてるんで気付く人はいるでしょうね。ここ最近、続けて

「読んでますよ」

と言われてちょっと焦ったり・・・。また、こっそり寿司バーにきて母ちゃんチェックしていく人もいるみたいですね。(笑)
こっそりはやめましょうよね。母ちゃん時々眉毛半分ないまま仕事してたりしますから。そんなブロガーのオフの顔を見に「こっそり」はダメですよ~(笑)

で、昨日の素敵な出会いはこのブログに時々遊びにきてくれるアメリカはボストンからの女の子。
たまたまスイスのことを調べていてこのブログが検索結果にひっかかってそれ以来よく遊びにきてはコメント残してくださる、@y@さん。
アメリカからスイスのお友達を訪ねて旅行にいらっしゃって、その足で母ちゃんが勤める寿司バーに遊びにきてくれました。

彼女、

「いつも面白いこと書いてますね~」

と一言。

いや・・あの・・・ここ育児ブログだから(爆)

22歳の学生さん。母ちゃんとは軽く一世代違いますが(笑)、初めて会った気のしないとっても素敵なお嬢さんでした。
母ちゃんが仕事終わるのを待って、スイス人お友達の家に滞在している彼女、毎日晩御飯が

「シリアルなんです~」

と嘆いていたので、母ちゃんと2人でスイス料理を食べにいきました。めっちゃくちゃベタなスイス料理。チーズフォンデュじゃないけど。
そうそう、スイス人ってば晩御飯を軽く済ませる人種なんで、晩御飯にシリアルってありなんですよ。アメリカからのお客さんだろうが、そんなことおかまいなし。特別なことがない限り、シリアルもあり。(笑)

そんな素敵な出会い、このブログを通してだけれどもどんどん人の輪が広がっていって、とてもありがたく思っております。母ちゃん、基本寂しがり屋だし(爆)

ところで、月曜日に寿司バーに母ちゃん訪ねていらっしゃった方・・・どなたでしょう?(笑)
[PR]



by meiz-bik | 2006-08-17 03:35

ゆるゆると・・・日々あれこれ。
by meiz-bik
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧