kosodate.ch

<   2011年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧




アドヴェント、はじまり

e0012482_2320161.jpg

日曜日は第一アドヴェントでした。
これからクリスマスまでの4週間、一本ずつキャンドルに火を灯していきます。

同じ日曜日はクリスマス前の日曜ショッピングデー。
普段は日曜日はお休みのチューリッヒのお店がオープンして、クリスマスショッピングの賑わいを見せてました。

恒例のサンタトラムもこの日から。
e0012482_2320239.jpg


夕方からはサンタパレードも始まり、例年に比べたら規模が縮小されたような気がするのは不景気なのでしょうか?
e0012482_2320377.jpg

e0012482_2320412.jpg


歌うクリスマスツリーも。
e0012482_2320519.jpg

今年は少し暖かいから、歌っている人達も楽かな?

チューリッヒの街中のイルミネーションが新しくなって今年で2年目。
個人的にはもう少し華やかでもいいような気がするけど、クリスマスムード入りましたね。
e0012482_2320563.jpg

[PR]



by meiz-bik | 2011-11-28 23:11 | スイスのこと

美味しいものを食べる会

週末はお友達家族との恒例、「美味しいものを食べる会」。
今回は母ちゃんが作り手の番。

毎回、毎回、一流レストランのシェフばりにおもてなししてくれるお友達の旦那様を相手に段々レベルアップを強要されてるようで、マジ、緊張するんですが(笑)、

ワタクシはワタクシのできる範囲で。

ええ、所詮酒飲みなのでコースメニューというよりも居酒屋スタイルで。

なんなら、たこ焼き焼きますが?(笑)

今回は秋に行ったバルセロナの余韻に浸るべく、テーマはスペイン。
e0012482_4262695.jpg

イベリコ豚ちゃんから始まって、スペインのバルをイメージした数種類のタパスメニューとメインにど~んとパエリアを持ってきて、デザートはやっぱりカタルーナ風クリームブリュレ。

e0012482_4264873.jpg

マッシュルームのカヴァワイン蒸し

e0012482_4271977.jpg

Pan con Tomate
 
e0012482_428780.jpg

ピメントス・デ・パドロンは小さなシシトウみたいなピーマンを炒めて岩塩をかけただけのシンプルなタパ

e0012482_4284873.jpg

スペイン風クリームコロッケ。今回はハムを入れました

e0012482_4291583.jpg

メインのパエリア

e0012482_4295926.jpg

カタルーナ風クリームブリュレはデザート


他にもトルティーヤ出したけど、写真がきれいに撮れてなかった・・。
我がの料理の腕のレベルアップというよりも、パエリアのために鍋を買ったり、クリームブリュレするためにバーナー買ったり・・・どっちかっていうと用具に頼りすぎ(笑)

楽しい会話と美味しいお酒。
何を出しても「美味しい~」と完食してくれるお友達夫婦。
たくさん笑って、お腹いっぱいになった夜でした。
[PR]



by meiz-bik | 2011-11-27 04:17 | 美味しいものを食べる会

お誕生日

e0012482_18231350.jpg

30代最後の年になりました。
それほどめでたい感はないけれど、お誕生日っていうのはなんだか楽しいもの。

朝から張り切って自分のためのケーキを自分で(笑)焼きました。
デコレーションケーキなんて久しぶりだから、ぶっちゃけ見た目悪いけど、スポンジはいい感じに焼きあがってたんでお味に期待。

たくさんのメッセージやメール、FBでのコメントありがとうございました。
今年はなんだかいつも以上に「生きてる」感をありがたく思う年。

楽しい1年にしたいな、なるといいな。
[PR]



by meiz-bik | 2011-11-25 18:16

アドヴェント、すぐそこまで

e0012482_21514166.jpg

通常、母ちゃん自身のバースデーが終わってからじゃないと、自分の中でクリスマスモードにスイッチが入らないんですが、ここ数年は暦の関係で、11月末がすでにアドヴェント1週目な感じで、自分のバースデーはもちろんのこと(笑)、同時進行でアドヴェントのことも段取りする母ちゃんです。

今年も慌てて用意したアドヴェントのロウソク。作ったというのはおこがましい(笑)、「置いただけ」な手抜きですが、イチオ、準備完了。

出かけたショッピングセンターもすっかりクリスマスデコレーション。
大きなツリーって見てるだけでもワクワクしますね。

e0012482_23364046.jpg

[PR]



by meiz-bik | 2011-11-23 21:46 | スイスのこと

週末パリ旅行

土曜日は母ちゃんがつけてた歩数計によると、総歩行数33000歩、距離にして22キロ。
8歳児にはちと可哀想な気もするけれど、花さんは生まれてからずっとこんな感じが旅のスタイル。途中でチョコレート買ったり、ケーキ食べたりして騙し、だまし、ずっと文句も言わずに歩き続けてました(笑)

そして日曜日。

夕方のフライトだったので、午前の一番の時間にエッフェル塔のエレベーターを予約しておき、まず向かったのはエッフェル塔です。
e0012482_0282578.jpg

時間より少し早めに到着したので、エッフェル塔近くのカフェで朝ごはんをいただき、その後エレベーターの列に並びました。

添乗員時代から数えてなんどもエッフェル塔は見ていますが、実は上まであがったのは人生初♪
e0012482_0283964.jpg

上からパリの街を眺めるとやっぱり都会だな~って感動しますね。
e0012482_028513.jpg

東京タワーにこんなに胸はトキメくことはないけれど(笑)エッフェル塔にトキメいてしまうのはやっぱりおパリマジック?(笑)
e0012482_02947.jpg

エッフェル塔近くで売っていたクレープを買い食い。
e0012482_0292487.jpg

クレープとエッフェル塔とマドモワゼル(笑)、これぞパリみたいな!
e0012482_0293955.jpg

シャイヨー宮を抜けて、凱旋門までまた歩く(笑)
e0012482_0295336.jpg

シャンゼリゼ通りを歩かせても花さんの興味はやっぱり公園(笑)
e0012482_030465.jpg

クリスマスマーケットが立ち並んでいたのですが、週末のパリは暖かく、ホットワインって感じでもなかったのでスルー。

フランス革命の頃の歴史が好きで、コンコルド広場やバスティーユなんかはついつい8歳児相手に(笑)熱く語ってしまう母ちゃんですが、スイスの歴史はおろか、世界史なんて習ったことのない花さんにはなんのことだかさっぱり。

マドレーヌ寺院からメトロに乗り、オペラ座地区に戻ったのはランチのため。
土曜日の天ぷら定食に引き続き、やっぱりここはラーメンで。

週末のランチだったのですが、フランス人もちらほら見かけたのはやっぱりすごいな~って思いました。
でも、もう1回言うけど、

カレーライスはスプーンで食べようね(笑)←よっぽどワタクシの中で衝撃だったらしい。

ランチの後はオペラ座近くのカフェでデザート。

デパートも何も開いていないのに、この辺りに来たのには実はこっそり訳があって、ワタクシ、パリまで来たからにはど~しても生牡蠣を食べたくて、でも、花さんも食べないし、父ちゃんは苦手だし、どっかでバっくれてお一人様してやろうかと思ってたんですが、意外にも父ちゃんがついて来たがったんでレストランには一緒に。

ガルニエのバーで軽く生牡蠣いただきます♪
e0012482_0302053.jpg

ホントは2個ずつ、6種類の牡蠣が出てくるんだけれど、前歯の欠けた(笑)可愛いウエイターのお兄ちゃんに「ワタシだけなの、牡蠣を食べられるのって。なので半分のポーションでお願いできないかしら?」なんてダメもとで交渉したところ、快くオッケーしてくれて特別半分ポーションで。

食べる順番が決まってて、最後に手前の丸い感じの牡蠣を食べるとだんだんと濃厚になっていくのが分ります。今年のはちと小ぶりだったかな?でも美味しかった♪

あぁ、これでとりあえず食べたいものはほとんど食べたか・・・とゆっくりホテルに戻り荷物を受け取った後、空港に向かいました。

いつもならスーパーで食材を買い込むところでしたが、今回は時間なし。
そのためにでっかいスーツケース2個で出かけたパリでしたが、ほとんど買い物もせず「食」に走った週末でした。

それと、今回パリで初の盗難事件。
ついた夜、駅からホテルまでスーツケースを転がしながら歩いていると前を歩いてた花さんのリュックが開いているのに気づいて途中で閉めたんですが、どうやらこの時に花さんのリュックの中に入っていたニンテンドーが紛失。

勝手にリュックのファスナーが開くことはないので、誰かが開けたとしか考えられず、花さんにはショックだったかもしれませんが、こういうこともあるといういい経験になったのかも。

それにしても、

子供のリュックからモノ盗るなんて、パリの治安って一体・・・・・とがっかり。

ファスナー付のバックをきっちり持ったり、iphoneなんかもコートのポケットではなく中のジーンズのポケットにしまうようにしたり、カフェや地下鉄に乗るときも気をつけるワタクシですが、まさか子供のリュックからなんて盲点。

もぉ~っ!なんて気持ちはあるにしてもやっぱりまた出かけていきたくなるのは・・・やっぱりおパリマジックですかね?(笑)
[PR]



by meiz-bik | 2011-11-22 12:00 | 旅行

週末パリ旅行

たまたま、ホントに他意はなく、自分のマイレージ口座にマイルがちゃんと反映されてるかな~なんてチェックしたトップページで、ちょうど特典旅行のマイル割引キャンペーンをやっているのを知ってしまったのが木曜日の朝、その日の夕方父ちゃんに「キャンペーンやってるんだって」なんて教えてあげたら、私が夜のZUMBAのレッスンに出かけている間に、

金曜日夕方の便が予約されてました(笑)

今年は父ちゃんの出張が多くて、おかげさまでがっつり貯まっていたマイル。家族3人分のチケットを取った上に、別のマイレージプログラムのマイルを使ってパリのホテルも予約して、急遽出かけることになった週末パリ旅行でした。

それにしたって、急すぎだろっ!みたいな(笑)

あまりにも急だったので、リサーチもなにもあったもんじゃなかったんですが、とりあえず食べたものと見たもののキロク。ご興味ある方だけ続きでどうぞ♪

パリ旅行続き
[PR]



by meiz-bik | 2011-11-21 18:25 | 旅行

突然のパリ

e0012482_5385333.jpg

急遽、先週木曜日に決まった週末のパリ旅行。
2年ぶりのパリ、家族で楽しんでます。
時間が足りな~い(笑)

日曜日夜にはスイスに戻ります。
詳しい旅行記は後日、改めて。
[PR]



by meiz-bik | 2011-11-20 05:36 | 旅行

来年こそは・・

e0012482_03603.jpg

先日、クリスマスプロジェクトとしてクロスステッチを始めた話しを書きましたが、小さな作品なのでチョコチョコとやってるうちに本日完成しました。
文字も入れようと思っているのですが、それはフレームを買ってきてからバランスを見て(余力があれば。笑)やろうかと思ってます。

今年は「丁寧に」生活したいなぁ~と思って、なるべく普段の仕事以外にパンを焼いたり、お菓子を作ってみたりとやりたかったのですが、現実は仕事を始めて以来、何かとバタバタ。

でも、なにかしらやるコトが目の前にある方が性にはあってるみたいです。
だいたいこんな大雑把なワタクシが「丁寧」とは畏れ多い(笑)

と言うわけで、年末に近づき年頭の誓い撤回(笑)

来年こそはもうちょっと時間に余裕のある生活を送りたいですね。
[PR]



by meiz-bik | 2011-11-17 00:26 | ハンドメイド

さつまいもパウンドケーキ

e0012482_1331640.jpg

そろそろ甘いものを欲するウィークがやってきました。

日本から密輸(笑)してきたサツマイモもそろそろギリ。というわけで、本日はサツマイモのパウンドケーキ。

ズルしてホットケーキミックス使ったけど、オーブンから漂う甘い香りはいい感じ♪

秋(スイスは冬ですが。笑)の味覚、いただきます♪
[PR]



by meiz-bik | 2011-11-15 01:28 | 料理嫌いな女のクッキング

スイス的お誕生日パーティー

昨夜は義母の65歳の「スイス的お誕生日会」でした。

60歳とか、65歳とか、70歳とか・・・キリのいい○0歳とか、○5歳とかの年に盛大なパーティーをすることが多いスイス人。

お誕生日の人のおごりで(笑)

その他にも毎年の誕生日には誕生日を迎える本人が職場や学校にケーキやパンを持っていくことはここでも散々「理解できん」と愚痴っているスイス的習慣のひとつです。

義母は5年前に60歳のお誕生日会を盛大にやり、この65歳のお誕生日会も「絶対にやる!」と3年も前から(笑)宣言しておりましたが、今回はさすがにケータリングの手配で下手することはなかったものの、結局、当日に会場に行ってみると、

余興のミュージシャンを手配したのみっ!

みたいな感じで(笑)

会場に入ってすぐのところに食前酒を振舞うテーブルを用意したものの、「誰がサーブするんですか?」な状態で、ケータリング会社の人がお食事を持ってきたものの、「えっと、どなたがパンを切るんですか?」の状態。飲み物にしたってたくさん用意してはいるものの、「さて、どうしましょう?」な状態。

イライラしたので結局、なんだかんだいいつつも40人程度の宴会は昔取った杵柄で添乗員時代のワタクシの血が騒ぎました(笑)
ええ、食前酒のサーブから、お食事、デザートのタイミングに余興のタイミングまでばっちり采配をふるいました。
(だらだら食べてるとどんどん帰る時間が遅くなるから・・・という理由もなきにしもあらず。笑)

もちろん、添乗員時代は国内添乗で宴会の場は幹事さんのお立場を立てることも忘れておりませんでしたので、この日は幹事さん、というより、「ムスコ」の立場で「いい息子さんをお持ちね~」と周りに言わせるために父ちゃんを立てることを忘れずに(笑)
すべて、ワタクシの采配でありながらいかにも父ちゃんが自主的に立って手伝ってるかのように見せることも怠りませんでした(笑)

なので、全て終わった後は「あれ?なんか国内添乗終わったときみたい」なんて思わずデジャヴ(笑)

義母が手配した余興のスイス民謡演奏チームには在17年の日本人女性もメンバーにいて、以前からお話は聞いていたものの、初めましての出会い。
その関係か、メンバーのうちギターとコントラバスを担当していたおじさんが、日本の曲を数曲知っていて、宴もたけなわの時間に、

「日本人と一緒に歌うのは初めて~♪」

とまさかのワタクシ指名っ!

ええ、40名近くのスイス人を前に「ひとりの小さな手」と「バラが咲いた」を歌わせていただきましたよ。日本語で(苦笑)

あんなスイスの田舎でまさかのマイク真木(笑)

義理両親の前ではそんなキャラじゃないのに、ワタクシ(笑)

添乗員時代は国内添乗の宴会で少しエロ気味の(笑)社長さん達なんかとデュエットをさせられたこともあるワタクシですから、まぁ、これも「昔取った杵柄」ってとこで(爆)

ホントに終わった後は仕事した後みたいでした。

そんなこんなで、スイスドイツ語あふれる環境に身をおくこと約4時間。これだって、中座して帰ってきたんで、その後パーティーは何時まで続いたのかはワタクシの知るところではありません(笑)

ものすご~く働いた気がするんですが、ここまでやっても、

ヨメの株ってのは一向に上がらないわけですね。ええ、ええ、分ってますともっ!(笑)

義母のために特注した高橋さんとこのバースデーケーキ。
殺人的に甘い、チョコムースやベイリーズムース、栗のケーキにチョコケーキが並ぶ中で(デザートの方がメインの食事より量が多かった。笑)、さっぱり爽やかなマンゴのムースケーキはスイス人にも大好評で、
e0012482_0255335.jpg

また、「いい息子さんをお持ちね~」と父ちゃんの株が上がったんでした(爆)

e0012482_0261642.jpg

↑はデザートブッフェの「一部」 普段甘いものをあまり食べないワタクシには嫌がらせにしか見えないテーブルでした(笑)
[PR]



by meiz-bik | 2011-11-14 00:28 | 鬼嫁話

ゆるゆると・・・日々あれこれ。
by meiz-bik
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧