kosodate.ch

<   2012年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧




オレ、はらへった。



母ちゃんが行ってるZUMBAのスタジオで3月後半からの新曲。
初めて聞いたときから、56秒あたりのところで、

「オレ、ハラへった」

って聞こえてしょうがない(笑)

すんません、仕事が立て込んでますんで更新さぼってます(笑)
[PR]



by meiz-bik | 2012-03-30 17:03 | エンタメ

おつかれさん。

e0012482_2032624.jpg

お疲れ、自分(笑)

先日の父ちゃんの送別会。
40人前を用意していたわりには、結局のところ30人ほどしか出席がなかったそうで、それでもほとんどお料理がきれいさっぱりなくなって、楽しい夜を過ごしたようです。

ええ、

肉類や寿司はキレイになくなりましたが、野菜スティックはほぼ1皿分残りました(笑)
分りやすい肉食スイス人やのぉ~。もっと野菜を食べんかいっ!(爆)

懸念の餞別のプレゼントも、まぁチーム全員の署名が入った飛行機の写真のカードはともかく(笑)、イタリアン食材の詰め合わせとワイン、チョコレートなどなど、多少なりともセンスを感じられる(笑)プレゼントでほっとしました。

で、↑のお花は「奥さんに」と会社の人が用意してくれたもの。

おっと、まさかの心遣い。

そうやんね、そう、そう。

旦那の働きがいいのは、ヨメのサポートがいいからよっ!(爆)

なんてね。
まさか私までお花をいただけるとは思ってなかったのでとっても嬉しかったです。

さて、これでいよいよホントに終り。

あと数日で父ちゃんの休暇も終り、新しい会社に行くことになります。
別れあれば、出会いあり。

新しい会社でも楽しくお仕事できますように。
ええ、ヨメのサポートは引き続き(笑)
[PR]



by meiz-bik | 2012-03-28 20:14 | スイスのこと

スイス流、送別会。

そうめったにある事でもないだろう・・・とも思えば軽く流せるかもしれない、父ちゃんの2週間の休暇。

とりあえず、無事に1週目は終り、早くも2週目に突入。

喧嘩もせずに、なんとかやってるのは

ワタクシがある種の配慮を持って(笑)外出してるから(爆)

先週はちょこちょことお仕事絡みの外出が続き、忙しかったのですが今週もさらに輪をかけて忙しくなりそうな感じです。

週初めのヨメ的お仕事。
e0012482_2333071.jpg

じゃんっ!

父ちゃんが15年勤めた会社を先日去りましたが、ここスイスでは送別会は「送ってもらう人」が自腹でみなさんをおもてなし。(誕生日なんかも「祝ってもらう人」が自腹。笑)

趣味も交友関係も狭い父ちゃんでも、そりゃ15年も勤めていたらばそれなりにお世話になった人もいるようで、ここはどっか~んと「オトコ」をあげたいところ。

というわけで、頑張りましたっ!(ワタクシがっ!笑)

日本人ヨメという理由だけで、宴会メニューに寿司を期待されるのもどうなんでしょう?
コストかかるっつ~の(笑)

まぁ、とにかく朝から夕方までキッチンに久しぶりに立ちっぱで作りましたよ。
40人前の宴会メニュー。

寿司も100貫ちょいくらい握りました、巻きもコソコソと数種類を40本くらい。
e0012482_233419.jpg

焼き鳥と肉団子に野菜スティックはヨーグルトソースとフムスで。
e0012482_2335410.jpg

クロスティーニのバゲットはもちろん自家製。

きっちり時間通り午後4時半までには完成。終わった後はかなりの達成感(笑)

暖かくなってきたので、生ものは怖くて時間ギリギリまで冷蔵庫で待機。

いいんです、この際スイス人相手なんでシャリが固くなろうが(笑)

40人分っていうと、やっぱりテーブルの上に並ぶと壮観だねぇ~自分で自分を褒めてあげたくなっちゃった(笑)

こんだけやって、餞別のプレゼントがしょ~もないいっこも役に立たない絶対使うことない飛行機のポスターとかやったら泣く(笑)
せめて、いいワインとかにしようよ。スイス人のそ~ゆ~センス信じてないんだよねぇ・・・ワタクシ(笑)

ま、いっか。楽しんでくれたら。
サマータイムに突入して日も長くなったことだし、今宵は父ちゃんも楽しんでくることでしょう。
ワタクシはあまりの疲労で今宵はZUMBAに行く気力もありませんでした。
後片付けに行ってきます。
[PR]



by meiz-bik | 2012-03-27 02:34 | 料理嫌いな女のクッキング

春ですね。

e0012482_18144659.jpg


春らしい陽気に恵まれているスイス、ここチューリッヒ近郊。
日中の気温が20度近くまであがることも珍しくなくなって、すでに街中のレストランなんかはテラス席も出たし、人々の装いは・・・

春を通り越して夏(笑)

まぁ、きっちり「春服」「夏服」と分けてしまっていては、夏場でも雨が降ったりすると途端に寒くなって10度とかの気温もありのこの国ですからね、いいんです、着られる服は着られるときに着ときましょう。
花さんがキャミソールとか着てても、あまり文句言うのやめることにしました(笑)

で、そんな春の陽気の中、ワタクシは・・・・

かろうじて生きてます(笑)

父ちゃんの休暇が始まってやっと1週間が経ち、そろそろ息切れしてるところですが、

まだあと1週間あるんですよ(爆)

特に趣味があるわけでもないんで、何か特別に用事がない限りず~っと家の中。

動いてないのにも関わらず、時間になればお腹は空くらしく、

「昼ごはんなに?」「晩御飯なに?」

と毎日聞かれてるワタクシの身にもなってください(笑)
聞いてこんでも、ちゃんと作って出してるやろ!(笑)

というわけで、まぁ1週目。
とりあえず、喧嘩はなしで過ごしました。心を無にするんだ(笑)何を言われても腹を立てないんだ(笑)
2週目も無事に乗り切れますように。我慢、我慢。
[PR]



by meiz-bik | 2012-03-24 18:15 | ひとりごと

朝食会

e0012482_14232269.jpg

焼きたてバゲットを持って近所のお友達の家へ。

次の仕事までの間、父ちゃんは2週間お休みですが、ワタクシは相変わらずの外出続き(笑)
e0012482_14232396.jpg


朝からデトックスモーニングで元気チャージ。今週も乗り切れそうです。
[PR]



by meiz-bik | 2012-03-23 14:20 | おいしいもの

美味しいものを食べる会

父ちゃんが15年勤めた会社を辞めた翌日、別にだからというわけでもなかったのですが、この日は恒例のお友達家族との「美味しいものを食べる会」が開催されました。

2012年の1回目は、お友達のご主人がシェフの回。

丸投げなので、気が楽です(笑)

このブログにもカテゴリー作っちゃったんで、気が向いたら過去の会の様子もこっちのカテゴリーに移動していきたいと思ってます。

さて、毎回読んでくださってる皆様にはおなじみですが、あくまでもお料理は趣味。という銀行マンのお友達のご主人。

未だに、なんで彼と私の料理の腕なんて競うようになったのか?そんな謎は毎回、カレのご飯をいただく度に頭をよぎるんですが、すでにワタクシはもう同じ土俵にも上れませんから(笑)

テーブルセットは「イースター」がテーマ。うさぎさん、可愛い♪
e0012482_16245869.jpg

本日のメニュー(ここからして、ガチっぷりが伝わる。笑)今回は「チューリッヒ州」がテーマ。
e0012482_16252347.jpg

スターターは白ワインと一緒に「ねずみケーキ」。ホットケーキの生地のようなものをハーブをきかせて油で揚げたもの。よく冷えた白ワインによく合う1品でした。
e0012482_16253013.jpg

サラダとスープ。
スープは麦や豆、野菜がいっぱい入ってて美味♪ サラダソースはシェフの特製。ホントに美味しくて、このソースでだったら、サラダをボール一杯食べられる(笑)
e0012482_16254657.jpg

ワインもチューリッヒ州産のもの。年間2000本弱しか生産されない貴重なもの!(2本も空けたのワタクシです。笑)
e0012482_16255357.jpg

ハムのパン生地包み。
我が家でもたまに作る1品ですが、やっぱりハムにこだわると美味しいんだね~。パン生地ももちろん、シェフの自家製。
e0012482_1626623.jpg

一緒にいただくマスタードソースもシェフの特製。このレシピをいただける日を狙っております(笑)
e0012482_16261222.jpg

そして、さらにチューリッヒと言えば、

チューリッヒャーゲシュニツェルテス(舌噛みそう。笑)
子牛肉のクリームソース煮とでも言えばいいですかね?マッシュルームと子牛肉を炒めてクリームソースであえたもの。たまに我が家でも作りますが、スイス料理をあんまり作ることがない(っていうか、教えてくれる人がいない)我が家のレシピはどっかその辺に適当にあったもの(笑)
こちらのシェフが作るゲシュニツェルテスは味付けもほどよくて、ホント美味しかった。お代わりしたもん(笑)
添えられているのは、これまたスイスのじゃがいも料理、ロシュティ。細く切ったジャガイモをフライパンで焼いたものです。外側がパリっとしてて、これまた絶妙でした♪
e0012482_16263178.jpg

デザートはルバーブのタルト、カスタード添え。
e0012482_16263929.jpg

それから、写真忘れたけど、ムースもありました。
デザートワインもひっかけて、土曜日は朝の4時半から起きていたワタクシ、当然食事が終わる頃にはいい感じにできあがって(笑)、

食事が終わった後は、なぜだか、

カラオケ大会(爆)
e0012482_16265752.jpg

うちの父ちゃんとお友達は歌わず、シェフのご主人とワタクシのカラオケ大会(笑)

料理対決じゃなくて、歌合戦ならまだ・・・・勝てるか?(爆)

次回はワタクシの串カツでお茶を濁します。ええ、素材で勝負(違)
[PR]



by meiz-bik | 2012-03-19 16:27 | 美味しいものを食べる会

お疲れ様

e0012482_22405744.jpg


父ちゃんが15年勤めた会社を去りました。
「お疲れ様」の意を込めてのガトーショコラ。
仕事明けであり合わせのもので作ったわりには上手く焼けたのでは?

本当は26日が最終日になる予定だったけれど、会社側の「企業秘密にアクセス権限あるから」との理由で急遽金曜日がラストに。

その前日、「ムカつくから」という理由で飲みに出かけた父ちゃん。

あの、

えっと、

誠に申し上げにくいのですが、

次の仕事まで1週間だと思ってた休暇が2週間に延びた時点で、

それは、

あなたが「ムカつく」というより、

むしろ、

ワタクシじゃね?(笑)

さて、2週間穏便に過ごすことができるのでしょうか?(笑)

我が家の新しい章、スタートです。
[PR]



by meiz-bik | 2012-03-17 22:27 | 家族

小さな街へ。

日本からのゲストがやってきたので、我が家でお昼ご飯を食べてもらった後、彼女の希望で行ってきました。

Stein am Rhein

チューリッヒから北へ向かったところ、ライン川沿いにある小さな街です。
e0012482_0425879.jpg

トールペイントが趣味だという彼女が街の建物に描かれている壁画に興味を持ってくれて、車中から見えるのどかな(笑)牧草地帯にもいちいち感動の写メ嵐で、喜んでもらえてよかったです。
e0012482_0431431.jpg

長くスイスに暮らしていると、普通に犬の散歩に出かけてものどかな(笑)風景が広がっている環境なので、いちいち感動することもなくなってきて、むしろ「花粉多いな」とか、夏は「日陰ないからヤダ」とか文句ばっかり。

たまにこうやって単純に感動してくれる人と一緒に街歩きしてみると新鮮ですね。
e0012482_0432468.jpg

ライン川の流れはゆるやか、どこに流れていくんだろう?私も川の流れのように、ゆっくりだけれど流れつくところを見定めて生きていきたいな。
[PR]



by meiz-bik | 2012-03-14 00:43 | スイスのこと

キターッ!

e0012482_15272890.jpg

スイスに戻って以来の個人的バゲット祭り。

ゆっくり発酵時間を取って朝1番に焼きあがるように色々と工夫。

それでもクープが暴れたり、だら~んとなっちゃったり、味は美味しいし、パリパリ感なんてぶっちゃけ「もう自分の焼いたのしか食べない!」くらいの勢いで、いい感じなんだけど、イマイチ不満の残る焼き上がり。

がっつりキレイなクープが開いて欲しいなぁ~と練習あるのみ。

試行錯誤の末にやっと上のが焼けたときは感動(笑)

今までクープナイフって持ってなかったのですが、「なんで日本でヴィクトリノックス?」と父ちゃんに突っ込まれながら買って帰ってきたヴィクトリノックスのクープナイフ。

やっぱりカッターの刃だけで切るのとは訳が違うね(笑)
[PR]



by meiz-bik | 2012-03-13 15:19 | パン作り

ありがとう。

昨日の日曜日に行われたRecovery Nippon Projectの第3回目となるチャリティーバザー。
微力ではありますが、ワタクシもお手伝いさせていただきました。
e0012482_16214756.jpg

当日は少し肌寒い曇り空にも関わらず、たくさんの方にご来場いただいて、日本への想い、復興への願い、未来への希望を見せていただいた気分です。

去年の今頃は現実とは思えない津波で流される建物や車の映像にただただ、ショックを受けて何をする気も起きずに延々と流れるテレビの映像を眺めるだけの数日間でしたが、周りの人たちの暖かい気持ちに支えられて少しですが動き出すことが、気持ちを切り替えることができたものでした。

そして、この3回目となるチャリティーバザー。
本当にたくさんの方々の想いが集まって、外は少し肌寒いくらいなのに会場の中は熱いくらい。

私自身も元気になれた1日でした。
ご賛同、ご協力いただいた皆様、足をお運びくださった皆様、ありがとうございました。

当日は、チューリッヒ中央駅に集合して、日本を去年の8月から年末にかけて日本海に沿って完歩されたスイス人のトーマス・コーラーさんが会場までの道のりを徒歩で来場くださいました。
たくさんの方々がトーマスさんと一緒に歩いてご来場くださり、彼らが到着した2時頃は会場に人が溢れてものすごい熱気でした。
e0012482_16215828.jpg

チューリッヒを歩いてこられた方、お疲れ様でした。

また、たくさんのお久しぶりの人達にもお会いできて私自身も楽しい1日でした。

元気をくれて、ありがとう。
日本はまだまだやらなきゃいけないことがたくさんあると思います。少しでも私達の願いや、想い、祈りが届きますように・・・。
[PR]



by meiz-bik | 2012-03-12 16:22 | ひとりごと

ゆるゆると・・・日々あれこれ。
by meiz-bik
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧