kosodate.ch

<   2012年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧




いざかや

e0012482_2229239.jpg


今年は暖冬ねぇ~なんてすっかりなまってしまっていた体をあざ笑うかのように、今週に入って氷点下気温(最高、最低気温共に!)の予報がでています、スイス、ここチューリッヒ近郊。

いつもの1月じゃ普通のことなのに、ぬる~い冬を体験してしまっているといきなりの氷点下気温、心の準備も体の準備もついていきません(笑)

それでも、雪の中のクロさんのお散歩は大好き。
特に、まだ朝早い時間、誰も歩いてないところをわざわざ選んでギシギシ雪を踏みしめながら行く、あの感覚と音が大好きです・・・・ってマニアック?(笑)

クロさんの散歩仲間に新しい子が加わりました。
だいたい、いつも同じような時間に同じような人たちが散歩させていたりするので、自然と顔見知りになったりするのですが、昨日は午後の散歩のときに新入りの子発見。

普段は「こんにちは~」なんて声をかけるだけでさっさとその場を通り過ぎる母ちゃんですが、あまりの萌え姿に思わず、

「この子、柴犬ですよね?」

と声かけちゃいました。

そう、柴犬の子犬。めっちゃ可愛いのぉ~♪

ついつい、誰も聞いてないのに(笑)、

「いえね、ワタクシ日本出身なものですから・・・」なんて説明しちゃって、

「で、お名前は?」

なんて聞いちゃって軽く後悔。

よくぞ聞いてくれた!と言わんばかりの態度で、飼い主のおばちゃん、

「この子の名前はね~、『いざか~や』よ」

と、胸張って言うくらいの勢いで(笑)

聞き間違いかと思いました。

せっかくなので、日本語で名前つけたい気持ちは分らないでもないけど、

呼びにくくないですかね? その名前?
それ以前に、そのセンスがど~のとかはおいといてね。笑

とかいいつつ、

我が家のクロさんがうちにやってきた当初、

「山田さん」

と名づけようとしていたのはワタクシです。(爆)
[PR]



by meiz-bik | 2012-01-31 22:41 | 犬・クロ

シナモンロール

e0012482_19263978.jpg

シナモンロール焼きあがりました~♪


焼きあがった段階で、アイシングをかけるかどうか、めっちゃ悩んだんですがど~せすでにカロリーボンバー(笑)
いいやっ!ってことで、たっぷりアイシング♪

多分、ZUMBA1時間分くらいのカロリー・・・(笑)

1月もそろそろ終りですねぇ・・・・。
毎年言ってる感じですが、やっぱり1月には「行かれ」。2月には「逃げられる」感が・・・(苦笑)

それでもぼぉ~っとした時間を作らないように、なるだけ動いてるつもりなんですけどね・・・・イマイチ達成感に欠ける。

今年は「これやったった~」と最後にドヤ顔(・・である必要はないんだけど。笑)で誇れるような何かを成し遂げてみたいですね。
[PR]



by meiz-bik | 2012-01-30 19:35 | パン作り

情報通

e0012482_4583412.jpg

ベーコンエピ、焼きあがりました~♪


このところ、パンを焼くといえば食パンばっかりで、食事系のパンって作ってないなぁ~と思い、家にあったベーコン使ってベーコンエピ。黒コショウをがっつりきかせて、いい仕事してます♪

週に2回、お仕事で外に出ていると家でパンをゆっくり焼けるのはせいぜい週1回ってとこかな・・・と、最近、イーストと小麦粉の減りが微妙に遅くなってるんで、やっぱり焼いてないんだろうなぁ・・と。
今年はもうちょっとパンも上手になりたいな・・なんて考えているんで、せっせと修行することにします。

さて、2月からギター教室に通うことになっている花さん。
近所に住む男の子が花さんが習う予定になっている先生のところにすでに通っているそうで、通学途中そんな話をしていたそう。

「どんな先生~?」

と、花さんがその男の子に質問して、自分なりに情報収集してるみたいですね。

で、学校から帰ってくるなり母ちゃんに報告。

「あのね、ギターの先生ってね、

33歳独身彼女なし! らしいよ」

・・・・・・って、オイッ!

8歳児達、

どんな会話してんねんっ!(笑)

ホントに、最近の8歳児ってばあなどれませんね~。

ついでに、男前かどうかも教えてくれたらよかったのに。・・・ってオイッ(笑)

アラフォー女子もあなどれません(爆)
[PR]



by meiz-bik | 2012-01-29 05:08 | パン作り

通知表とシュークリーム

昨日、花さんが「生まれて初めて」の通知表を手に帰ってきました。

学校が提供する課外活動で「ジャグリング」を始めたい、それにはまずは学校の成績見てからね・・なんて言ってたところだったんで、花さん本人的にもどっきどき。
成績次第ではジャグリングのコースにも参加できないとなってたからね。

様子を聞いてみると、まずは通知表を各生徒に渡す前に先生が白紙の通知表用紙のコピーを生徒達に渡して、本人達がどれくらいだと思うか?って書かせたらしいです。
自分で自分を評価。すごいな(笑)

その時の用紙も持ち帰ってきたんですが、花さんわりと謙虚(笑)

父ちゃんの時代とは書式もずいぶんと変わったそうですが、1~6までの数字で評価されます(6が最高点)ワタクシからは「できるはずなのに、やらないのが一番悪い」とだけお話して通知表の話は終了しました。多分、先生も同じ気持ちできちんと評価してくださってたみたいなので。
まぁ、花さん的にも初めての通知表、ドキドキしたみたいですがそれなりに♪

ご褒美・・・というわけでもないんですが、シュークリームを久しぶりに焼きました。
お友達がツイートしてるのを読んで、私も急に食べたくなったシュークリーム発作。

e0012482_1711171.jpg


思いがけず立派に膨らんでくれて、さっくさくのハードシューはかなり好み♪おいしくできました~。
[PR]



by meiz-bik | 2012-01-27 17:03 | 育児

通知表

2月の「スポーツ休暇」まで残り3週間。
スイスで小学校に通う花さんですが、1年生の間はいわゆる「通知表」というものはありませんでした。
去年の8月終りに2年生に進級して約半年、今日は生まれて初めての「通知表」をもらって帰ってくる日です。

小学校にあがった時は自分でも少し大きくなった気がしたのか、嬉しくて、楽しくて、毎日学校から戻ってくると即座に宿題を片付けるような日々でしたが、2年生になるとそんな生活にも「慣れ」が出てきたのか、宿題を一番に終わらせることは変わってないのですが、合間に他のことをしてみたり、なんとも集中力が続かない様子。

そうかと思えば、ぱぱぁ~っとものの5分ほどで適当に(苦笑)片付けてしまうこともあり。

授業参観でも見ることが出来た花さんの学校での様子は、どっちかって言うと「できないわけではない」のに、「やろうとするモティベーション維持が大変」といった感じでした。
集中して作業に取り組んでいるかと思うと、突然ぼぉ~っとしてどっかに行っちゃってる感じ(笑)

宿題をチェックしてみると、それゆえにものすごいムラ。

計算問題ひとつとっても「なんでコレができるのに、こっちの問題間違えるかな~?」みたいな。

こういうところ、ワタクシに似てるのかもしれません(笑)

わりとなんでもソツなくこなし、それなりにできてしまってるからそれ以上のことを目指すこともしないし、そこで頑張ろうとかあんまり思わない。

まさにワタシやんっ!(笑)

ワタクシの場合、同じような理由で中学三年生の時の担任にものすごく励まされて、怒られて、目覚めましたが、あぁ、人と育てるってホント難しいものですね。
そう思うと、クラスでビリっけつとか取ってた私に「お前はやればできるんだから、やれ!もっとちゃんとやれ」と言ってくれたあの時の担任、すごいな。

さて、初めての花さんの通知表、どんな風に評価されてくるんでしょうか?楽しみでもあり、怖いような気もする本日です。

習い事させすぎかな~?とも思うんですけどね。
バレエに水泳、で、さらに今学期からギターを始めるそうですよ。何かしら音楽を・・とは考えてはいたけれど、どれもこれも花さんが自分で「やりたい」と言ってきたもの。
e0012482_175225.jpg

その証拠に水泳は始めた当初、水が顔にかかるのでさえ嫌がっていた花さんが、今ではクロール、平泳ぎで25メートル余裕。フォームがなんでもよければ50メートルも泳ぎきるようになりました。
泳げるようになってからも、途中で疲れるんでしょうね、プールサイドをこっそり持って休憩したりしてましたが、今ではそれもなくなり「やればできる」の自信の根拠にはなりそうなんですけど・・・その辺からめて今日は通知表を前に少し話しをしてみます。

ホント、難しいね。「人をいっちょ前に育てる」ってね。
[PR]



by meiz-bik | 2012-01-26 17:05 | 育児

まさかの・・・オチってことで。

なんだかうっとおしいお天気が続いております、スイス、ここチューリッヒ近郊。

それでもドバイから戻ってきたあたりはこ~んなすがすがしい青空が続く日もあったりして、太陽の力って偉大だなぁ~と思いました。
e0012482_1722041.jpg

太陽が出てるとなんだか気分もアップしますよね。

ところで、キレイにドバイ旅行記をまとめ終わったところでしたが、実はオチもありまして。

ドバイに到着した時に母ちゃんの荷物が届かなかったことはチラっと書きましたが、これはチューリッヒ出発が1時間半ほど遅れて、乗り換えのイスタンブールで乗り継ぎまでが20分しかなかったのが大きな理由。
ワタクシだけでも乗れただけラッキーだったとしようじゃないか、と諦めました。

で、帰りは乗り換えのイスタンブールで4時間ほどのトランジット。
空港内のお土産ものやさんを覗いたり、お茶飲んだり、ランチ食べたりして時間をつぶしてやっとこチューリッヒ行きに乗り込み3時間くらい。
旅行も楽しいものですが、やっぱり長く外食が続いたり自分のベッドで寝てないと家が恋しい。
「あぁ、やっと帰ってきた」と入国審査を受けて、荷物受け取りのベルト前で待つこと20分ほど・・・・

でてこ~へんやんっ!

あんまり荷物が最後の最後になるってことはないので、すでに同じ便の人が続々と荷物を受け取って出口に向かってるあたりで漂ういや~な予感(笑)

とうとう、係員の人まで出てきて「荷物出てきてない人はカウンター行ってね~」なんて(笑)

ええ、

まさかの、

ありえない、

往復ロスバゲ!

どんだけツイてないねん・・・と思いつつ、すごすごとカウンターで手続き。
隣でものすごい勢いで怒り狂ってたおじさんがいましたが、

あのね、

あんた片道だけやろ?(爆)

だいたい、カウンターのお姉ちゃんに怒ったところで、しょうがない。
お姉ちゃんはワタクシがまさかの往復ロスバゲってことで、心底同情してくれた様子でした(笑)
手続き終わると、

「それでも(ロスバゲの憂き目にあっても。しかも往復!笑)、よい日曜日の夜をね!」

なんて言ってくれました。

結局、荷物は翌日の朝に到着。無事に花さんにもお土産を渡すことができ、事態収拾。

今回、ドバイまでの直行便より日本円にして3万円くらい安かった乗り継ぎ便を選び、初めて乗った航空会社でしたが、

二度と乗らんぞっ!TK!(イチオ、エアラインコードでの表示。笑)
わりと、いい評判ばっか耳にしてたんですけどね~
[PR]



by meiz-bik | 2012-01-25 17:01 | 旅行

ドバイでSATC 食べたモノのキロク

長らくお付き合いいただきました、ドバイ旅行記も多分(笑)これが最終回。

最終回はやっぱり旅の醍醐味、食ですわね。

中東あたりのお料理ってそう詳しくないんですが、ドバイは色んな国のお料理が普通にいただけます。
クリスピークリームドーナツもあれば、シナボンもある。スタバも普通にあるし、KFCもマックもピザハットも。メルボルンからやってきた友達はモールの中にBrunettiのカフェがあったのにも驚いてました。

ホテルの朝食バイキングではハム(ただし、豚肉が無理なのでチキンハムにターキーベーコン)、チーズ、果物、ヨーグルトに種類豊富なパン、その場でタマゴ料理も作ってくれるような中、ちょっとオリエンタルな朝食も。
e0012482_21493154.jpg

フムス(ひよこ豆のペースト)やババガヌーシュ(なすびのペースト)あと、ドルマ(アラビア語でなんていうんだろう?香辛料をきかせたお米やお肉を葡萄の葉っぱで包んだもの)など。

「アラブ料理」と言ってレストランに入ると、ギリシャやトルコあたりでもいただけるようなお料理をよく見かけました。やっぱり大差ないのかな?

1回は「レバノン料理レストラン」へ行きました。
タブーリや、
e0012482_22151759.jpg

フムス、
e0012482_22153254.jpg

ケバブ(と呼ばれてた)
e0012482_22154694.jpg

前菜(温かいもの、冷たいものがあります)を選んでメインを選ぶのが一般的なようでした。

ガールズホリデー最後の夜はまたしばらく会えなくなるから・・・という理由で、ちょっと豪華に。

Jumeirahリゾート内にあるPierchicというレストランへ

リゾートの玄関を入ったところから、こんなバラの花びらが浮かべてある池があり、内装もアラビアンナイトちっくでいやでも気分は盛り上がります。
e0012482_2275479.jpg

e0012482_228843.jpg

カートでぐるぐるとリゾート内を走りあんないされたレストランからは向かいにBurj al Arabホテルが見えます。
e0012482_2216282.jpg

桟橋を渡った海の上に建てられたようなレストランなので、か~な~り、ロマンチック(笑)
女友達とロマンチックでど~すんだ・・って話ですが(笑)

前菜をそれぞれチョイスし、メインはシーフードの盛り合わせ(2人前)をシェアすることに。
e0012482_2282512.jpg

お通し
e0012482_2283395.jpg

母ちゃんの前菜、ロブスターのビスク
e0012482_229564.jpg

ホタテのソテー、カボチャのピュレ添え
e0012482_2210272.jpg

レモンソルベ
e0012482_22113758.jpg

そして、メインのシーフード盛り合わせ。魚2種類にカニ、エビ、ロブスター、牡蠣など。

当然のことながら、デザートの余地なしでお腹いっぱいになりました。
このレストランは景色もさることながら、お料理の質もよくて盛り付け、サービスも大満足でした♪
ガールズホリデーの締めくくりに相応しいレストランでした~。

ただね、この日まさかのドバイ10度。しかも海風。

寒かったのよぉ~(笑)

長らくお付き合いいただきました、ドバイ旅行記。
まさかの新年早々ガールズホリデー。
家族を放置してのワタクシの慰安旅行でしたが、世界一高い「Burj al Khalifa」ビルも見たし、
e0012482_22273740.jpg

ドバイモール前の池では噴水のショーが行われていて、これも見たし、
e0012482_22275315.jpg

e0012482_2228695.jpg

なによりもお友達といっぱい喋って、笑った5日間。
お別れを空港で言うときは年々、難しくなってきています。
色んな事情で毎年会えるわけでもないしね。

また会おう、またね~!とできるだけ湿っぽくならないようにお別れ。
ガールズホリデーなんて初の試みでしたが、またやってもいいかな。なんて(笑)
それまでにまた一生懸命頑張ろう。

花さんもお土産もらったらハッピーだったし、父ちゃんにいたっては、

そりゃ、ヨメがホリデー行って帰ってきたらiPad買ってもらえてるねんから、

「また行ってきたら?」

なんて言ってくれるに決まってるよねっ!(爆)

というわけで、次回目的地はどこにしようかなぁ~(笑)
今年も一生懸命遊びます!
[PR]



by meiz-bik | 2012-01-23 22:28 | 旅行

ドバイでSATC エンタメ施設制覇

旅行記、ひっぱりますね(笑)

20年来の友人とのガールズホリデーはかなり直前に決まったわりには、日々のアクティビティも問題なく決めていくことができ、みんなに「5日間でよくもこれだけ!」と驚かれるほど充実した日々でした。

テーマパーク好きの友人は「ココには行きたい!」と前から決めていたようで、とある日はウォーターパーク、アトランティスへ。

ビーチ近くにできた巨大リゾート施設で、ショッピング、ダイニングも含めたステイができるこの施設、その中にある「アクアベンチャー」と呼ばれるウォーターパーク。

冬場だからか、紫外線の量もスイスのそれに比べると幾分か優しい感じがした1月のドバイ。友人はすっかり日焼け止めのことなんて忘れてましたが、それでも一応後のお肌のことを思うと日焼け止めで紫外線ブロック。なんせ、アラフォーですからね、後が大変(笑)

イスラム文化の中でウォーターパークってどうなんだろう?と思ってましたが、やはり中には最初から水着なんて着用せずにひたすらプールサイドで待つ女性や、ブルキニと呼ばれる全身を隠すタイプの水着着用で一緒に遊ぶ女性、お祈りの時間にはパークの隅でお祈りを始める家族連れ、色々といました。

このアクアベンチャーの目玉のひとつは高さ27メートルから80度の角度で水に滑り落ちるスライダー。
ワタクシはヘタれですから、最初っからパスを決め込んでおりましたが、友人はどうしようかな、どうしようかな~と悩み、最後の最後で果敢にもチャレンジ。

下で待っている間、滑り落ちてくる人も見ているとヘタれのワタクシには絶対無理~な感じ。でも、わりと小さな子供も平気で滑り落ちてくるので、連れも大丈夫かな~?なんてiphoneでビデオ構えて待っていました。



たった2秒くらいね(笑)

滑り終えた友人を迎えに到着点まで行くと、足を震わせてた友人がいました(笑)
彼女がほとんど唯一しっている日本語で、

「すごいなっ~」

って(爆)

ほぼ、直下の状態で滑り落ちるため、自分の行き先も見えないし2秒以上かかっちゃうと本能的に手や足でなんとかすべり落ちるのを止めようとしちゃったりするんじゃないか・・とか言ってました。
うん、確かに。やっぱり私には絶対無理。
彼女はなんか悟っちゃった感じでしたね、これで(笑)

ウォーターパークのあとはショッピングモール内にあるスキー場(笑)

後でお友達に聞いた話ですが、日本の屋内スキー場施設を見たドバイの人が「いいな、コレ」ってノリで(笑)作っちゃったんですってね、ここの屋内スキー施設。

ドバイでマイナス3度を体験するとは思ってもみませんでした。
ここでもテーマパーク好きの友人がノリノリで(とかいいつつ、ワタクシも結構楽しみましたが。笑)、ボブスレーみたいなものや、チューブに乗って滑り落ちたり、でっかいボールみたいな中に乗り込み転がり落ちていくものとか、リフトにも乗りましたよ♪


e0012482_18124151.jpg

父ちゃんのヒザの関係でスキーは封印の我が家ですが、こんなところで図らずもスキー場体験。なかなか楽しかったです。

なんだかストレス溜まってるなぁ~と感じると日本だと絶叫マシンに乗って無駄に(笑)叫んだり、カラオケ歌いに行ったりと、叫ぶことでわりと発散できるんですが、スイスだと静かに、どなたの迷惑にもならないように(笑)大人しく生活する日々。
今回、こうやって友達と叫ぶことによってなんだか憑き物が落ちたような、そんな感じになれました。
付き合ってくれた友達にも感謝です♪
[PR]



by meiz-bik | 2012-01-22 18:15 | 旅行

ドバイでSATC  砂漠でガールズトーク

午前中にジュメイラモスクを訪れた後、この日の午後は予約をしておいた砂漠ツアーでした。

いいんです、どんだけ観光客?と言われても。

中東に来たからには砂漠ツアーしたいっ!(笑)
この旅行が決まったのはずいぶん急だったので、下調べ時間もあまりなく、ドバイのことをあまり分ってないままの出発でしたが、砂漠ツアーだけは私が唯一「絶対参加!」と意気込んでいたものでした。

ホテルでピックアップしてもらったあと、高速を走ること小1時間。

ドライバーのお兄さんはあまり英語が得意じゃなかったので、車中はほとんど無言でしたが、砂漠のポイントに到着すると車を乗り換え、交代したドライバーがこれまたかなりのクレージー(笑)

砂漠の中を4WDで爆走するんですが、もう、がったんごっとんと・・・・面白かったです(爆)
e0012482_1759282.jpg


ちなみに、車中からはこんな感じ。


ドライバーは乗客には「シートベルト着用!」と強制するわりには、自分はノーシートベルトで(笑)
かな~り楽しかったです。
e0012482_1833111.jpg

20分ほど、砂漠の中を爆走した後、キャンプ地へ。
砂漠ツアーに参加するほとんどの車がここへ集合し、しばらく砂漠でのアクティビティーを楽しみます。
e0012482_18133793.jpg

e0012482_184267.jpg

らくだに乗ってみたり。
e0012482_1842563.jpg

ヘナタトゥーをしてもらったり。
e0012482_1845415.jpg

沈んでいく夕日を眺めたり。

夕飯までの時間少し間があったので、砂漠でガールズトーク。
連れの友人とはすでに20年の付き合いになるのですが、もともと彼女が日本の実家に姉妹都市からの留学生としてホームスティしたのがきっかけ。
2週間ほどの滞在のあと、手紙のやりとり(その頃はメールなんてなかったしね。笑)、今度は私がオーストラリアに彼女を訪ねていったり、なんだかんだと付き合いが続き、一時期は彼女は本気で自分のお兄ちゃんをワタクシの結婚相手にって勧めてました(笑)
このお兄ちゃんってのがね~、ワタクシの好みどんぴしゃなんですわ、また(笑)
まぁ、そう人生思うようにもいかず、お兄ちゃんはいまだに独身ですし、ワタクシもオーストラリアに住みたい!という願望も叶うことなく、こうやって20年のお付き合い。
彼女の結婚式では私はブライドメイドを勤め、私の結婚式では彼女は証人となってくれました。
私が結婚するまでは、それでもほぼ毎年のようになんとか時間を作って会っていたのですが、スイスとオーストラリアに離れてしまった今、なかなかそう簡単に会えることもなくなって、でも会えば何でも話せて、いつでも一緒に楽しい時間を過ごすことができる。
そんな友人って大切だな~と思います。今回も彼女と会って、たくさん喋った後は本当になんだか充電したように元気になりました。

さて、6時過ぎ頃からバーベキューの夕飯が出されて、それをいただいた後はベリーダンスのショーがありました。
e0012482_186758.jpg

ベリーダンサーが出てきた瞬間、「そのお腹はあかんやろっ!」と突っ込んだワタクシですが(笑)、後で聞いた話によると、ベリーダンスはあのお腹のフルフルが出ないといけないので、細い人じゃだめらしいですね。みんなだいたいこんな体型って。
へ~お腹のフルフルが出ないといけないなら・・・・・ワタクシにもできる?(爆)

隣のテーブルにはインド人旅行客の団体が座っていたのですが、もうワタクシはベリーダンスよりかそのインド人団体客の反応にマジうけ(笑)
e0012482_1884823.jpg

ボリウッド映画ちゃうねんからっ!(笑)


インドの映画館は楽しいって噂には聞いてましたが、もうこの方達のノリノリなこと。
ベリーダンサーと一緒に踊ることは禁止されているのですが、お尻が半分浮いた状態で、かなり踊りたそうでしたね(笑)

ベリーダンスのショーが終了した後は、それぞれ車に戻りホテルまで送り届けてくれるというこのツアー。行きのドライバーが55分くらいかかったのに対して、帰りは40分でホテル着って・・・・・高速道路上170キロで走っていたのは内緒(笑)
旅行保険かかってましたよね、ワタクシ?(笑)
[PR]



by meiz-bik | 2012-01-19 18:26 | 旅行

ドバイでSATC Day3 イスラム文化を知る

ドバイ3日目。

毎週火・木・土・日曜日の4日間だけ一般に公開を許されているJumeirah Mosque(ジュメイラモスク)を午前中に訪れてみました。
e0012482_201586.jpg

午前10時までにモスク前に集合すると入場料を支払い、案内の係りつきのみ入場することができます。
女性はスカーフで髪の毛を隠し、くるぶし、手首までが隠れている服装だとそのまま入場できます。(持っていなくても貸し出しもあり)。男性の場合もショートパンツなどはNG。

モスク入場前には顔、手、足を清めます。手洗い場が併設されていたモスクですが、例えば一日5回の礼拝の時間のときに近くにお水がなかった場合、日光で清められている砂をお水の代わりに使って清めることもあるそうです。
e0012482_2001152.jpg

偶像崇拝を禁じているイスラム教なので、内部はほとんどがらんどう。
ただっぴろい空間に絨毯が敷いてあって、金曜日の礼拝時にはここがいっぱいになるというからすごいなぁ・・と。
e0012482_2025449.jpg

お祈りの仕方も見せてくださいました。
e0012482_200313.jpg

メッカの方角を見てひざまづいてお祈り。これを1日5回(日の出と日没の時間によって少しずつ変わってくるそう)モスクの中には「今日の礼拝時間」という表示板もかかっていました。
e0012482_2004643.jpg

ちなみに、ショッピングモールにいても、空港にいても礼拝の時間になるとコーランが流れ始めましたね。最初はびっくりしたけど、モール内のモスクにも人がいっぱいいて、なるほどなぁ・・・と。

ホテルの部屋の天井にも小さな矢印が。きっと、メッカの方角を示しているものと思われます。
e0012482_2021686.jpg

初めての中東旅行でドバイに上陸したときから、女性の服装「アバヤ」と呼ばれる黒いガウンのようなものに「ヒジャブ」と呼ばれる頭を隠すもの、これに注目していました。
ドバイでは、このアバヤでも色んなデザインがあるんだな~とか、頭を隠すスカーフにしてもヒジャブで頭髪のみ隠している女性や、さらにブルカと呼ばれる目以外の顔全体を隠すものを巻いている女性様々で、イスラム教に詳しくない私からすれば、「一体、何の違いが?」と疑問でした。

さらに、男性にしても頭につける布「グトラ」「シマッグ」「クーフィア」などと呼ばれるそうですが、これも赤白のチェック柄か白一色のものをつけている人がいたり、さらには帽子のような形をしたものを被っている人もいたりして、これも「何によって違うんだろう?」と誰かに聞きたくてしょうがなかったのです(笑)

モスク内を案内してくれた係りの女性はイギリス人の女性2人で、2人とも「アバヤ」と呼ばれる黒いガウンに頭髪のみを隠す「ヒジャブ」で登場しました。

話を聞いているうちに、ドバイでは女性の顔を隠すか否かはほとんど本人の自由ということでした(もちろん、多分旦那さんの意向も多いに関係してくると思うけど)

案内をしてくれたイギリス人女性も外に出る際にはアバヤ・ヒジャブを着用するけれども自宅の中ではTシャツにジーンズという格好よぉ~なんて言ってました。

確かに、外出する際にのみガウンを羽織ればいいのなら特に服装に関してこだわることもなく、ささっとコンビニとかに買い物行けちゃって楽じゃん・・・・なんて思っちゃったワタクシは女失格?(笑)

そのようにして注目してみると、町を歩くアバヤ着用女性、実にさまざまなデザインがあってきっとアバヤ市場も流行にあわせて毎年デザインとか少しずつ変わっていってるんだろうなぁ~と思いました。

・・・と思いながら滞在しているとホテルのそばのお店に「アバヤ・デザイナーズショップ」を発見!

何気なくショーウインドウを眺めていたら、お店のお兄さんが「どうぞ、どうぞ」なんて手招きしてくれるのでお言葉に甘えて見学させてもらいました。
e0012482_19593022.jpg

ゼブラ柄を一部に使ったアバヤや、ビジューがたくさん使われているもの、袖の部分にレースをあしらったもの、実に様々なデザインのアバヤがあって、このお店で売られているものの平均は大体、1万5千円くらいから2万円くらいのものだそう。
女性だけで買いに来ることの方が多いそうですよ。
e0012482_19594378.jpg

私達の質問攻めに気をよくしたお兄さんはついに、連れの友人に試着を勧めてアバヤ初体験(笑)
e0012482_19591562.jpg

試着した友人によると、アバヤの中はルーズなので確かに夏場50度近くになる気温の中で日陰のようになり直射日光が当たらない分、涼しいのかも・・・と言ってました。
宗教上の理由でもありますが、実は土地柄っていうのもあるのかもしれませんね。

町を歩く女性も特に不便を感じているような感じでもなく、アバヤ、ヒジャブの組み合わせ以外はピンヒールを履いていたり、ブランド物のバックを持っていたりして、セクシー下着を買い込む女性達も多く見ました(笑)

外出するたびに顔隠して、ガウン着て・・・って不便だろうなぁ・・・って思っていたのは実は私達だけだったのかも、あちらはあちらで、「出かけるたびに洋服選びも大変よね~メイクもばっちりしなくちゃいけないし」なんて思ってたのかもと考えると、なんだか少し笑えました。

というわけで、ドバイでSATC3日目の午前中は少し文化的な体験でした。
[PR]



by meiz-bik | 2012-01-18 20:03 | 旅行

ゆるゆると・・・日々あれこれ。
by meiz-bik
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧